休日ごはん
ぐるぐるポークステーキ
2017/10/14
 豚肉の代表的な栄養素であるビタミンB1は疲労回復ビタミンとも言われており、疲労回復効果や美肌効果が期待できます。
 今回は、薄切りの豚肉を使ってぐるぐる巻きにすることで見事なステーキに大変身させるのがポイント。ラップを使って豚肉をロール状にして半冷凍させることで高級感のあるぐるぐるステーキが完成。濃厚なステーキソースと豚肉の甘さが広がるおでかけにもってこいの贅沢な一品です。
材料
  • 2人分
    ・豚肉(薄切り) … 400g
    ・薄力粉 … 適宜
    ・塩・粗挽きコショウ … 少々
    ・盛り付け用 … パセリ・トマト・サニーレタス
    (A)
    ・醤油 … 小さじ1
    ・ハチミツ … 小さじ1
    ・赤ワイン … 大さじ2
    ・おろしニンニク … 1片
作り方
  1. ラップを敷いて厚さが均等になるように豚肉を重ね、塩・粗挽きコショウを軽く振り、茶こしで薄力粉をまぶす(片面でOK)。
  2. ラップを使って端からロール状に巻き、巻き終わりを下にして半冷凍にする。
  3. (A)を合わせておく。
  4. 半冷凍にした豚肉を6等分に切って断面に薄力粉をまぶしたら、熱したフライパンにサラダ油(小さじ1)を入れ豚肉に焼き色をつける。
  5. 返して水(大さじ2)を入れてフタをし、弱めの中火で8分~10分位蒸し焼きにする。
  6. 串を刺して肉汁が透明になったら取り出し、(A)を煮詰めてステーキソースを作る。
  7. お皿に肉とサニーレタス・トマトを盛り、ステーキソースをかけてパセリを散らして出来上がり。
ガトーインビジブル風カボチャとサーモンのキッシュ
2017/10/07
 カボチャに含まれるβ-カロチンは、体内でビタミンAに変わるので風邪予防にとても効果的です。また、カボチャには「ルテイン」が含まれているので視力低下や眼精疲労を良くする効果が期待できます。
 今回は、ミルクレープのような今話題沸騰中のスイーツ「ガトーインビジブル」風にカボチャとサーモンを使っておかずのキッシュに仕上げるのがポイント。何層にも重なった断面がきれいで、お持ち寄りパーティなどにも最適な一品です。
材料
  • パウンド型1台分
    ・カボチャ … 1/4個
    ・ジャガイモ … 2個
    ・スモークサーモン … 70g
    ・盛り付け用 … パセリ・粉チーズ・ピンクペッパー
    (A)
    ・溶き卵 … 2個分
    ・牛乳 … 100cc
    ・塩・粗挽きコショウ … 少々
    ・とけるチーズ … 30g
作り方
  1. カボチャは皮を付けたままイチョウ切りにし、ジャガイモは皮をむいて厚さ約2mmにスライスして水に5分位さらす。
  2. カボチャにも水をふり、それぞれ耐熱ボウルにラップをして600wのレンジで5分位加熱し、塩を軽く振っておく。
  3. 合わせた(A)の卵液を3等分にし、加熱したカボチャ・ジャガイモとサーモンに浸す。
  4. オーブンシートを敷いたパウンド型にカボチャ(1/2量)⇒ジャガイモ(1/2量)⇒サーモン⇒ジャガイモ(1/2量)⇒カボチャ(1/2量)の順にしっかり詰め、残った卵液を流し入れて全体にとけるチーズをかける。
  5. 200度に予熱したオーブンで20分位焼く。
  6. 冷めてから切り分け、粉チーズ・パセリ・ピンクペッパーをかけて出来上がり。