休日ごはん
和風・具だくさんトマトカレー鍋
2015/01/31
 トマトには、生活習慣病の予防や老化抑制にも期待できる栄養素リコピンが豊富。
 さらに、様々なスパイスが使われているカレールゥは、食欲増進・肝機能改善・疲労回復効果が期待できるので、具だくさんな野菜で栄養バランス抜群の鍋になります。
 ニンジンは一手間かけてピーラーで薄切りにすると、スープとの馴染みがよくなります。
 締めには、チーズとごはんを入れてリゾットがおススメ!うどんやそばを入れても美味しく頂けます。
材料
  • 4人分
    ・キャベツ … 1/4個
    ・タマネギ … 1個
    ・ブロッコリー … 1/4個
    ・木綿豆腐 … 1丁
    ・しめじ … 1袋
    ・ニンジン … 1/2本
    ・豚バラ肉(しゃぶしゃぶ用) … 200g
    ・カレールゥ … 2片
     
    [A]
    ・カットトマト缶 … 1缶(400g)
    ・水 … 400cc
    ・めんつゆ(3倍希釈) … 大さじ2~
    ・みりん … 大さじ1
    ・顆粒ダシの素 … 小さじ1
作り方
  1. キャベツはくし切りのざく切り、タマネギはくし切り、ブロッコリーは小房に、豆腐は8等分に切る。
  2. しめじは石づきを取って小房に、ニンジンはピーラーで薄切りにする。
  3. カレールゥは包丁で刻んで溶けやすくしておく。
  4. 鍋にAを入れて煮立て、カレールゥを入れて溶かす。
  5. カレールゥが溶けたら全ての具を入れてフタをし、火が通ったら出来上がり。
モチモチすいとんトロロ鍋
2015/01/24
長芋はアミラーゼやジアスターゼなど多くの消化酵素が含まれていて、滋養強壮効果も高い食材。独特のぬめり「ムチン」は新陳代謝を促進してくれるので、老化予防・肌荒れ・疲労回復・ダイエットなどに効果的です。
すいとんは熱を通した後一度取り出し、野菜が煮えてから再び鍋に入れると、溶けずにモチモチ感が持続できます。
材料
  • 4人分
    ・鶏肉団子(市販品) … 8個
    ・白菜 … 1/6個
    ・小松菜 … 1束
    ・えのき茸・まいたけ … 1パック
    ・豆腐 … 1丁
    ・長芋 … 200g
     
    [すいとん用]
    ・薄力粉 … 100g
    ・片栗粉 … 30g
    ・水 … 70cc~
     
    [A]
    ・水 … 1000cc
    ・顆粒だしの素 … 小さじ1
    ・塩 … 小さじ1
    ・醤油 … 大さじ2~
    ・酒・みりん … 各大さじ2
作り方
  1. すいとんの材料をボウルに入れ、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
    ※少し硬めに作った方がモチモチ感が増します。
  2. 白菜はざく切り、小松菜は食べやすい長さに切り、キノコ類は石づきを取ってほぐす。豆腐は8等分に切り、長芋は皮をむいておろしておく。
  3. 鍋にAを入れて煮立て、すいとんをスプーンですくい、落とし入れる。浮き上がってきたら皿に取り、長芋以外の(2)の材料と、市販の鶏肉団子を入れて煮る。
  4. 野菜が煮えて鶏肉団子に火が通ったらすいとんを再び鍋に入れ、長芋を流し入れて温めたら出来上がり。
イタリアン海鮮鍋
2015/01/17
海老に豊富に含まれるタウリンは、血中コレステロールを下げ、動脈硬化などの生活習慣病の予防に効果的。殻つきのままで背ワタを取って、殻の旨みもスープの出し汁に活かしましょう。
ビタミンAが豊富なタラは、のどや鼻の粘膜を守り、風邪をひきにくくしてくれるので、この季節に嬉しい食材です。
トマトは火であぶって水に漬けるヒトテマで、皮をむいたあとの口当たりがグンと良くなりますよ。
材料
  • 4人分
    ・キャベツ … 1/4個
    ・紫タマネギ … 1個
    ・トマト … 2個
    ・ニンニク … 2片
    ・しめじ … 1株
    ・ボイルホタテ … 12個
    ・えび(殻付) … 4尾
    ・タラ … 2切れ
    ・塩・粗びきコショウ … 少々
    ・EXVオリーブオイル … 大さじ2

    [A]
    ・白ワイン … 50cc
    ・水 … 800cc
    ・固形コンソメ … 3個
作り方
  1. キャベツはざく切り、紫タマネギはくし切り、しめじは石づきを取って小房にする。ニンニクはみじん切りにする。
  2. トマトはヘタを取ってあぶり、皮をむいてざく切りにする。
  3. エビは殻つきのまま背ワタを取る。
  4. タラは3~4等分に切る。
  5. 鍋にオリーブオイルとニンニクを入れて火にかけ、香りが立ったらAを入れて煮立てる。
  6. 全ての野菜と魚介類を入れ、フタをして15分くらい煮込み、塩・コショウで味を整えて出来上がり。
    ※締めは茹でたパスタや、ご飯&チーズで頂くのがオススメです
大根おろしでデコ鍋(みぞれ鍋)
2015/01/10
大根にはジアスターゼが多く含まれていて、食物の消化を助け、腸の働きを整えてくれます。また、胃酸の中和作用もあるので胃もたれ・胸やけなどの改善や、豊富なビタミンCで肝臓の働きを高める効果も期待できます。
大根おろしをしっかり絞って形が崩れないようにすることが、上手にデコレーションを作る秘訣です。
材料
  • 4人分
    ・鶏モモ肉 … 1枚(300g)
    ・白菜 … 1/6個
    ・ネギ … 1本
    ・セリ … 1束
    ・しめじ・まいたけ … 各1パック
    ・大根 … 1/2本~
      
    [A]
    ・水 … 800cc
    ・昆布茶 … 小さじ1
    ・酒 … 大さじ2
    ・みりん … 大さじ2
    ・醤油 … 小さじ1
    ・塩(あれば天然塩) … 小さじ2~
     
    [飾り]
    黒豆・マヨネーズ・醤油
作り方
  1. 白菜はざく切り、キノコは石づきを取ってほぐし、セリは食べやすい長さに切る。ネギは斜め切り、鶏モモ肉はそぎ切りにする。
  2. (1)の切った材料を順番に鍋に入れて、きっちり敷き詰める。
  3. 大根は皮をむいておろし、水気をしっかり絞って動物を作る。
  4. 動物は大根おろしで原形を作り、黒豆で目や鼻や口を、醤油で模様をつける。最後にマヨネーズで目の瞳に光をつけて完成。
  5. 鍋の上に作った動物を乗せ、Aを合わせた出し汁を横から流し入れ、野菜が煮えたら出来上がり。(大根おろしで作った動物の形が崩れた後は、みぞれ鍋として頂く)