休日ごはん
ワカメとサーモンのウフッ♪テリーヌ
2015/05/30
 わかめには、ヨウ素をはじめカルシウム・カリウム・亜鉛など海洋ミネラル成分が豊富。ヨウ素は基礎代謝を活発にして肥満を予防し、食物繊維のアルギン酸は大腸の働きを活発にするので便秘予防に効果的です。
ケーキ型を持っていなくても、牛乳パックでテリーヌ型を作ることで簡単に代用できます。ケーキ型(パウンド型)がある方はそちらでOK。その場合、蒸し鍋で15分蒸すか、160度のオーブンで30分蒸し焼きにしてください。
材料
  • 牛乳パック1L 1個分(またはテリーヌパウンド型)
      
    ・わかめ(塩蔵) …20g
    ・銀鮭 …2切れ
    ・絹豆腐 …200g
    ・卵白 …2個分
    ・塩 …小さじ1/3
     
    [A]
    ・マヨネーズ …大さじ2
    ・牛乳 …大さじ2
    ・わさび・ディル(あれば) …少々
     
    ・飾り…ディル・ピンク(レッド)ペッパー・オリーブオイル

    ◆テリーヌ型の作り方
    1.牛乳パックはカッターで側面の1面と注ぎ口を切り取る。
    2.切り取った本体を1.5cmくらい切り下げる。(そのままの高さだとフライパンに入らないため)
    3.切り取った注ぎ口の部分に切り込みを入れて折り、ホチキスでふさぐ。
    4.パックに合わせてオーブンシートを切って入れる。
作り方
  1. わかめは流水で洗い、水で戻して水気を切る。銀鮭は骨と皮を取り4等分にする。
  2. 絹豆腐はキッチンペーパーで包み、レンジ600wで1分加熱して水切りをする。
  3. 銀鮭・絹豆腐・卵白・塩をフードプロセッサーに入れて滑らかになるまで混ぜ、生地(サーモン生地)を2/3取り出す。残りにわかめを入れ、滑らかになるまでかくはんする(わかめ生地)。
  4. オーブンシートを敷いた牛乳パックにサーモン生地を入れて平らにする。その上にわかめ生地を入れてヘラで平らにし、切り取った牛乳パックでフタをする。
  5. フライパンに水を3cmくらい入れて沸騰させ、(4)を置いてフタをする。弱火で15分くらい蒸したら取り出して粗熱を取り、ラップで中央をひと巻きして形を整えて冷蔵庫で2時間冷やす。
  6. Aを合わせ、切り分けたテリーヌと盛り付ける。ディルを入れたオリーブオイル・ピンクペッパーを散らして出来上がり。
キウイとミントのソルベ
2015/05/16
 キウイはビタミンCが豊富。抗酸化作用があるのでアンチエイジング効果に期待が。また、便秘やむくみ予防にも効果的で、女性に嬉しい成分がたっぷり詰まっています。
冷凍庫に入れた後も1時間ごとに全体をかき混ぜるヒトテマで、口当たりの良いシャーベットに仕上がります。
材料
  • 4人分

    ・キウイ … 3個
    ・ミントの葉 … 1/2パック
    ・レモン汁 … 大さじ1
     
    [A]
    ・砂糖 … 50g
    ※キウイの酸味や熟し具合で砂糖の量を調節してください。
    ・水 … 50cc
作り方
  1. 小鍋にAを入れて熱して砂糖が溶けるまで加熱し、粗熱を取る。
  2. キウイは皮をむいてざく切りにし、ミントは茎を取る。
  3. フードプロセッサーに(1)と、ざく切りにしたキウイ・レモン汁・ミントの葉を入れ粗めにかくはんする。
  4. 保存容器に(3)を入れて冷凍庫で3時間くらい冷やす。
  5. 冷やしたシャーベットを器に盛り、ミントを飾って出来上がり。
新じゃがdeエッグスラット
2015/05/09
 じゃがいもは、ビタミンC・カリウム・食物繊維が豊富。ビタミンCは加熱しても壊れにくいことが特徴で、カリウムは高血圧予防に効果的です。
 アメリカ西海岸ロサンゼルスが流行の発信地の「エッグスラット」は、ハーブやスパイスで味付けしたマッシュポテトを瓶に入れ、その上に生卵をのせて湯せんしたシンプルな料理で、セレブの朝食に大人気です。
新じゃがいもは、柔らかく茹でてしっかりマッシュするヒトテマを。皮が薄くて水分が多く柔らかいので、丁寧につぶすことがポイントです。
材料
  • 2人分
    ・新じゃがいも(中) … 2個
    ・卵 … 2個
    ・パセリ、バケット … お好みの量
     
    [A]
    ・牛乳 … 100cc
    ・バター … 15g
    ・塩 … 小さじ1/2
    ・粗挽きコショウ … 少々
    ・ナツメグ(あれば) … 少々
作り方
  1. 新じゃがいもは水から茹でて、串が通る硬さになったら皮をむく。
  2. 茹でた新じゃがいもをマッシュして[A]を混ぜ、マッシュポテトを作る。
  3. 瓶に(2)のマッシュポテトを入れ、その上に生卵を割りいれて軽くフタをする。
  4. 鍋に(3)のビンを入れて卵の高さまで熱湯を入れ、10分ほど湯せんする。
  5. パセリをかけ、トーストしたバケットを添えて出来あがり。しっかり混ぜて頂きます。
    ※お好みでチーズやドライハーブを入れても美味しいです。
    ※牛乳の半量を生クリームにするとコクがUP。牛乳の全量を豆乳にすればヘルシーに仕上がります。
春巻きの皮 de 銀ざけのキッシュ
2015/05/02
 鮭は消化・吸収の良い良質なタンパク質と様々なビタミン類が豊富。ビタミンB1は食欲不振を和らげ、ビタミンB2は血圧やコレステロールを下げる働きがあり、さらにビタミンDは骨粗しょう症を予防し、筋肉の機能維持が期待できます。
宮城県は養殖銀ざけ出荷量全国1位で、全国生産量の90%以上を占めています。新鮮な銀ざけは脂ののりが良く、身もふっくらサッパリしているのが特徴です
きょうのヒトテマは春巻きの皮にオリーブオイルを塗ること。皮同士が接着でき、カリっと仕上がります。
材料
  • 21cmタルト型1台分
    ・銀ざけ … 2切れ
    ・しめじ … 1パック
    ・ベーコン … 3枚(約40g)
    ・ミニトマト … 4個
    ・春巻きの皮 … 5枚
     
    [A]
    ・卵 … 2個
    ・豆乳 … 50cc
    ・塩 … 小さじ1/4
    ・とけるチーズ … 40g
     
    ・塩、粗挽きコショウ … 少々
    ・EXVオリーブオイル … 適宜
    ・パセリ … 適宜
作り方
  1. タルト型に春巻きの皮を1枚敷いてオリーブオイルを塗る。少しずらして2枚目を置き、オリーブオイルを塗る。残り3枚もこれを繰り返す。
  2. 銀ざけは両面に軽く塩を振り、少しおいてから水気をキッチンペーパーで拭く。
    しめじは石づきを取って小房にし、ベーコンは細切りにする。
  3. ミニトマトは輪切りにし、[A]を合わせておく。
  4. 熱したフライパンにオリーブオイル(小さじ2)を入れ、銀ざけを焼く。火が通ったら皿に取りほぐす。ベーコンとしめじを炒めて軽く塩・コショウをふる。
  5. (1)の型に炒めたベーコンとしめじを入れてほぐした銀ざけをのせ、[A]を流し込んでミニトマトを飾る。
  6. 180度のオーブンで20~30分くらい焼き、中心まで火が通ったらパセリをかけて出来上がり。
    ※タルト型が小さい場合(深さのあるもの)は、焼き時間を長くして下さい。