休日ごはん
フライパン de 牛肉とトマトのパスタパエリア
2016/06/25
 トマトの赤い色の元であるリコピンは、シミやシワとなる原因に働きかけ肌老化を予防します。また、トマトの酸味成分であるリンゴ酸・クエン酸は、疲労回復や夏バテなどで体力が消耗している方にオススメです。 
 今回のポイントは、パスタを使うことで、お米で作るよりも時短で手軽にできる「パスタパエリア」。パスタを別茹でせずに、折ってそのまま使うことで食べやすく、しかもフライパン1つで美味しいアルデンテ状態に仕上がります。
材料
  • 4人分(直径26cmのフライパン)
    ・スパゲッティ(1.6mmゆで時間7分~9分以下) … 160g
    ・牛肉 … 150g
    ・めぐみ野トマト … 1個
    ・タマネギ … 1/2個
    ・しめじ … 1袋
    ・パプリカ(黄・赤) … 1/2個分
    ・ニンニク … 1片
    ・塩・粗挽きコショウ …適宜
    ・オリーブオイル … 大さじ2
    ・盛り付け … イタリアンパセリ・レモン(あれば)
     
    [A]
    ・顆粒コンソメ … 7g
    ・水 … 300cc
    ・白ワイン … 60cc
    ・塩 … 小さじ1/2
作り方
  1. スパゲティは3cm位に折る。牛肉は一口大に切り、塩・粗挽きコショウを軽く振る。
  2. トマトは火であぶって氷水に浸けて皮をむいてざく切りにする。
  3. パプリカは細切り、しめじは石づきを取って小房に。タマネギとニンニクはみじん切りにする。
  4. フライパンにオリーブオイル(大さじ1)とニンニクを入れて熱し、パプリカ・しめじを入れて炒める。火が通ってきたら牛肉を入れ、焼き色がついたら器に取っておく。
  5. (4)のフライパンにオリーブオイル(大さじ1)を入れて熱し、タマネギを炒める。火が通ってきたらトマト・パスタを加えて混ぜ、油と馴染ませる。
  6. (A)を加えて混ぜ、ふつふつしてきたら全体を混ぜる。
  7. (4)の具材をのせてフタをし、中火で9分位煮込む。水分がなくなってきたらフタを取り水分を飛ばしたらレモン・イタリアンパセリを盛り付けて出来上がり。
春巻きの皮 de リンゴとカスタードのカリカリパイ
2016/06/18
 リンゴの酸味のもとであるリンゴ酸やクエン酸は、疲労回復・食欲増進などの効果が期待できます。またリンゴの皮に含まれるポリフェノールには、肌や皮膚を若々しく保つ美容効果が期待できます。
 パイ生地よりも簡単でヘルシーに仕上がる春巻きの皮を使うのが、今回のポイント。カスタードクリームが、レンジで加熱するだけで簡単に滑らかプリンのように仕上がるのにも驚きです。春巻きの皮をバターで焼くことで、パリパリの食感とパイらしさがアップしたアップルパイが完成します。
材料
  • 2人分
    ・りんご … 1/4個
    ・春巻きの皮 … 2枚
    ・グラニュー糖 … 少々
    ・シナモン … 少々
    ・卵白 … 少々
    ・バター … 10g
    ・バニラエッセンス … 5滴くらい
    ・盛り付け用 … シナモン・粉砂糖
     
    [A]カスタード
    ・卵黄 … 1個
    ・砂糖 … 10g
    ・コーンスターチ … 大さじ1
    ・牛乳 … 70cc
作り方
  1. リンゴは皮をむかずに芯を取り、厚さ1cmのくし切りで6枚に切り、塩水(分量外)につけておく。
  2. 春巻きの皮は、細長く3等分に切る。
  3. [A]は耐熱ボウルに入れて泡立て器で混ぜ、ラップをして600wのレンジで1分30秒位加熱する。熱いうちに泡立て器でしっかり混ぜ、バニラエッセンスを加える。
  4. 春巻きの皮にリンゴ・カスタードを置き、グラニュー糖・シナモンをふってくるくる巻き、卵白で止める。これを6個作る。
  5. 熱したフライパンにバターを溶かし、(4)の閉じ終わりを下にして焼く。
  6. しっかり両面を焼いて焼き色がついたら器に盛り、粉砂糖・シナモンをふって出来上がり。
お豆腐 de ヘルシーガパオ
2016/06/11
 豆腐は脂肪分がないので低カロリーで、肉や魚に負けないくらい良質なタンパク質が含まれています。食物繊維も豊富でコレステロールの吸収を妨げて便秘の予防にも効果的です。
 豚ひき肉とナンプラーとオイスターソースで炒めるガパオですが、今回はカロリー控えめに木綿豆腐を使うのがポイント。調理も簡単で、味付けはナンプラーを使わず醤油で食べやすくしました。おうちで本格的なヘルシーガパオライスが楽しめます。
材料
  • 2人分
    ・木綿豆腐 … 150g
    ・豚ひき肉 … 100g
    ・タマネギ … 1/4個
    ・ナス … 1/2本
    ・パプリカ … 1/2個
    ・卵 … 2個
    ・生バジル … 6枚くらい
    ・ごはん … 2膳分
    ・盛り付け用 … レモン・生バジル
     
    [A]
    ・醤油 … 小さじ1
    ・オイスターソース … 小さじ2
    ・砂糖 … 小さじ1/2
    ・塩・粗挽き黒コショウ ・・・ 少々
作り方
  1. タマネギはみじん切り、ナス・パプリカは1cm角に切る。
  2. 豆腐はキッチンペーパー2枚に包み、レンジ600wで2分位加熱して水切りをする。
  3. 熱したフライパンにサラダ油(大さじ1)を入れてタマネギ・ナス・パプリカを炒める。タマネギに火が通ったら豚挽き肉と水切りした豆腐を入れて崩しながら炒める。
  4. [A]を加えて炒め合わせ、全体に味がまわったら塩・粗挽きコショウで調味する。
  5. 卵は目玉焼きにし、バジルは手で細かくちぎっておく。
  6. 火を止めてバジルを混ぜ、器にごはんとガパオを盛り、みじん切りの生バジルと目玉焼きをのせてレモンを添えれば出来上がり。
ココナッツ風味のお麩レンチトースト&きなココディップ
2016/06/04
 麩は、小麦粉の中にあるグルテンからできた加工食品です。血中脂肪排泄・糖尿病予防・肥満予防・美肌効果が期待できます。また、パン粉の1.5倍の保水力があるため、ほかの食材との組み合わせによって健康効果を最大限に発揮できます。
 今回は、車麩で作るヘルシーなフレンチトースト。直接卵液に浸して一晩冷蔵庫で冷やした車麩を、ダイエットに効果的なココナッツオイルで焼くのがポイント。少しの牛乳を車麩全体に回しかけることでしっとり感がUP。食パン以上にふわふわしっとりした「お麩レンチトースト」です。
材料
  • 2人分
    ・車麩 … 3個
    ・牛乳(または豆乳) … 大さじ2
    ・ココナッツオイル(またはオリーブオイル) … 大さじ2
    ・盛り付け用 … キウイ・ブドウ・ミント・粉砂糖(溶けないタイプ)など
     
    [A]
    ・卵 … 1個
    ・牛乳(または豆乳) … 150cc
    ・砂糖 … 大さじ1
     
    [きなココディップ]
    ・きな粉 … 大さじ2
    ・ココナッツオイル … 大さじ2
    ・ハチミツ(または砂糖・黒蜜) … 大さじ2
作り方
  1. [A]を合わせ、泡立て器でしっかり混ぜる。
  2. 卵がほぐれたら車麩を入れて絡め、フリーザーバッグに入れて空気を出来るだけ抜いて閉じ、冷蔵庫で一晩冷やす。
  3. 熱したフライパンにココナッツオイルを入れ、卵液に馴染ませた車麩を焼く。ここで牛乳(大さじ2)を車麩全体に直接回しかけてしっとり感UP。
  4. 焼き色がついたら返してもう片面も焼き、両面にキレイな焼き色をつける。
  5. きなココディップの材料を合わせて泡立て器でしっかり混ぜる。
  6. 焼いた車麩に粉砂糖をふり、きなココディップ・キウイ・ブドウ・ミントを盛り付けて出来上がり。