休日ごはん
春立ち菜のはらこ酢飯
2017/01/28
 今回は茎や葉が太く、つぼみ菜の中でも柔らかく茎部分まで甘くてクセのない「春立ち菜(つぼみ菜)」を使うことがポイント。つぼみ菜は緑黄色野菜の仲間で、栄養素がとても豊富です。カロテンをはじめ、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・鉄分などが多く、カルシウムはほうれん草のおよそ3倍。また、鉄分の吸収に必要なビタミンCも豊富で女性にオススメの野菜です。
 シャキシャキとした食感の春立ち菜に焼き鮭・イクラの醤油漬けを合わせた、あったかーい春が待ち遠しくなる「はらこ飯」です。


材料
  • 2人分
    ・春立ち菜 … 60g
    ・塩鮭(切り身) … 2切れ
    ・イクラの醤油漬け … 大さじ4
    ・温かいごはん … 2合分

    (A)
    ・酢 … 大さじ4
    ・砂糖 … 大さじ2
    ・塩 … 小さじ1
    ・白ゴマ … 大さじ1
    ・刻み海苔 … 適宜
作り方
  1. 春立ち菜は塩を加えた熱湯でさっと茹で、冷水でしめて水気を絞り小口に刻む。
  2. 塩鮭は焼いて骨を取り除きほぐしておく。
  3. (A)を合わせて寿司酢を作る。
  4. 温かいごはんに合わせた(A)をかけ、ヘラで切るようにサックリ混ぜ合わせる。
  5. ①と焼き鮭、白ゴマ(ひねりながら)を混ぜ合わせる。
  6. 刻み海苔・イクラの醤油漬けを盛り付け、白ゴマをかけて出来上がり。
簡単あつあつ!手作りゴマ団子
2017/01/21
 あんこの原料「小豆」には、女性にオススメの成分がたくさん含まれています。食物繊維は便秘解消、ミネラルはむくみ解消、さらに小豆特有のサポニンはコレステロールや中性脂肪を抑え、生活習慣病の予防に効果的です。
 今回の手作りゴマ団子のポイントは、団子生地に豆腐を使うことです。豆腐を入れることで、冷えても硬くならずにモチモチとした食感を保ちます。揚げたパリパリゴマが健康にも最適な簡単アツアツ手作りおやつです。
材料
  • 10個分
    ・白玉粉 … 100g
    ・豆腐(絹) … 100~120g
    ・砂糖 … 大さじ1
    ・ゴマ油 … 小さじ1
    ・あんこ … 200g
    ・白ゴマ … 適宜
    ・揚げ油 … 適宜
    ・盛り付け用 … 南天の葉

作り方
  1. ボウルに白玉粉・豆腐・砂糖を入れて弾力が出るまでしっかりこね、耳たぶ位の柔らかさにする(硬い時はお湯を加えて混ぜる)。
  2. ゴマ油を入れて更にこね、10等分にする。
  3. あんこも10等分にして丸める。
  4. 団子生地を丸めて伸ばし、中央にあんこを置いて包む。
  5. 白ゴマをバットに入れ、団子を転がして白ゴマをつける。
  6. 170度の揚げ油で転がしながらじっくり揚げ、膨らんだら出来上がり。
ぽかぽかワカメのクリームシチュー
2017/01/14
 わかめに豊富に含まれるヨウ素は基礎代謝を活発にして肥満を予防します。また、水溶性の食物繊維であるアルギン酸も多く含まれていて、大腸の働きを活発にして便秘解消などに効果が期待できます。
 今回のポイントはホワイトソース同様、焦げやすい薄力粉を火を止めてから混ぜることでダマにならないルーが簡単に作れること。わかめのとろ~り感とタケノコのシャキシャキ感が絶妙なあったかクリームシチューです。
材料
  • 2人分
    ・わかめ(塩蔵) … 20g
    ・タマネギ … 1/2個
    ・茹でタケノコ … 50g
    ・固形ブイヨン … 1個
    ・牛乳 … 500cc
    ・薄力粉 … 10g
    ・バター … 10g
    ・塩、粗挽きコショウ … 少々
作り方
  1. 塩蔵わかめは戻して塩抜きして、ざく切りにする。
  2. タマネギと茹でタケノコを薄切りにする。
  3. 鍋にバターを溶かし、薄切りにしたタマネギと茹でタケノコを炒める。
  4. タマネギに火が通ったら一度火を止め、薄力粉をまぶして混ぜる。
  5. ④に牛乳を少しずつ入れてのばし、弱火で7分~8分位煮る。
  6. タマネギが柔らかくなったら固形ブイヨン・塩・粗挽きコショウを入れ、ざく切りにしたわかめを加えて弱火で2分~3分位煮たら出来上がり。