休日ごはん
水切りヨーグルトdeクレームダンジュ
2017/05/27
 ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内環境を整え、便秘解消や美肌に効果的です。さらに内臓脂肪の蓄積を抑制したり、インフルエンザを予防したりする乳酸菌パワーが期待できます。
 今回は、フランスのアンジュ地方で生まれたチーズケーキ「クレームダンジュ」を、手軽な水切りヨーグルトを使って簡単に作るのがポイント。ヨーグルトと生クリームだけで、ふわふわ滑らかな高級感あるデザートが完成。これからの季節にピッタリなおもてなしデザートです。
材料
  • 4個分
    ・ヨーグルト(無糖) … 400g
    ・生クリーム … 100cc
    ・砂糖 … 30g
    ・ベリー系ジャム(赤) … 小さじ4
    ・初夏のフルーツ(ブルーベリー,イチゴ等) … 適宜
作り方
  1. ボウル,ザル,キッチンペーパーを重ねた上にヨーグルトを流し入れ、ラップをして冷蔵庫で一晩水切りして半量にする。
  2. ①に砂糖を入れてしっかり混ぜる。
  3. 生クリームは氷水にあてながら角が立つまで泡立てる。
  4. 水切りヨーグルトに生クリームを入れ、泡立て器で優しく泡立てるように混ぜ合わせる。
  5. 器にガーゼまたは厚手のキッチンペーパーを敷いて④のヨーグルトクリーム1/8量を入れ、中心にジャム(小さじ1)を入れ、さらにヨーグルトクリームの1/8量をのせる。
  6. これをガーゼで包み、上をゴムで縛る。底がつかないように小さめのコップに入れ冷蔵庫で2~3時間位冷やす。
  7. フルーツと共に盛り付けたら出来上がり。
カツオのスタミナステーキ
2017/05/20
 魚にもっとも多いビタミンB12は、赤血球の生成を助けて豊富な鉄分と共に貧血を予防します。また、ビタミンB群のナイアシンは脳神経の働きを助けて血行を良くし、体を内側から元気にする効果が期待できます。
 今回は、今が旬で脂身が少なくさっぱりと頂ける「初鰹」を使います。カツオは塩をふって5分位置く下処理がポイントで、余分な水分と臭みが取れて旨みがアップします。カツオは表面に火が通って、中が半生で仕上がればOK。ニンニクチップと洋風ソースで、魚の臭みが苦手な方でもおいしく頂けるカツオステーキです。
材料
  • 2人分
    ・カツオ … 1柵(200~250g位)
    ・ニンニク … 2片
    ・片栗粉 … 大さじ1
    ・オリーブオイル … 大さじ2
    ・塩 … 適宜
    ・小ネギ … 4本
    ・盛り付け用 … 大根・紫タマネギ・人参(各・細切り)・セロリの葉・レモン

    (A)
    ・醤油 … 大さじ2
    ・みりん … 大さじ1
    ・酒 … 大さじ1
    ・粒マスタード … 大さじ1
作り方
  1. カツオは塩をふって5分位置き、水気を拭き取って片栗粉を薄くまぶす。
  2. ニンニクはスライス、小ネギは小口切りにする。
  3. (A)は合わせておく。
  4. 熱したフライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ、ニンニクに薄く焼き色がついたら取り出す。カツオを入れ、片面ずつあまり動かさずに全体に焼き色を付けて取り出す。
  5. 余分な油を拭き取り、(A)を入れて軽く煮詰める。
  6. 皿にカツオを2cm幅位に切って並べ煮詰めたスタミナソースをかけ、焼いたニンニクと小口切りの小ネギを散らしたら出来上がり。
春キャベツと茹で卵の揚げパン
2017/05/13
 キャベツに含まれているビタミンUは、胃酸の分泌を抑えて傷ついた粘膜を治す働きがあります。またビタミンCも非常に多いので、女性には嬉しい美肌効果・アンチエイジング効果が期待できます。
 今回は、ロールパンを使って手間のかかる揚げパンを簡単にサクサクに揚げるのがポイント。具材を混ぜて、ロールパンに詰めてつまんで閉じるだけ。しっかり水溶き薄力粉に絡めて、揚げ油をお玉でかけながら揚げればカリッとおいしく揚がります。
材料
  • 4個分
    ・ロールパン … 4個
    ・薄力粉 … 40g
    ・水 … 60cc
    ・パン粉 … 適宜
    ・揚げ油 … 適宜

    (A)
    ・キャベツ(芯は除く) … 1枚
    ・茹で卵 … 2個
    ・ツナ缶 … 小1/2缶
    ・とけるチーズ … 大さじ2
    ・マヨネーズ … 大さじ2
    ・パセリ … 1枝
    ・からし … 小さじ1/2
    ・塩・粗挽きコショウ … 少々
作り方
  1. キャベツ・茹で卵・パセリは粗みじん切りにする。
  2. ボウルに(A)と①を合わせ、塩・粗挽きコショウで調味する。
  3. ロールパンは横半分に切り込みを入れ、内側を指でギュっと押して具を入れる部分を作る。②を1/4量入れ、パンの切り口をグルッとつまんで閉じる。
  4. 薄力粉と水を混ぜて溶き、③を入れて中身の具が出ないように全体に絡める。
  5. さらにパン粉を全体に付け、手で包んで軽く押えてパン粉をしっかりまぶす。
  6. 180度の揚げ油で片面2分位ずつ揚げ、油を切ったら出来上がり。
初夏野菜と2種のお豆腐ディップ
2017/05/06
 スナップエンドウにはタンパク質やアミノ酸が豊富に含まれています。ビタミンやミネラルも多く、料理に加えることで不足しがちな栄養補給に役立ちます。また、マグネシウムやアスパラギン酸などのアミノ酸が豊富なことから疲労回復にも最適な食材です。
 今回は豆腐を茹でて裏ごしすることで、豆腐本来の濃厚で滑らかな味わいが楽しめる2種類のソースに仕上げるのがポイント。ニンニクの効いたピリ辛ソースとチーズファンデュ風ソースで初夏の野菜と一緒にお試し下さい。
材料
  • 2人分(ソースは作りやすい分量)
    ・新ジャガイモ … 1個
    ・アスパラガス … 4本
    ・スナップエンドウ … 6個
    ・パプリカ(赤・黄) … 各1/4個
    ・ラディッシュ … 2個
    ・紫キャベツ … 1/8個位

    【ピリ辛お豆腐ディップ】
    ・絹ごし豆腐 … 50g
    ・おろしニンニク … 1/3片分
    ・醤油 … 小さじ2
    ・みりん … 小さじ2
    ・マヨネーズ … 大さじ2強
    ・豆板醤 … 小さじ1/2
    ・甜麺醤 … 小さじ1

    【チーズお豆腐ディップ】
    ・絹ごし豆腐 … 50g
    ・とけるチーズ … 30g
    ・おろしニンニク … 1/3片分
    ・オリーブオイル … 大さじ1
    ・アンチョビ … 1尾
    ・白ワイン … 大さじ1
    ・生クリーム … 50cc
    ・塩・粗挽きコショウ … 少々
作り方
  1. 新ジャガイモは皮付きで一口大に切り、アスパラは4等分の斜め切りにする。
    スナップエンドウは筋をとる。
  2. 新ジャガイモは柔らかく茹で、アスパラとスナップエンドウは塩を入れた熱湯で
    1分から1分30秒位茹でる。
  3. 絹ごし豆腐(100g)は5分位茹でて水切りし、裏ごしして2等分にする。
  4. ピリ辛お豆腐ディップの材料を全部合わせる。
  5. 小鍋を熱してオリーブオイル・みじん切りにしたアンチョビ・おろしニンニクを入れて弱火で加熱し、軽く火が通ったら、裏ごしした豆腐・生クリーム・白ワインを加えて温め、とけるチーズを入れて焦げないように混ぜる。
  6. 少しとろみがついたら、塩・粗挽きコショウで味を調えたらチーズお豆腐ディップの完成。
  7. 器に初夏の野菜を盛り付け、ソース2種類を添えて出来上がり。