休日ごはん
栗まんじゅう
2017/09/23
 栗は食物繊維が豊富で便秘の解消に効果があり、カリウムは高血圧の予防になります。また、ポリフェノールの一種「タウリン」も含まれているので抗酸化作用があって老化防止や美肌効果も期待できます。
 今回は手間がかかる饅頭を蒸すのではなく、焼いて簡単に仕上げるのがポイント。栗の甘露煮を使って生地で包んで焼くだけで、甘さ控えめの上品な栗まんじゅうが完成。さらに一日置くと、よりしっとり感が増した栗まんじゅうが頂けます。
材料
  • 10個分
    ・栗の甘露煮 … 5個
    ・溶かしバター … 10g
    ・砂糖 … 40g
    ・卵 … Mサイズ1個
    ・白あん … 180g
    ・みりん … 小さじ1/4
    ・けしの実(あれば) …少々

    (A)
    ・薄力粉 … 100g
    ・ベーキングパウダー … 5g
作り方
  1. (A)を合わせて泡立て器で混ぜておく。
  2. 卵を卵黄と卵白に分け、卵黄を1/2量だけ取り出して卵白に戻して溶いておく。
  3. 溶かしバターと砂糖をしっかり混ぜ、白っぽくなったら溶き卵を少しずつ加えてその都度しっかり混ぜる。
  4. (A)を少しずつ加え、ゴムベラで切るようにさっくり混ぜ、できた生地はラップで包み冷蔵庫で30分以上寝かせる。
  5. 栗を半分に切り、キッチンペーパー等で水気を拭き取る。
  6. 白あんを10等分にし、栗を包む。生地を栗あんより一回り大きく伸ばし、包んで栗型に整えて綴じ目を下にする。
  7. 卵黄とみりんを混ぜて垂れないように2~3回に分けて刷毛で重ね塗りし、180度に予熱したオーブンで18分位焼いたら出来上がり。
梨のタレde本格プルコギ
2017/09/16
 梨の成分は90%が水分です。梨に含まれる消化酵素には、肉類のタンパク質を分解する作用があります。また梨にはリンゴ酸やクエン酸・アスパラギン酸などが含まれているので、夏の疲れをとるための疲労回復効果も期待できます。
 今回は、梨をすりおろしたタレを使って牛肉を柔らかくするのがポイント。この梨を使ったタレは、甘みやうまみも増してくれる万能ダレとして焼肉のタレとしても最適です。柔らかくて深みも増した本格プルコギは、食欲の秋にぴったりな一品です。
材料
  • 2人分
    ・牛肉(薄切り) … 200g
    ・ニンジン … 1/2本
    ・タマネギ … 1/2個
    ・ニラ … 1/2束
    ・ゴマ油 … 大さじ1
    ・白ゴマ … 適宜

    (A)
    ・梨 … 1/2個
    ・おろしニンニク … 1片
    ・醤油 … 大さじ2
    ・酒 … 大さじ1
    ・砂糖 … 小さじ2
    ・コチュジャン … 大さじ1/2
作り方
  1. 梨は皮をむいて種を取り、すりおろして(A)と合わせる。
  2. 牛肉と(A)をビニール袋に入れて揉み込んだら15分位冷蔵庫で漬け込む。
  3. ニンジンは細切り、タマネギはスライス、ニラは5cm幅位に切る。
  4. 熱したフライパンにゴマ油を入れ、ニンジンとタマネギを炒める。
  5. 火が通ったら野菜をフライパンの隅に寄せ、漬け汁ごと牛肉を加えて炒める。
  6. さらに牛肉に火が通ったらニラを炒め合わせる。
  7. 器に盛り、白ゴマをひねったら出来上がり。
キャベツとたまごのスープ野菜
2017/09/09
 朝食は一日のスタートの要です。今回は主食・主菜・副菜・汁物・乳製品とバランスの良い朝食を簡単に作れるのがポイント。ベーコンや卵の「タンパク質」、キャベツやブロッコリーのビタミン・ミネラルの「野菜」、それと一緒に取れる「汁物」のコンソメスープと必要な栄養素を切って煮るだけの簡単調理で、朝の体を目覚めさせてくれます。忙しい朝には具だくさんのスープ野菜がおすすめです。
※このレシピは「味の素KKコンソメ」のHPに掲載されています。
材料
  • 2人分
    ・キャベツ … 2枚(100g)
    ・ブロッコリー … 1/2個(100g)
    ・ベーコンスライス … 1枚(25g)
    ・卵 … 2個

    (A)
    ・水 … 300cc
    ・「味の素KKコンソメ」 … 1個
作り方
  1. キャベツはザク切りにする。ブロッコリーは小房に分ける。ベーコンは3~4cm幅に切る。
  2. 鍋に①のキャベツ・ブロッコリー・ベーコン、(A)を入れて火にかけ煮立ったら弱火にし、野菜に火が通るまで煮る。
  3. 卵を1個ずつ割り入れて、フタをして弱火で2~3分位煮れば出来上がり。
サ・ケ・マ・ヨ
2017/09/02
 鮭のサーモンピンクの正体はアスタキサンチンという物質で、強い抗酸化作業があります。抗酸化力はビタミンC、ビタミンEよりも高く、老化やシミ・シワなどの予防に効果的です。カボチャに多く含まれるβ―カロチンにも抗酸化力があって老化の予防が期待できます。
 今回は、生鮭にひと手間かけて臭みを取るのがポイント。塩・粗挽きコショウで味を調えて酒を振ることで魚の臭みを消します。さらにラップをして冷蔵庫で5分位置くことで、水分がしっかり取れて旨みが増しておいしく仕上がります。
材料
  • 2人分
    ・生鮭 … 2切れ
    ・カボチャ … 1/8個
    ・酒 … 大さじ1/2
    ・塩、粗びきコショウ … 少々
    ・片栗粉 … 大さじ2
    ・盛り付け用 … パセリ・ピンクペッパー・ナッツ類・サニーレタス

    (A)
    ・マヨネーズ … 大さじ3
    ・ケチャップ … 大さじ1
    ・砂糖 … 小さじ1
    ・牛乳 … 大さじ1
    ・サラダ油 … 適量
作り方
  1. 生鮭は骨を抜いて5等分位のぶつ切りにし、塩・粗挽きコショウと酒を振ってラップをして冷蔵庫で5分位置く。
  2. カボチャは3~4mm位にスライスする。
  3. 5分位置いた生鮭は水気を取って、ビニール袋に片栗粉と一緒に入れてまぶす。
  4. (A)は合わせておく。
  5. フライパンにサラダ油(大さじ3)を入れて熱し、スライスしたカボチャと片栗粉をまぶした鮭を揚げ焼きにする。
  6. (A)に揚げ焼きにした鮭とカボチャ・パセリを和える。
  7. サニーレタスの上に盛り付け、ナッツ・ピンクペッパー・パセリを散らして出来上がり。