休日ごはん
カルピスde夏のレアチーズ風ケーキ
2018/07/28
 今回は「カルピス」を使って夏の爽やかデザート、レアチーズ風ケーキを作ります。「カルピス」のうま味を活かした上品な味わいで、濃厚で滑らかな口当たりが高級感あふれる逸品です。
 この夏、いろいろなアレンジでカルピスデザート作ってみませんか…?
材料
  • 15cm丸型 1台分
    ・水切りヨーグルト … 1パック分(170~200g)
    ・生クリーム … 100cc
    ・カルピス(原液) … 150cc
    ・レモン汁 … 大さじ1~2
    ・粉ゼラチン … 5g
    ・水 … 大さじ2
    ・ブラックココアクッキー(またはビスケット) … 7枚(50g)
    ・溶かしバター … 20g
    ・盛り付け用 … ホイップクリーム・ミント・皮ごと食べられるブドウ2種(ナガノパープル・シャインマスカット)
作り方
  1. ブラックココアクッキー(またはビスケット)はジップ袋に入れて麺棒で細かく砕き、溶かしバターを入れて揉み馴染ませる。
  2. オーブンシートを敷いた底が外れる型に入れて全体に広げ、スプーンで押し固めてラップをし、冷凍庫で1時間以上冷やす。
  3. 粉ゼラチンは水と合わせてふやかしておく。
  4. 生クリームとカルピスを小鍋に入れて弱火にかけ、ゼラチンを入れて溶かす(沸騰させない)。
  5. 水切りヨーグルトを入れたボウルに少しずつ流し入れ、その都度泡立て器でしっかり混ぜ合わせる。さらにレモン汁も加えて混ぜる。
  6. 生地が冷めたら型にゆっくり流し込み、ラップをして冷蔵庫で2時間以上冷やす。
  7. ホイップクリーム・ブドウ・ミントを盛り付けて出来上がり。
トマトとタコのクリーミー冷製パスタ
2018/07/21
 トマトは旬の夏こそ食べて頂きたい食材で、トマトに含まれるリコピンは夏の日差し・紫外線から肌を守る作用があり、疲労を回復させ脂肪の蓄積を抑える効果があると言われています。
 今回は、甘さが増すトマトとアボカドのクリーミーなソースを絡めた冷製パスタを作ります。カッペリーニは塩を使わず、味をしっかり乗せるために固形コンソメを入れて茹でるのが裏技。わさびが隠し味の和風ソースが暑い夏にピッタリの逸品です。
材料
  • 2人分
    ・カッペリーニ … 160g
    ・アボカド … 1個
    ・トマト … 1個
    ・茹でタコ … 80g
    ・EXVオリーブオイル … 大さじ1
    ・塩・粗挽きコショウ … 適宜
    ・盛り付け用 … ディル
    (A)
    ・マヨネーズ … 大さじ1
    ・わさび … 小さじ1~2
    ・麺つゆ(4倍希釈) … 大さじ1
    ・レモン汁 … 小さじ2
    ・牛乳 … 50cc
作り方
  1. トマトは火であぶって皮をむき1cm角に切る。茹でタコはぶつ切りにする。
  2. ボウルにトマトとタコを入れ、オリーブオイル・粗挽きコショウ・塩を混ぜ合わせラップをして冷蔵庫で5分以上冷やしておく。
  3. カッペリーニは固形コンソメ1個を入れた熱湯で、少し長く(ゆで時間+2分位)茹でる。
  4. 茹で上がったら氷水で冷やし、水気をキッチンペーパー等でしっかり拭き取る。
  5. (A)を順番にボウルに入れ、その都度しっかり混ぜ合わせ牛乳は分離しやすので最後に入れる。
  6. アボカドは皮をむいてぶつ切りしてボウルに入れ、とろみが出るまでスプーンなどで素早くつぶす。
  7. カッペリーニに⑥を少しずつ加え混ぜ合わせて絡める。②の半量を軽く混ぜ合わせたら器に盛り、残りのマリネと粗挽きコショウ・ディルを散らしたら出来上がり。
夏野菜のキーマカレー
2018/07/14
 今回は、夏野菜を揚げ焼きして彩り良くトッピングした「夏野菜のキーマカレー」を作ります。夏野菜は“色を食べる”というくらい鮮やかなものが多く、ほてった身体を冷やして夏バテを防ぐ効果が期待できます。特にオクラなどは独特のネバネバ成分が胃腸の調子を整え、夏バテ予防にも効果的です。スパイシーなカレーとカラフルな夏野菜で食欲アップ間違いなしです。
材料
  • 4人分
    ・牛豚合い挽き肉 … 300g
    ・タマネギ … 1個
    ・ニンニク … 1片
    ・生姜 … 1片
    ・サラダ油 … 適宜
    ・温かいごはん … 4人分
    ・パセリ … 少々
    ・盛り付け用の揚げ夏野菜 … ナス1個・カボチャ4切れ・パプリカ(赤)1/2個・オクラ4本

    (A)
    ・醤油 … 小さじ1
    ・チャップ … 大さじ1
    ・ウスターソース … 大さじ1
    ・水 … 150~200cc(味をみながら調節)
    ・カレールウ … 1/2箱
作り方
  1. タマネギ・生姜・ニンニク・カレールウはそれぞれみじん切りにする。
  2. フライパンにサラダ油(大さじ1)・生姜・ニンニクを入れて熱し、香りが立ったらタマネギを加えて中火で炒める。
  3. 透き通ってきたら牛豚合い挽き肉を加えて炒め、火が通ったら(A)を順番に加えて混ぜ、弱火で煮詰める。
  4. フライパンにサラダ油を2cm位の高さまで入れ、野菜をそれぞれ色よく揚げ焼きにする。オクラは破裂するので全体を爪楊枝で刺してから揚げる。
  5. 皿にご飯とキーマカレーを盛り、揚げ夏野菜を乗せてパセリを散らしたら出来上がり。
味噌マヨ風味のズッキーニボート
2018/07/07
 ズッキーニはキュウリのように見えますが、実はカボチャの仲間なんです。旬は6月から9月で、クセのない味わいが煮込んでカレーやスープ、天ぷらや味噌汁の具などにもオススメです。
 今回は、夏が旬のズッキーニの中身をくり抜いてボートに見立てた「味噌マヨ風味のズッキーニボート」を作ります。焼いた味噌が香ばしく食欲をそそり、タマネギがさっぱりアクセントになったお洒落な夏レシピです。冷えたビールと一緒に是非どうぞ。
材料
  • 2人分
    ・ズッキーニ(中) … 1本
    ・ツナ缶 … 1缶(70g)
    ・タマネギ … 1/8個
    ・ピザ用チーズ … 30g
    ・塩 … ひとつまみ
    ・盛り付け用 … ピンクペッパー・パセリ
    (A)
    ・味噌 … 大さじ1
    ・マヨネーズ … 大さじ1
    ・砂糖 … 小さじ1
作り方
  1. ズッキーニはヘタを取り縦半分に切ってスプーンで中身をくり抜き、中身はみじん切りにして具にする。
  2. タマネギはみじん切りにして塩をかけ、10分位置いて水気をキッチンペーパーでしっかり取る。
  3. ボウルに(A)を合わせ、ズッキーニの中身・みじん切りにしたタマネギ・オイルを切ったツナ缶・チーズ(10g位)を入れて混ぜ合わせる。
  4. ①のズッキーニのボートの器に③の具を盛り付け、残りのチーズをかける。
  5. 予熱したオーブントースターで10分位焼いたら粗みじん切りにしたパセリ・ピンクペッパを散らして出来上がり。