休日ごはん
フライパンde柿のタルトタタン風ケーキ
2018/09/29
 柿にはビタミンAとビタミンCが豊富で、特にビタミンCには疲労回復や風邪の予防効果が期待できます。また、柿に含まれるビタミンCとタンニンには血液中のアルコールを外に排出する働きがあるので二日酔いにも効果的です。
 柿のタルトタタン風ケーキをフライパン1つで手軽に作れるのがポイント。餃子を焼くように敷き詰めた柿のシャキシャキ食感と生地のもっちり食感がアクセントになった上品な優しい甘味が自慢のデザートです。
材料
  • 直径22cmのフライパン1個分
    ・柿 … 2個
    ・バター … 20g
    ・グラニュー糖 … 30g
    ・卵 … 1個
    ・牛乳 … 75cc
    ・盛り付け用 … セルフィーユ・生クリーム
    (A)
    ・薄力粉 … 75g
    ・砂糖 … 20g
    ・ベーキングパウダー … 5g
    ・塩 … ひとつまみ
作り方
  1. 柿は10等分のくし切りにして種があったら取る。
  2. フライパンに隙間がないように並べてみて、余った柿は1cmの角切りにする(フライパンに置いた柿は一旦皿に戻す)。
  3. (A)はボウルに入れて泡立て器でかき混ぜておく。
  4. ボウルに卵と牛乳を入れて泡立て器で混ぜ③を1/3ずつ加えてゴムベラで混ぜ合わせ、粉っぽさが無くなったら1cmの角切りにした柿を混ぜる。
  5. フライパンにバターとグラニュー糖を入れて弱火にかけ、グラニュー糖が溶けたらくし切りにした柿をフライパンに並べる。
  6. ④の生地を流し込み、フタをして弱火で8~10分位蒸し焼きにする(竹串を刺して生地がついてこなければOK)。
  7. 粗熱が取れたらフライパンより大きい皿をかぶせ、皿ごとひっくり返して完成。セルフィーユと生クリームを添えて出来上がり。
お手軽☆サバ缶とキノコのアヒージョ
2018/09/22
 サバ缶は保存食としても便利ですし、最低限の調理が済ませてあるので料理に幅広くアレンジしやすいです。サバにはEPAやDHAが豊富で血液をサラサラにして生活習慣病の予防が期待されます。
 アヒージョは、強火にせずに低温でゆっくり煮るのがおいしく作るポイントです。サバの身もホロホロで柔らかく、レモンがアクセントになってさっぱりと頂けます。素材の旨みがたっぷり出たオイルは、バゲットに付けても最高です。
材料
  • 2人分
    ・サバ(水煮缶) … 200g(1缶)
    ・マッシュルーム … 8個
    ・ミニトマト … 6個
    ・ニンニク … 2片
    ・レモン … 1/2個
    ・鷹の爪 … 2本
    ・塩 … 小さじ1/3
    ・粗挽きコショウ … 少々
    ・EXVオリーブオイル … 大さじ5~6
    ・盛り付け用 … イタリアンパセリ・バゲット
作り方
  1. サバ(水煮缶)は汁を切っておく。
  2. マッシュルームは半分に切る。ニンニクは潰してスライス、レモンは半月切りにする(防腐剤を使っていれば皮をむく)。鷹の爪は種を取っておく。
  3. 耐熱容器にEXVオリーブオイル・スライスしたニンニク・鷹の爪を入れて2分位弱火にかける。
  4. 汁を切ったサバ缶・半分に切ったマッシュルーム・ミニトマト・半月切りにしたレモン・塩・粗挽きコショウを加え、弱火で4~5分位煮る。
  5. イタリアンパセリをかけてバゲットを添えて出来上がり。
カボチャとチキンのオレンジソース
2018/09/15
 カボチャの黄色には、体内でビタミンAに代わるβ―カロテンが豊富で「カボチャを食べると風邪をひかない」と言われているのは粘膜や皮膚の抵抗力を高めるビタミンAの働きによるものです。
 今回は、カボチャとチキンを爽やかなオレンジソースで仕上げるのがポイント。揚げ焼きした食材をとろみがついたオレンジソースで絡め生のオレンジのほのかな香りが食欲をそそる逸品です。
材料
  • 2人分
    ・鶏モモ肉 … 1枚
    ・塩・コショウ … 少々
    ・薄力粉 … 適宜
    ・カボチャ … 1/8個
    ・しめじ … 1/3袋
    ・水溶き片栗粉 … 水(大さじ2)・片栗粉(小さじ2)
    ・サラダ油 … 適宜
    ・盛り付け用 … パセリ・リーフレタス・トマト・オレンジ・粗挽きコショウ
    (A)
    ・醤油 … 大さじ1
    ・砂糖 … 大さじ2
    ・酢 … 大さじ2
    ・おろしニンニク … 1/2片分
    ・おろし生姜 … 1片分
    ・オレンジの汁(またはオレンジジュース100%) … 大さじ1
    ・鷹の爪(輪切り) … 1本分
作り方
  1. 鶏モモ肉は脂や筋を取って下処理し、一口大に切ってビニール袋に入れて軽く塩・コショウをして薄力粉をまぶす。
  2. カボチャは鶏モモ肉の大きさに合わせてスライス、しめじは石づきを取って小房にする。
  3. フライパンにサラダ油(大さじ3)を入れ、しめじを炒める。次にカボチャ・鶏モモ肉の順に揚げ焼きにして油を切っておく。
  4. フライパンの余分な油を拭き、(A)を入れてオレンジソースを作る。
  5. 煮立ったら火を止めて水溶き片栗粉を入れて混ぜ、再び弱火で加熱する。
  6. とろみがついたオレンジソースに揚げ焼きした鶏モモ肉・カボチャ・しめじを入れて絡め、トマト・リーフレタス・オレンジを盛り付け、粗挽きコショウをふって出来上がり。
生ハムとイチジクのタルティーヌ
2018/09/08
 イチジクは血液をきれいにして美容効果を発揮し、胃腸にも良いと言われています。また、赤ワインやブルーベリー同様に酸化を防ぐ働きがあり動脈硬化の予防にも役立ちます。
 今回は不老長寿の果物と言われるイチジクを使って「タルティーヌ」を作ります。タルティーヌとは、スライスしたパンの上にお好みの具材をのせたフランス式オープンサンドイッチ。カリカリに焼いたバゲットにイチジクとブルーチーズとの相性も良くサッパリと頂けます。あなたの好きなものをのせても良し、おつまみにももってこいの料理です。
材料
  • 8個分
    ・イチジク … 1個
    ・生ハム … 8枚
    ・ブルーチーズ(またはクリームチーズ) … 適宜
    ・バゲット … 8枚
    ・ハチミツ … 大さじ2
    ・ナッツ … 大さじ1
    ・粗挽きコショウ … 適宜
作り方
  1. イチジクは皮をむいて8等分に串切りにする。
  2. バゲットは軽くトーストする。
  3. ナッツはフライパンで乾煎りして包丁で粗めに砕く。
  4. 焼いたバゲットの上に生ハムをのせ、ブルーチーズとイチジクをのせる。
  5. 仕上げに乾煎りして砕いたナッツを散らし、ハチミツを回しかけて粗挽きコショウをかけて出来上がり。
洋ナシとスモークサーモンのセルクル詰め
2018/09/01
 洋ナシにはアミノ酸の一つであるアスパラギン酸が含まれていて、細胞内で不足したミネラル成分を取り入れスタミナ増強に有効だと言われています。また、ブドウ糖も含まれているので疲労回復効果も期待できます。
 今回は、セルクル(洋菓子を作る時に使用する底のない型)を使ってお洒落に盛り付けるのがポイント。洋ナシの爽やかさとスモークサーモンの相性も抜群。簡単に盛り付けながらプロ並みに美しく仕上がるセルクル詰めはサラダ感覚で楽しめる逸品です。
材料
  • 2人分(直径7cmセルクル)
    ・洋ナシ … 1/2個
    ・ジャガイモ … 小1個
    ・スモークサーモン … 8枚
    ・レモン … 1/4個
    ・EXVオリーブオイル … 小さじ2
    ・ディル … 適宜
    (A)
    ・牛乳 … 大さじ3
    ・塩・コショウ … 少々
    ・粉チーズ … 小さじ1
作り方
  1. 洋ナシは皮をむいて薄くスライスし、塩水(分量外)に浸して色止めをする。
  2. ジャガイモは皮をむいて一口大に切り、耐熱ボウルに入れてラップをして600wのレンジで5分位加熱する。
  3. 加熱したジャガイモは熱いうちにマッシュし、(A)を入れて混ぜ合わせる。
  4. レモンは飾り用に2枚スライスし、残りは絞る。
  5. お皿にセルクル(なければグラスに入れてもOK)を置き、ジャガイモ→スモークサーモン→洋ナシ→ジャガイモ→スモークサーモン→洋ナシの順に重ねて詰める。
  6. 皿からセルクルをはずし、レモン汁とEXVオリーブオイルをかけ、ディルとレモンスライスを飾って出来上がり。