休日ごはん
お祭り屋台の味☆まるごとブドウ飴
2018/10/27
 ブドウには体内に吸収されやすいブドウ糖や果糖が含まれていて、そのままエネルギーになってくれるので疲労回復に効果的です。またブドウ糖や果糖などの糖質は直接脳の栄養源になるので、脳の働きを活発にして集中力を高める効果が期待できます。
 今回は、自宅で簡単に作れるブドウ飴です。飴はスプーンなどで混ぜずに、鍋を揺する程度にして焦がし過ぎないのが上手に作るポイント。パリッとした飴とジュワッとしたブドウのジューシーさの2つの食感が絶品です。お祭り気分で、元気が出そうなデザートです!
材料
  • 10粒分
    ・種無しブドウ(皮ごと食べられるもの) … 10粒
    ・砂糖 … 100g
    ・水 … 大さじ2
    ・盛り付け用 … 爪楊枝・マスキングテープ
作り方
  1. ブドウは洗ってキッチンペーパーなどで水気をしっかり取り、爪楊枝や竹串を差す。
  2. 鍋に砂糖と水を入れて弱火にかける。混ぜずにそのまま煮詰め、薄く色づいてきたら鍋を揺する程度で火を止める。
  3. ブドウに飴を絡ませたら、クッキングシートの上にのせ、冷蔵庫で冷やし固めたら出来上がり。
焼き芋のテリーヌ
2018/10/20
 「焼き芋」のさつまいもに含まれるデンプンが長時間ゆっくり加熱することで糖に分解され甘みが増します。また、さつまいものビタミンCは熱によって破壊されにくいので美容効果が期待されています。
 今回は、さつまいも自体よりも甘さが増した「焼き芋」を使うのがポイント。さつまいもと肉ダネの相性も良く、焼き芋の上品な甘さが疲れを取ってくれて活力を与えてくれそうなテリーヌに仕上げました。
材料
  • 18cmのパウンド型1台分 (または牛乳パック1個分)
    ・焼き芋 … 中1本
    ・牛豚合い挽き肉 … 400g
    ・タマネギ … 1/4個
    ・卵 … 1個
    ・ニンニク … 1/2片
    ・白ワイン … 大さじ1/2
    ・塩 … 小さじ1
    ・白コショウ … 少々
    ・盛り付け用 … ベビーリーフ・ミニトマト・レモン・粗挽きコショウ・バルサミコ酢ソース
作り方
  1. 焼き芋は皮をむき、縦半分に切る。
  2. 焼き芋以外の材料をフードプロセッサーに入れて粘りが出るまでかくはんする。
  3. パウンド型に肉ダネの1/3量を隙間なく詰めて平らにする。焼き芋の断面を下にして置き、肉ダネ1/3量を隙間なく詰めて平らにする。さらに焼き芋の断面を下にして置き、残りの肉ダネ1/3を隙間なく詰めて上部を平らにする.
  4. 底から1/3の高さまで熱湯を注いだ天板にのせ、170度に予熱したオーブンで40~50分位焼く。竹串を刺して赤い肉汁が出なければOK。
  5. 粗熱が取れたら、型の上部をアルミ箔などで覆い、重石をして冷蔵庫で一晩冷やす。型から外し、温めた包丁で厚めにスライスして出来上がり。
秋本番!パワーアップレシピ①
2018/10/06
 健康なカラダづくりを無理なく実践する献立とは、1つはカラダづくりに欠かせない肉や卵・大豆などのタンパク質を摂る事。2つめは、カラダを整えるビタミン・ミネラル源の野菜を摂る事。3つめは、消化・吸収を助ける汁物を献立に取り入れる事が大切です。
材料
  • ■秋茄子と豚肉の甘辛丼(丼物)
    【材料】2人分
    ・茄子 … 2本
    ・ピーマン … 2個
    ・豚こま肉 … 160g
    ・薄力粉 … 適宜
    ・卵 … 2個
    ・温かいごはん … 2膳分
    ・スプラウト … 1パック
    ・煎り白ゴマ … 適宜
    ・サラダ油 … 適宜
    (A)
    ・醤油 … 大さじ2
    ・みりん … 大さじ4
    ・味の素 ほんだし … 小さじ1/2
    ・おろし生姜 … 1片分

    ■セリとサンマのきのこ汁(汁物)
    【材料】2人分
    ・サンマの刺身 … 2尾分
    ・セリ … 1/2袋
    ・ネギ … 1本
    ・えのきだけ … 1/2袋
    ・まいたけ … 1/3袋
    ・塩 … 適宜
    (A)
    ・おろし生姜 … 1/2片分
    ・塩 … ひとつまみ
    ・酒 … 大さじ1/2
    ・片栗粉 … 大さじ1/2
    (B)
    ・水 … 600cc
    ・うすくち醤油 … 大さじ2
    ・みりん … 大さじ1
    ・味の素 ほんだし … 小さじ1/2
作り方
  1. 甘辛丼は、茄子は厚めの輪切りにし、ビニール袋に入れて薄力粉(大さじ2程度)を加えふって全体にまぶす。
  2. 豚こま肉はほぐしてビニール袋に入れ、薄力粉(大さじ1程度)を加えてふり、全体にまぶす。
    ピーマンは種を取って輪切りにする。
  3. 熱したフライパンにサラダ油を入れて茄子を焼き、火が通ったら取り出しておく。同じフライパンでピーマンを軽く炒めて取り出しておく。さらにサラダ油を足して豚こま肉もこんがり焼いて取り出す。
  4. フライパンをキッチンペーパー等で拭き、(A)を入れて弱火で温めたら焼いた茄子・ピーマン・豚こま肉を戻して絡める。照りが出てとろみがついたら火を止める。
  5. 丼にごはんを盛り、④と目玉焼きとスプラウトをのせて、白ゴマをひねりながら振ったら出来上がり。
  6. きのこ汁は、サンマの刺身は包丁で叩き、(A)を加えて混ぜ合わせる。
    セリは4cm位の長さに切り、ネギは斜め薄切り、えのきは石づきを取って半分の長さに切ってほぐし、まいたけは小房にする。
  7. 鍋に(B)を入れて煮立て、サンマのつみれをスプーンで丸くすくって入れる。火が通って浮き上がってきたらネギときのこを加えて煮る。火が通ったらセリを加え、塩で味を調えたら出来上がり。