「被災者ミュージカル」の上映会

2017年03月20日
全国からの支援への感謝の思いを伝えようと、5年前に被災者自身が演じたミュージカルの上映会が、20日、宮城・石巻市で開かれた。 このミュージカルは、東松島市などの被災者100人が、震災当時の思いを歌とセリフで演じたもので、2012年3月に東京で上演された。 20日は、当時の様子を地元の人にも見てもらおうと、撮影したビデオを上映するイベントが開かれた。 ミュージカルは、震災について、被災者が自分の声で伝える内容で、訪れた人たちも真剣に見入っていた。 訪れた人は「わたしも夫を津波で亡くしていますので、胸に迫るものがありました」と話した。 主催者は、こうした上映会を、今後も各地で開きたいとしている。