乗用車同士が正面衝突...1人死亡、6人けが

2017年03月21日
20日午後、山形県との県境にある国道48号線のトンネルで、乗用車同士が正面衝突する事故があり、宮城・仙台市青葉区の69歳の女性が死亡、6人がけがをした。 事故があったのは、山形・東根市にある国道48号線の「関山トンネル」。 警察によると、20日午後3時すぎ、仙台方面に向かっていた乗用車がセンターラインをはみ出し、反対車線を走っていた乗用車と正面衝突した。 この事故で、仙台方面に向かう車に乗っていた青葉区葉山町の無職・石川京子さん(69)が死亡した。 また、同乗していた青葉区の男女3人が、肋骨(ろっこつ)や顔の骨を折る大けがをした。 一方、反対車線の車に乗っていた男女も重軽傷を負ったほか、5歳の女の子も軽いけがをしている。 現場は、山形県との県境にある片側1車線のトンネルで、この事故の影響で、およそ2時間半にわたって通行止めとなった。 警察が、事故の原因をくわしく調べている。