ベガルタ仙台 大崎八幡宮で必勝祈願 タイトル獲得目指す

2019年01月11日
今シーズンの開幕に向けて、本格始動している「ベガルタ仙台」は11日、宮城・仙台市青葉区の大崎八幡宮で、必勝祈願を行った。 11日朝の必勝祈願には、新加入選手を含めた24選手と、チームスタッフ、フロント、総勢78人が参加した。 渡邉晋監督(45)が絵馬にしたためた言葉は、2019年のチームスローガン「ReVolution(改革)」と「タイトル獲得」。 渡邉監督は、「言葉の通りですね。タイトルを取るためには、やっぱり変化していかなければいけないですし、変化を恐れずに、進んだ先に結果を変えられると思っているので」と話した。 ベガルタ仙台のマスコット「ベガッ太くん」が引いたおみくじは、なんと「大吉」。 クラブ創立25周年となる今シーズンに向けて、縁起の良いスタートとなった。 2019年が年男のジャーメイン良選手(23)は、「フォワードとして、結果を残し続けるっていうふうに目標を立てています。(ことしのえと)イノシシ年なので、自分の年になれるように頑張りたいと思います」と話した。 渡邉監督は、「非常に身が引き締まる思いと、いよいよだなという思いが、今は交錯しています。まずはしっかりとキャンプで鍛えて、1年間戦える気持ちと体を作っていきたいと思います」と話した。