日中は強風に注意を 気仙沼でも積雪

2019年02月12日
12日未明にかけて、宮城県内は広い範囲で雪が降り、気仙沼など沿岸部でも積雪となった。 日中は、東部を中心に晴れるが、夕方にかけて強風に注意が必要。 東北地方を通過した低気圧の影響で、県内は、11日夜から12日未明にかけて雪が降り、沿岸部でもまとまった雪となったところがあった。 気仙沼市では、道路や車の上に数cm雪が降り積もり、朝から雪かきに追われる人の姿がみられた。 また、12日朝の最低気温は、登米市米山で氷点下7.2度、気仙沼で氷点下4.5度など、北部を中心に冷え込みが厳しくなった。 日中は東部を中心に晴れるが、夕方にかけて、西よりの風がやや強く、強風に注意が必要。 予想最高気温は、仙台で5度、石巻で4度など、11日と同じか低く、厳しい寒さが続く見込み。