電力自由化 東北電力、新プランの料金発表 電話申し込み開始

2016年01月15日
東北電力は、4月からの電力自由化にあわせて導入する新プランの料金を発表した。プランの導入は4月からだが、電話での申し込みは、15日に始まった。 東北電力の石森令一常務は「全国展開も表明している事業者もいる。危機感を持って、いろんな準備をしているところ」と述べた。 東北電力は、ライフスタイルにあわせた3つの新料金プランを発表した。 1つ目は、「シーズン&タイム」というプラン。 エアコンなどのヒートポンプ機器を使う、オール電化住宅が対象となっている。 季節ごとに電力使用ピーク時を決め、その部分の料金を高めに設定する代わりに、それ以外の時間を安くしている。 このモデルケースでは、およそ2万円、得になる。 2つ目は、安い夜間時間帯を、これまでの最大10時間から12時間に拡大する。 3つ目は、週末にまとめて家事を行いたい人向けに、夜間・休日料金を安くしたプランも用意している。 これらのプランの導入は4月からだが、電話での申し込みは、15日から始まっている。