ケロポンズ ファミリーコンサート 山形公演&盛岡公演
【山形】6月29日(土)①11:40開演②14:40開演 【盛岡】6月30日(日)①11:40開演②14:40開演 ※開場は各40分前
ドライビング・ミス・デイジー
(1)2019年7月17日(水) 開場18:00 開演18:30 (2)2019年7月18日(木) 開場14:30 開演15:00
純烈コンサート in 仙台
2019年7月21日(日)《追加公演》開場17:30/開演18:00 【完売御礼】 開場13:00/開演13:30

カリギュラ
【開催日時】2019年
12月13日(金) 開演18:30
12月14日(土) 開演12:30
12月14日(土) 開演17:30
12月15日(日) 開演12:30
 
先行予約・プレイガイド情報は決まり次第お知らせいたします。

基本概要

この作品の衝撃は、観た者に何をもたらすのか。
傑作戯曲、夢の初タッグで上演決定!
■作:アルベール・カミュ ■翻訳:岩切正一郎 ■演出:栗山民也
■出演
菅田将暉 高杉真宙 谷田 歩 橋本 淳 秋山菜津子

原康 義 石田圭祐 世古陽丸 櫻井章喜 俵 和也 野坂 弘 坂川慶成
石井 淳 石井英明 稲葉俊一 川澄透子 小谷真一 小比類巻諒介 西原やすあき
高草量平 原 一登 平野 亙 峰﨑亮介 吉澤恒多

日本演劇界を代表する演出家 栗山民也と、数々の映画賞の主演男優賞に輝き、今年デビュー10周年をむかえ、役者、アーティストとして今最も注目を集める俳優、菅田将暉が初のタッグを組み、“あの戯曲”の上演が決定した。
幾度となく世間に衝撃を与えている、あのアルベール・カミュ作『カリギュラ』だ。
“不条理の哲学”で知られる、20世紀のフランス文学界を代表するアルベール・カミュ自身が、『異邦人』および『シーシュポスの神話』とともに、“不条理三部作”と位置づけた傑作戯曲のひとつ。1980年の映画版では、あまりの過激な内容のため、「カリギュラ効果」という言葉まで生み出した、暴君として知られるローマ帝国第3代皇帝カリギュラを題材にした作品だ。

グロテスク、狂気、悲しみ、欲望、純粋、真理・・・
その刺激的で危険な美しさに満ちた作品が、はたして栗山と菅田の初タッグでどのような世界が描かれるのか・・・。

開催日時
2019年
12月13日(金) 開演18:30
12月14日(土) 開演12:30
12月14日(土) 開演17:30
12月15日(日) 開演12:30
会 場
仙台銀行ホール イズミティ21大ホール
一般販売日
2019年8月17日(土) 10:00
主 催
仙台放送
問合せ
仙台放送 事業部 (平日9:30~17:30) TEL:022-268-2174
共催
(公財)仙台市市民文化事業団
あらすじ
ローマ帝国の若き皇帝カリギュラ(菅田将暉)は、愛し合った妹が急死した日に宮殿から姿を消し、その3日後に戻ってきた。そして、その日を境にそれまで非の打ち所のなかった皇帝は豹変し、貴族平民問わず、何らかの財産を持つものを区別なく殺し、その財産を没収するという驚くべき宣言を出す。
しかし、それはほんの序章でしかなかった。
それから3年後、カリギュラを愛している年上の女性セゾニア、忠臣エリコンを従わせ、繰り返される残虐非道な行為。やがて貴族たちの怒りはカリギュラを殺害することへ向かうが、彼の思想の危険さをいち早く感じていたケレアは、今は時期尚早だと貴族たちをいさめ、その時が来るの待っていた。カリギュラに父を殺された若き詩人、シピオンも彼を殺したいほど憎んでいるが……。
食料庫を閉鎖して飢饉を起こし、公営売春宿の売り上げ回復のため新たに勲章を設け、グロテスクな扮装で神々を冒涜する。
自らの命の危険を知っても、止まることなく、さらに暴走を続けるカリギュラだったが―――。