仙台放送イベントガイド
BACK
【残席わずか!】
中村七之助 特別舞踊公演2019
開催日時
2019年3月3日(日)
(1)開場11:00/開演11:30 (2)開場15:00/開演15:30

会場
電力ホール

 

基本概要

2005年よりスタートした中村屋一門の全国巡業公演。今回は初めて、中村七之助を中心に中村鶴松をはじめとする中村屋の弟子たちが全国各地を巡業します。七之助が名誉館主を務める「かしも明治座」を含む3カ所の芝居小屋と、そのほか各地のホールと、全国12 カ所に伺います。 特に七之助が四役早替わりを勤める「隅田川千種濡事」は本公演のための特別な演出の作品となります。初めて歌舞伎をご覧の方も、お楽しみいただけるような演目をお届けいたします。

一、芸談
   中村屋ヒストリー
出演者:中村七之助、中村鶴松
司会:中村小三郎、澤村國久

二、汐汲
海女(あま) 苅(みる)藻(め) 中村鶴松

三、四世 鶴屋南北 作
     藤間 勘祖 振付
     竹柴徳太朗 補綴
     杵屋五吉郎 作曲

   於染久松色読販より
   「隅田川千種濡事(すみだがわちぐさのぬれごと)」  長唄連中
         中村七之助四役早替りにて
         相勤め申し候

     許嫁 お光
     油屋娘お染 中村七之助
     丁稚 久松
     土手のお六

     猿廻夫婦 長三 中村いてう
     同     お作 澤村國久


芸談(中村屋ヒストリー)
これまでの中村屋の秘蔵映像をご覧に入れながら、七之助・鶴松の二人が懐かしいお話に華を咲かせます。他にも、この機会以外には明かされない内容も盛りだくさん。どうぞご期待下さい。

汐汲(しおくみ)
平安時代に須磨の浦に流された在原行平が海女の姉妹と恋に落ちたという伝説を描いた『松風』の趣向を取り入れた舞踊曲。金烏帽子に恋しい男が身に着けていた長絹をまとい水桶を肩にかけた美しい汐汲の海女の姿で気品に溢れた舞台を鶴松がお届けします。

隅田川千種濡事(すみだがわちぐさのぬれごと)
お染久松の物語を題材にした鶴屋南北作「於染久松色読販」(おそめひさまつうきなのよみうり)の見どころを抜粋し今回の為に新たな演出をした作品です。七之助の四役早変わりは皆様を魅了する事に間違いありません。本公演しかご覧になれない舞台を是非ご堪能下さい。
開催日時
2019年3月3日(日)
(1)開場11:00/開演11:30 (2)開場15:00/開演15:30
会 場
電力ホール
入場料
全席指定 6,500円  
※未就学児のご入場はお断りいたします。
※ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。
※⾞椅⼦でご来場のお客様はお⼿数ですが公演前にキョードー東北までご連絡ください。
一般販売日
2019年1月12日(土) 10:00
プレイガイド
ローソンチケット
 TEL:0570-084-002
 http://l-tike.com
 Lコード:22525
チケットぴあ
 TEL:0570-02-9999
 https://t.pia.jp/
 Pコード:491-453
イープラス
 http://eplus.jp
仙台放送オンラインチケット
 http://www.ox-tv.co.jp/olt/
主 催
仙台放送/サンライズプロモーション東京/キョードー東北
問合せ
キョードー東北(平日11:00~18:00、土曜10:00~17:00)
 TEL:022-217-7788
企画・制作
株式会社ファーンウッド、株式会社ファーンウッド21
製作
松⽵株式会社