アナ・ログ ~アナウンサーリレーエッセイ~

大切な場所

牧 広大
2019/06/10
実家の近くにある定食屋さんです。
主にお腹をすかせた体育会系の学生やサラリーマンが通い、私も学生時代、何度もお世話になりました。そして初めて常連客として何度も通うようになった大切な場所です。

だいたい800円前後でお腹一杯になり、周りのお店と比べるととても良心的な価格です。

味ももちろん美味しく、メニューには男子が好きなものばかりが並んでいます。唐揚げ、チキンカツ、サバ焼き、生姜焼き、豚キムチ、牛筋煮込み…
おすすめはどれかといわれても、どれも美味しいので選べません笑
いつも行くときは毎回何を頼むかバラバラでした。
ただどんなメニューでもはずれがない、あの美味しさを思い出すだけで今にでも行きたくなります。

学生時代、何度か通うと顔も覚えてもらいました。いつもいくと、「おー!いらっしゃい」と明るく声をかけてもらい、近況を報告したり世間話をしたりしながら食べて、どこか自分の家に帰ったような、とてもアットホームな雰囲気を感じていました。

ただ実家に帰る機会が以前より減ってしまっているので、なかなか最近は行けてはいません。あの満腹になる定食と、お店の人と楽しくまた会話できる日を求めて、
お店の方は元気かな。また必ず行きたいと思います。

写真は以前仙臺いろはでもご紹介した「まぐろ屋やまもと」さんの「メバチまぐろ丼」。
このマグロの量がのって980円!
以前ランチで行って、美味しくいただきました。
仙台にも値段が安くておいしい店が多いですね。

続いては梅島アナウンサーです!

最近ヒットしたもの

牧 広大
2019/06/04
月2、3回のジム通いです。
週ではありません、月2、3回です(笑)。
おなか周りのお肉が落ちなくなってきたり顔が以前よりもふっくらしてきたりと気になる部分が多くなってきたこともあり、この春から、定期的に?ジムに行っています。

体を動かすとどこか気持ちもすっきりしますが、最初のトレーニングが終わった次の日は、全身が筋肉痛でバキバキで体が悲鳴を上げました。日頃ゴルフなどで運動をしていたつもりだったんですが...。

ただ徐々に回数をこなしていくにつれ、程よい筋肉痛になり、そこまでの痛みも感じなくなってきました。
何よりうれしいのはウエイトの重さが少しずつ重くなってきていること。それだけ筋肉が微増ながらついていると感じると、またトレーニングをしたいと思ってきます。

ゴリゴリのマッチョを目指しているわけではありませんが、程よい筋肉をつけて、恥ずかしくない体づくりを目指して。
なんとしてもこれ以上太らないように。笑
また趣味のゴルフでも少しでも飛距離が伸びるように。
終わりの見えない挑戦が続きます。笑

写真は(少し前ですが笑)ヒットしたゴルフグッズです。サッカーボールの模様をしたゴルフボール。ゴルフはスコアや飛距離アップも楽しみの一つですが、おしゃれなグッズや服を選ぶのも楽しみのひとつです。

あすからは新しいお題!
トップバッターは高橋さんです。

新元号

牧 広大
2019/05/17
令和になっておよそ2週間が過ぎました。
平成生まれの私にとって、初めて元号が変わる瞬間を体感しましたが、どこか年越しと似たような感覚もあり、わくわくする気持ちと、生まれて育った平成が終わるさみしさを実感していました。

ただ日常生活では大きな変化はありません。
令和になって生活が激変、という方のほうが少ないと思いますが令和になった実感というのもあまり沸かず、平成が終わったという実感も沸かず、というのが正直な気持ちです。
令和に結婚したカップルや令和生まれの赤ちゃんなど、身近にいればまた違うのかもしれませんが、「あ、令和になったなー」と思うことがほとんどないこの頃です。
無理に意識するものではないと思いますが(笑)

ただ元号が変わり、気持ちを新たにと思うこともあると思います。
私も仕事は今まで以上に頑張ろうとか、趣味のゴルフはベストスコア更新を目指そうとか、定期的にジムに通おうとか、自炊のレパートリーを増やそうとか、やりたいことはたくさんあります。
何事も3日坊主にならず、太く長く続けられるように!
平成がそうだったというわけではないと言いたいですが(笑)

続いては梅島アナです!

キュリオス

牧 広大
2019/05/07
超人的な技、異世界を思わすステージ、幻想的な空間、心地よくも興奮させる音楽。
シルク・ドゥ・ソレイユの魅力が詰まった作品の一つです。

勿論人間離れした様々な技を堪能するのも良いですが、ステージに出てくる、飾られている装飾品が本当にきれいです。
全体的にアンティーク調の中で、光が当たると装飾品がきらきら光り、どこか懐かしさも感じながら、近未来も感じるステージとなっています。

キュリオスでは以前使われていた骨董品をリサイクルして使われていて、「それぞれのアクセサリーが歴史を持ち、それぞれが合わさることで新たな意味が生まれる」(キュリオスサイト引用)
ステージを見ていて冒険心をくすぐるのはこのあたりからも影響されると感じます。
その小道具はあわせて426個!シルク史上最多ということで、アクロバティックな演技とともにアクセサリーを見るとなると、とても目が追いつきません。
何回でも見たくなる理由はここにもあります。

異世界を作り出すセットや独創的な衣装、レトロな雰囲気も漂う会場はキュリオスならでは。そのキュリオスも、5月29日までと、すでに一か月を切っています。
日本で見られる最後の公演、ぜひ現実では感じられない世界観を会場で体感してください。

あすからは新しいお題、寺田アナから始まります。
宮城にも多くのお花見スポットがありますが、青葉区錦町公園に咲くさくらが毎年見る桜の一つです。

コヒガンザクラという種類の桜だそうで、ソメイヨシノよりも1週間ほど早く咲くそうです。
(気象予報士の平野さんに教えていただきました 笑)

色も少し濃いピンクで、寒色ばかり見ていた時期から見ると、非常に華やかに見えて、暖かみも感じます。

仙台の街中を歩いていると、毎年春の初めにその桜を一番に見るので寒い冬が終わりを告げ、やっと春が来たと、気分が高揚します。

さくらの数は多くありませんが、買い物途中でもふらっと寄れる場所なので、いち早く春を感じたい方にはぴったりです。

写真は先日山形で食べた御蕎麦。
桜の花がついてくるだけでなく、さくらも練りこんだ蕎麦でもあり、写真映えする春らしい一品でした。

次は寺田アナです!

新年度!

牧 広大
2019/03/28
この春で入社5年目を迎えます。
5年というとひとつ節目の年とも感じます。
もう新人ではないですがまだまだ若手。
勉強不足なことも多々ありますが、徐々に宮城のことについて、知る部分も増えてきた気がします。

先日あのイチロー選手が引退し、試合後、記者会見を開きました。テレビでは一部しか生放送されていませんでしたが、インターネットでは全て放送されていて、便利な世の中になったなあと感じながら記者会見を見ていました。
深夜の会見でしたが、およそ1時間半、イチロー選手らしく、真摯に答えたり、ときにはユーモアを交えたり、一つ一つの言葉を食い入るように聞いていました。
野球好きの方なら、本当に感慨深い時間だったかもしれません。

会見の中のイチロー選手の言葉の中で「成功するからやってみたい、成功できないと思うから行かないという判断基準では後悔を生む」など本当に数多くの言葉が心に響きましたが、「人よりも頑張ることなどできない、自分の限界を少しずつ毎回超えていき、その積み重ねでしか自分自身を超えていけないのではないかと思う」
そんなお話もされていました。
あのイチロー選手が人より努力したとは言えないなんて、その言葉にまず衝撃を受けましたが、何かと人と比べがちなこの世の中で人がどうこうというよりも、自分自身で何ができるのか、会見中、改めて日々の自分に対して考えさせられる言葉でした。

宮城のことについて、4年が経過してもまだまだ知らないことは多々あると思いますし、日々、積み重ねていくことが大事だと改めて感じます。
まわりがどれだけ知っているのではなく、大事なのは自分がどれだけ知ろうとする意欲があるか。
5年目という節目の年度を迎える前に、イチロー選手の会見を通じて、改めて初心に帰り、活力をもらった気がします。

写真は静岡の草薙球場でのOP戦の様子。
楽天イーグルス含め、いよいよあすからレギュラーシーズンが始まります!

続いては佐藤アナです。

好きな音楽

牧 広大
2019/03/22
邦楽洋楽ともに聞きますが、
一番好きなアーティストはだれかと問われると、
中学生の時に好きになった、Mr.Childrenです。
きっかけは忘れましたが笑
小さいころ、カップヌードルのCMで流れていたり、
音楽番組で過去の名曲として紹介されていたり、
14歳の母というドラマで使われていたりと、
よくテレビでミスチルの曲を聞く機会が多くありました。

ミスチルヒット曲と言えば
「Tomorrow never knows」は約276万枚以上の売り上げを記録、
「抱きしめたい」など心が熱くなる珠玉のバラード、
夏に聞きたくなる「君がいた夏」や「Over」など失恋ソング、
「シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~」のようなアップテンポな曲、
どれも名曲ばかりで何度もリピートしていますが、
特に好きな曲は「innocent world」。
まずイントロから自分好みです。
何かわくわくする、そしてどこか懐かしいメロディで、
グッと聞く心を引き寄せます。
高校時代はほぼ毎日聞いていて、大人になった今でもよく聞く一曲です。
ここまで「」の中に書いた曲、
ミスチル好きならお気づきかもしれませんが、
「Mr.Children 1992-1995」というベストアルバムに全て収録されています。
ミスチル初期の名曲がギュッと詰まった一枚で、
私もミスチルが好きになったきっかけの
アルバムの一枚でもあります。

いろいろミスチルが好きと語っていますが、
実は今までライブなど生でミスチルの歌や音を聞いたことがありません笑
行ったらもっとはまりそうです。
宮城でもライブツアーを行っている時期もあるので、
いつの日かいけたらなと思います。


続いては梅島アナです!

東日本大震災8年

牧 広大
2019/03/07
先日、ヘリコプターで上空から沿岸の被災地を取材で見ました。
復興道路と位置付けられている三陸沿岸道路は、小泉海岸I.Cまで開通していて多くの乗用車やトラックが行き交っていました。女川駅周辺でもシーパルピア女川を始め、きれいな建物が多く、綺麗な街がコンパクトに作られていました。
圧巻だったのは仙台市の沿岸から南へずらっと防潮堤が整備されていたこと。地上から見てもおそらくその長さに驚くと思いますが、上空から見てもその防潮堤が永遠と続くかのような光景でした。

南三陸町の防災対策庁舎や石巻市の大川小や門脇小など、現存している震災当時被害にあった建物は数は少ないながらも残っていました。ただ8年の時が過ぎるということもあり、そのまわりはきれいに整備されていたり、盛り土に囲まれていたりと、震災の被害、爪痕というのはほとんど感じられませんでした。

私たちの生活のため、また命を守るために、この8年で多くの場所の風景が変わりました。以前の様子を知らないながらも、寂しさも感じます。
被災地を見たり訪れたりすると、震災前の景色を見てみたかったなと思うこともありますが、いま私たちができることは何なのか、改めて考える機会にもなります。
日々震災を経験していない自分には何ができるのか考えながら、震災でどんなことがあったのか、被災者の思いを伝え続けていくとともに、今後の復興の姿も伝えていければと思います。

続いては西ノ入アナです。

私の「あるある」話

牧 広大
2019/02/18
昔から、私はリップクリームをよくなくします。
乾燥もするこの季節。もともと私は肌が乾燥しがちで、肌の乾燥対策として、ボディクリームやハンドクリームも時折使うことがあるのですが、毎日使っているものと言えばリップクリームです。

朝起きて塗って、食事をした後に塗って、放送のオンエアー前にも塗って、お風呂に入った後も塗って、寝る直前にも塗って、写真のような雪山でも塗って、塗っている回数を数えれば限りがありません。

その欠かせないリップクリームをいつもよくなくしていました。だいたい衣類のポケットやカバンの奥底にあったりするのですが、見つからないこともあるので、なくしてもいいように、普段から何個も使い、いろいろなところにしまっています。
カバンに、筆箱に、机の中に、スーツの内ポケットに、枕元に、洗面所に、家の小物入れに。
例え、1つなくしたとしても、すぐに違う場所でカバーできるように、これでリップクリームがぬれないというストレスは皆無となりました。

なのでいまの「私のあるある」としては、「リップクリームをいろいろなところに置きがち」です。
よくなくすという方にはおススメです。笑

続いては、下山さんです。

宇宙について

牧 広大
2019/02/05
以前ロケで、気仙沼の大島に行きました。
大島では夜、星空の光、気仙沼市内の光、船の光と3つの光が見られると地元のガイドさんも話していました。

写真はそれをスマートフォンで撮影したもの。
特に星空はなかなかきれいに映りませんね。
この10倍、夜空がきれいでした。
この日は天気にも恵まれ、少し雲がかかったところもありましたが、綺麗な夜空を見ることができました。
いつも星空を見ると宇宙の壮大さを感じます。
光が無数に散らばる空は、いつみても、何時間見ていても、飽きません。

この冬の時季は特に星がきれいに見えます。
寒さが勝ってなかなか天体観測をするまでは行きませんが、空を見上げながら帰路に着くのも、いい気分転換になるかもしれませんね。

続いては梅島アナです!