アナ・ログ ~アナウンサーリレーエッセイ~

感謝してます

金澤 聡
2017/11/17
史上最大を超える下剋上はなりませんでした。

2010年、プロ野球の千葉ロッテがリーグ3位から日本一を成し遂げたとき『史上最大の下剋上』 と表現されました。

今シーズン、3位に終わった楽天イーグルスは、パ・リーグを制したソフトバンクホークスとのゲーム差が
「15.5」

これをひっくり返して日本一になれば、『史上最大を超える下剋上』 

クライマックスシリーズファーストステージで、2位の西武ライオンズ相手に2勝1敗で制し、まずは下剋上の第一歩踏み出しに成功。

余勢を駆ってCSファイナルステージも1位のソフトバンク相手に2連勝する最高のスタートを切るも、その後3連敗で、『史上最大を超える下剋上』の夢はついえました。

優勝した2013年以降の3年間はBクラスだった楽天が、今年は3位にまで押し上げ、CSの舞台で戦うことができたことは、感謝しかありません。

今年は夢を見させてくれました。来年は必ずや実現してくれるでしょう。

そういえば、日本一になった2013年の優勝パレードのとき、大勢の人で埋まった沿道から聞こえてきた言葉は、「おめでとう」ではなく 『ありがとう』でした。

来年は感謝のパレードができることを期待します。

写真は、ファイナルステージ第5戦の試合前のヤフオクドームです。

次回は、寺田アナウンサーです。

今年のうちに・・・

金澤 聡
2017/10/31
『急いては事を仕損じる』

今年は、「急かせない」「焦らない」「泰然自若」を目標に過ごそうと心に固く決意したはずでしたが、結果は、惨敗に近い状況です。

何か大きな事が迫ってくると、「焦って」しまう自分がいます。不惑を超えて、もう少しどっしりと構えていられないものかと反省しきりです。
なぜ、「焦る」のか。答えは明快です。
日々の準備です。

と、こんなことを考えながらカピバラを見ていたら全てのことが頭の中から雲散霧消しました。

動物から学ぶ、人生の癒し。
私のメンターは、カピバラだった!
恐るべし、カピバラ。

何かに焦っているせいか、文章が支離滅裂です…。
今年のうちに、もう1回動物園にいかないと!

次回は、梅島アナウンサーです。

憧れの人

金澤 聡
2017/10/18
いつも穏やかで、声を荒げたことなど一度もない。
祖父はそんな人でした。

会いに行くといつも頭を優しくなででくれました。
他愛もない話をニコニコしながら聞いてくれました。

祖父は私が社会人になって数年後に他界しました。
葬式に行けず、別れをきちんと伝えることができなかった後ろめたさもあったのかもしれませんが、葬儀費用の半分を持つことにしました。
それでも足りないと自分では思っていました。
それ程までに祖父の存在が、私の人生に大きく影響しました。

でも、なかなか祖父のような生き方はできないものです。
自己啓発に関することに接してもアンガ―マネジメントのことに触れてみても、小さなことで感情が尖ってしまったり、優しくできなかったり…

体からにじみ出るような優しさ、祖父に憧れます。

さわやかな秋空のもと、自分の子供たちが、祖父に撫でられている姿を想像するこの頃です。


次回は寺田アナウンサーです。

秋の訪れ

金澤 聡
2017/10/06
梨が食卓に出でくると秋の訪れを感じます。

梨田楽天がCSに出てくると秋の実りを期待します。

長かったプロ野球のペナントレースもいよいよ佳境です。
今シーズン楽天は、スタートから圧倒的な打撃力で破竹の勢いを見せました。
開幕から首位をキープし続けますが、8月半ばから
主力にけが人が相次ぐと、6連敗、10連敗と苦しい戦いを強いられました。
獅子の猛追で順位も3位転落へ。
まさに、禍福はあざなえる縄のごとし…
優勝は鷹がさらっていきました。

4年ぶりのリーグ制覇はならなかったものの、CSでの戦いの場は残されています。

仙台での野球観戦もナイターともなるとめっきり涼しくなり野球シーズンもあとわずかと秋の訪れを感じます。

ただ、この時期の空気に触れると、楽天初優勝のことが思い浮かび、心に熱が帯びてきます。

秋の夜空に乾いた打球音が響き、東北がもう一度熱くなる…

梨田楽天、収穫の秋になるように願いを抱きつつ、豊かな甘みと果汁たっぷりの梨をいただく今日この頃。


次回は佐藤アナウンサーです。

マラソン

金澤 聡
2017/09/29
身長175cm、体重69kg。
高校入学時の私の体格です。
とてもとてもスリムでした。

入学した高校は県内屈指の駅伝強豪校。
私自身は駅伝とは全く無縁の一般生徒。
何かの用事があって体育教官室へ。
私を見るなり、陸上部の顧問の先生が、
『長距離には持って来いの体型だな。陸上やっていたのか?』と前のめりぎみで聞いてきます。
「いいえ」
『明日から陸上部の練習に参加してみないかっ!』
「いや、あの、ちょっと…」
矢継ぎ早に、『いい長距離ランナーになるぞ!どうだ!やってみないか!』
「(俺の何を知っているんだろう、何か怖いなぁ…)サッカー部に入部予定なのですいませんっ」
『残念だなあ』と落胆の先生。

いま思うと、なぜ痩身だけであんなに熱心に強豪陸上部へ勧誘されたのかは分かりませんが、
サッカー部に入らずに陸上部に入部していたら、いまごろ
東北・みやぎ復興マラソンの実況ではなく、
優勝狙えるランナーになっていたかも知れません。
それはありませんね、サッカーやりましたが、ユアスタのピッチにも立てませんしね、はい。

秋の復興路を駆け抜けるマラソン。
走り切ったときの爽快感はどんなものなのでしょうか。
42.195kmを完走した方にしか味わえない経験を、
一生に一度は感じてみたいです。
やっぱりあの時の勧誘で、「やりますっ!」って言えば良かったなあ。笑



次回は、佐藤拓雄アナウンサーです。
「もっと食べなさい。これしか食べないの?若いのに」
「このお菓子持っていきなさい!もっと持っていっていいから!」


父方、母方のどちらの祖母からも、会うたびに言われた言葉。
大盛りのご飯を二、三膳食べても、
「おかずをもっと食べたら!お味噌汁もおかわりできるよ」と
孫を相撲部屋に入門させんとばかりに勧めてきます。
いっぱい食べている姿を嬉しそうに見ていたのを思い出します。


帰り際には、
たくさんのお菓子を両手、両脇に抱えて
「これ全部持っていきなさい」と
孫の収容能力をはるかに超える量のお菓子を勧めてきます。
甘納豆や水羊羹など、大人のお茶請けにはもってこいですが
子供にはやや渋めのお菓子を渡してくれました。


おばあさんとのこういうやりとりを経験された方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。
そんな無償の愛情をかけてくれる祖母・祖父の存在って大事だよなぁと
親になった今、とても感じています。



写真は、
高校生のときよく通っていたお店のハンバーグナポリタンです。
当時の味そのままで感動しました。
さすがにお店の人に「もっとおかわりしませんか」とは勧められませんでしたが…笑



次回は、梅島アナウンサーです。

休日の私

金澤 聡
2017/09/04
先日、休日に実家に帰ってきました。
子供たちも夏休みでしたので一緒にカブトムシを見に近くの高原リソート地に行ってきました。

カブトムシやクワガタを飼育している大きな小屋があり
その中で、カブトムシとミヤマクワガタが餌を争って激しく戦っていました。
ミヤマクワガタがカブトムシの足をもぎ取り、縄張り争いを制し餌場を死守。
当然、私たちは大興奮!子供と歓声を上げてしまいました。

ふと小屋の横に目をやると『夏休みの自由研究 昆虫ジオラマ作り 参加募集』というチラシがありました。

カブトムシとクワガタの死闘を目の当たりにし、興奮冷めやらない我々にとっては、そのシーンを再現できる最高のチャンスと思い、即参加しました。

戦いのリングとなる木を選び、土台の土を粘土で固め、少しカラーリングして、緑を添えて出来上がり!
写真が、その闘技場です。
カブトムシはフィギュアです。実物大です。

できあがるのに1時間くらいかかりましたが、時間も忘れるくらい興奮しながら作りました。
あっという間の時間でした。

我々には充実感に満ちた、最高の休日になりました。


次は、高橋アナウンサーです。

私の暑さ対策

金澤 聡
2017/08/18
やっかいな体質です。
クーラーが苦手なのです。
たぶん、というか間違いなく冷え性です。
幼い時から外で遊ぶことが多く、部活動も外だったので
あまりクーラーの風に触れてこなかったのも苦手になった要因かもしれません。
ですから、暑さ対策には、扇風機、うちわ、冷たいシャワーを浴びるといった自然冷却(?)に頼っています。

夏は暑さ対策というよりクーラー対策をとっているかもしれません。鞄の中には羽織る上着を常備していますし、会社にはひざ掛けを置いています。

矛盾しているかもしれませんが、『夏に着込む』のが真夏の対策です。

カブトムシは日中土の中で過ごして、夜から早朝にかけて活動します。私も、クーラーの効いた日中は活動せず、クーラーいらずの夜中と早朝に働く、いわば 『カブトムシタイム』を導入すると効率が上がるのかもしれません(笑)

それは冗談ですが、いずれも体調管理には気を付けたいと思います。


次は牧アナウンサーです。

部活動の思い出

金澤 聡
2017/08/01
中学時代はサッカー部。
顧問の先生は、Jリーグのアルビレックス新潟の前身、『新潟イレブン』に所属していました。
新潟では強豪チームで天皇杯に出場するほどでした。

ある日、家でローカルニュースを見ていると、
部活の顧問の先生がブラウン管に映し出されました。
全国大会に出場を決めた新潟イレブンに
テレビ局が取材に訪れたのです。
インタビューを受けている顧問の先生がアップで出ているのです。
『次の試合の相手は、日産ですけれど、しっかり0点に抑えていきたいと思います』
と答えていました。
テレビに出ているのにも驚きましたが、相手が日産ということにさらに驚きました。
「日産」といえば、現在のJリーグ・横浜Fマリノスの前身チーム。
当時は日本代表を揃える超強豪チーム。
そんな憧れのチームと顧問の先生が対戦するなんて、
なんてすごい人に毎日指導を受けているんだと大興奮。

しかし、結果は…   11-0 の完敗。
それでも、木村、水沼などの名選手と戦った先生を誇らしく思ったのを覚えています。


写真は、今回のテーマと全く違いますが、
先日、プロ野球の名選手で現在は釣り名人?の田尾安志さんが
タラの胃袋とレバーを持ってきてくださり、それを調理したものです。
珍味でしたが最高に美味しかったです。


次回は高橋アナウンサーです。
小学生の遠足のとき、
運動会の時もそうでした、
そして、夏休みのプールに通うときもそうでした、
水筒の中身は決まって、『熱い麦茶』

母親自身、体が弱かったからだと思います。
自分の子供が冷たいものを飲みすぎて
体調を崩してはいけないと配慮してのことだと思います。

最初の頃は、のどの渇きを一気に潤そうと水筒に手を伸ばしガブ飲みしようとした瞬間、
「あっち―――――っ」なんてことがよくありました。
口の中をやけどしそうになった旨を母に伝えても、信念を曲げませんでした。
結局6年間、『熱い麦茶』は続きました。

さすがに中学生になって本格的に部活をやるようになってからは
冷たいスポーツドリンクになりましたが…

いまでも小学生のころの名残があるのか、
真夏の猛暑のときでも、熱いお茶が飲みたくなったり
熱いラーメンが無性に食べたくなったりします。


さて、ある元Jリーガーから聞いた話をひとつ。
某サッカー名門校の夏合宿。
まずは、朝起きてすぐ10kmの山道を走る早朝練習から始まるそうです。
早朝とはいえ真夏の気温は25度以上。
途中で水が飲みたくても水道もない山道のランニング。
どうしてもが渇いた彼は、野草の葉に付いたわずか一滴の朝露を飲んで
渇きをしのいだそうです。

熱いもの冷たいものありますが、いずれにしても熱中症に注意しましょう。


次は梅島アナウンサーです。