アナ・ログ ~アナウンサーリレーエッセイ~

秋ですから

西ノ入 菜月
2020/10/13
先日、秋めいた夕日を激写しました。
なんて綺麗なんでしょう…

さて、私は毎年この時期になると、アナ・ログで、「食欲の秋 !!!!!!」「お腹いっぱい宮城の旬のご飯を食べたい !!!!!」と、食い意地の張った文章を書き綴っているのですが、今年は少し趣向を変えて…
「読書」の秋にしたいと思います。

皆さんは読書しますか?
映画を見ることも好きですが、映像だと物語の世界観がその景色のみに限定されてしまいますよね。でも、本は自分の想像次第でその物語の世界観のイメージを広げられるため、私は昔から小説を読むことが大好きです。本のページをめくるときの音も好きです。笑

社会人になってからも多くの本を読んできました。「読書が好きで~」という話を、同じく読書好きの映像編集さんやメイクさんにしてからはたくさんの本を貸していただくことが多く、ここ1年くらいは休みの日に借りた本を読破して、感想を言い合うのが楽しみになっています。

これまで読んだ小説の中で面白かったなと思う本は数えきれないほどありますが、その中でも印象的だった本があります。

(1)「コンビニ人間」
著:村田沙耶香さん
(2016年 第155回芥川賞受賞作品。内容はもちろん面白いですが著者の情景描写力が半端ないです。)

(2)「噂」
著:萩原浩さん
(2006年 最後の一行に絶句します。夢中になって読みました。面白かったです。)

(3)「友罪」
著:薬丸岳さん
(2013年 涙なしには読めません。映画化もされています)

(4)「愚行録」
著:貫井徳郎さん
(2006年 第135回直木賞候補作品。人間の怖さの境地。映画化もされてます)

(5)「あなたの人生片付けます」
著:垣谷美雨さん
(2013年 気持ちがスカッとします。最後のエピソードは涙が止まりません。)

書店などで見かけたらぜひ手に取ってみてください(*^^)
今年もたくさんの本を読んで、実りの秋にしたいと思います !!

あすは伊藤アナです。

家電あれこれ

西ノ入 菜月
2020/09/16
今日の私のアナ・ログも、実家で飼っている猫ちゃんの写真をお届けします。
本当に美人だなあ~かわいいかわいい。

さあ、本題に戻りましょう。
今日から新しいお題です。「家電あれこれ」。みなさんは最近何か家電は買われましたか?

そんな私は、家電にはめっぽう弱い方でして。急に作動しなくなると、何をどうしたらよいかわからず、電化製品に詳しい父(埼玉在住)に「こういう状況なんだけど助けて」と、わざわざ電話したりします笑

父も、特に全知全能の神ゼウスとかでも何でもないので、いつもその製品のHPを調べてくれて、こうしたらどう?などと、できる限りのアドバイスを口頭で伝えてくれるという形になります。笑
お父さんいつもごめんね笑

そんな状況ですので、家電にはいつも困らされてばかりなのですが…
なんと、まさかのアナウンサーの就職活動でも、家電で困ったことが。

「自分を家電に例えると?」
某局の面接のときに何の脈絡もなく、質問されたのです。
え?今この方、家電って言った? 私と似ている家電? どういうこと? そんな質問で本当に私のパーソナルがわかるの? いや、きっと変な質問をしてどう答えるかの瞬発力を見ているんだ、やられた…

と、ぐるぐるとこんなことを考えながら静かに動揺し、勢いよく答えたのは、
「空気清浄機です !! 空気をきれいにしてくれる機械のように、前に私の両親がクイズ番組の答えが何かで言い争って家の中の空気が少し悪くなってしまった時、なんとか場を和ませようと『この前お父さん、お母さんの料理がおいしいって褒めてたよ !!!』と言ったら二人の喧嘩が終わり、重い空気が無くなったからです !!」。

我ながらよく答えが出たな、と思いましたが、両親の喧嘩事情まで教えてしまったことに関しては、少し後ろめたくなりました。お父さん、お母さん、ごめんね 笑

皆さんは、自分を家電に例えるとどんなものが当てはまりますか?
あすは寺田アナです。

行きたい場所

西ノ入 菜月
2020/09/03
行きたい場所…ありすぎて書ききれません !!!

祖父母が住んでいる北海道や新潟、私の大好物もつ鍋の聖地福岡、去年から目論んでいる全国の野球場巡り、海外などなど…
どれも、新型コロナウイルスという見えない敵によって阻まれてしまいました。どこにウイルスが潜んでいるかわからないため、県外へは一切行かないようにしています。もちろん、埼玉の実家にもしばらく帰れていません…。
どうして私たちはこんなに我慢しなくてはならないのでしょう。悔しいですよね。
一刻も早くコロナが収束してほしいと願うばかりです。

さて、宮城県に遊びに行きたいと思っている皆さんにぜひ見ていただきたいものがあります。みなさんの思いを背負い、「仙台うみの杜水族館」のツメナシカワウソちゃんに会いに行ってきました!
(単に私がカワウソちゃんに会いたかっただけ…)
キュートで元気いっぱいでしたよ!

仙台放送アナウンサー公式YouTubeチャンネル、「仙台放送アナウンサーch. 」にて、ご覧くださいませ!

あすは金澤アナです。

ふるさと

西ノ入 菜月
2020/08/28
私は埼玉県出身です。

宮城出身の方に「私は埼玉出身です。」というと、大半の方は、大宮や浦和などの、比較的埼玉の中でも栄えている地域を思い浮かべる方が多いことから、「都会っ子ね」と言ってくださることが多いのですが…

全然違うんです…。

私の出身は「坂戸市(さかどし)」という所で、川越市の近くの山寄りにある場所のため、都会と言える条件であるビルはありませんし、飲み屋街もありません。場所によっては、見渡す限りの田んぼと畑が広がっている場所です。
その穏やかな故郷が私は本当に大好きで、実家に帰ってゆっくりすることが、社会人になってからの趣味の一つでもあります。

その故郷では、小さいころ友達と近所で遊ぶと言ったら、ザリガニ釣りだったり、小学校の校庭で50m走をしたりと、自然を相手にしたり、限られた場所で遊ぶようなことばかりしていました。笑
ちなみに、この時に短距離走を極めすぎたのか、運動が得意だった全盛期の高校時代に50m走を7.5秒で走り、陸上部の友達にも勝ってしまった経験があります。

そんな、埼玉と言えど自然豊かな場所で育ったため、仙台放送のアナウンサー採用試験で初めて仙台駅に降り立った時は、あまりの都会指数の高さに衝撃を受けたことを覚えています。「高いビルがある…」と。
今では仙台での暮らしも慣れましたが、埼玉の実家に帰ってから仙台に戻るときは、未だに仙台駅前のビルの高さに一瞬驚きます。

ただ、今はこのご時世ですので、なかなか実家に帰れていません。冒頭の写真の、実家で飼っているルナにも会えていません…忘れられている可能性もあるため、写真のように冷たい視線を向けられるかもしれません。涙

あすは伊藤アナです。

この夏は・・・

西ノ入 菜月
2020/08/03
先日、仙台放送内に突如現れた「仙台放送戦隊!Live News it レンジャー」!
右から、黄レンジャー寺田アナ、青レンジャー牧アナ、赤レンジャー西ノ入、緑レンジャー高橋アナ、ピンクレンジャー平野気象予報士!
(衣装の色味が戦隊ヒーローのようで大盛り上がり笑 私は赤だったため、僭越ながら真ん中に失礼いたしました!)
宮城県のみなさんの「今、それが知りたい!」という気持ちに応えるべく、レンジャー一同、これからも県内ニュースをお伝えしていきます!とりゃー!

…さて、赤レンジャー西ノ入、この夏は重い腰を上げて、やりたいと思っていたことをやるぞ…!と、意気込んで、先日急遽替えてきました。
そう、iPhoneをね。(コマーシャルのあの言い方で)

最近の私はというと、ソファーを買い替えたり、家のネット環境を整えたりと、身の回りの物が続々と変化している状態です。しかし、「スマホも買い替えなきゃな~」と思っているうちにあれよあれよと時間が過ぎ、なかなか重い腰が上がらず替えられていませんでした。
ということで替えてきたわけですが…。
なんと、手続きにかかった時間は、驚異の”6時間”。とんでもない記録を叩き出してしまいました。

これまで使用して積もり積もった容量が規定のギガ数をひっ迫しており、データ移行に必要なバックアップが全く取れていなかったこと。私が機械音痴ということもあり、まあ説明に時間がかかること。これらの理由から、新しい端末に移行する作業を一から行ったことで、閉店時間ギリギリのこんな時間がかかってしまったのです。
とにかく私のiPhoneがとんでもない状況だったため、バックアップやデータ移行がすんなりと行かず、何度も失敗。最終的に、それぞれの分野のショップ内のラスボス的な方が登場し、代わる代わる対応してくださる総力戦に…。

結果、ショップ店員のみなさんのお陰で、すべてが解決し、現在快適にiPhoneが使えています。
こんな状態の携帯を諦めずに救出して下さった店員さんたち全員が、まさしく本物のヒーローですよね…。本当にありがとうございました!
この夏をすっきりした気持ちで乗り越えられそうです(^^*)

お次は金澤アナです。

リモート○○

西ノ入 菜月
2020/07/14
緊急事態宣言が全国に発令されていた時期、あまりにも実家に帰れていなかったので、「リモート帰省」しました。

近況報告を含め、母とひとしきり弾丸トークをしたあと、実家で飼っている猫のルナともお話をしました。笑
その際の写真がこちら。久しぶりのご対面です。私の顔のデレデレ具合にも注目です。笑

「ルナ―」と名前を呼ぶと、「え!?あの人の声だ!どこにいるの?」というような感じでキョロキョロと辺りを見渡して私を探してくれました・・・。(多分)

画面越しでもルナのモフモフ具合が伝わってきて、より一層実家に帰ってルナをナデナデしたくなってしまいました・・・。

皆さんはリモートでどんな方に会い、どんな場所へ行きましたか?

あすは佐藤部長です!

涙のお話

西ノ入 菜月
2020/07/08
最近一番泣いたのは、少女たちが韓国のアイドルグループの一員になってデビューを目指す某特集。先日デビューメンバーが発表されまして、みんなここまで本当によく頑張ったね…と、もはや親のような気持になって泣いていました。西ノ入です。 

私は涙もろい方ですが、ここ最近はその涙もろさに拍車がかかり、ひたむきに努力する姿や、家族愛溢れる場面を見ると、制御できずに涙がこぼれることが多くなりました。
日々、ニュースをお伝えする中でも感動する場面は多くあります。

ただ、これまで私が特に胸を打つ場面が多かったのは、スポーツでした。
「スポルたん」というスポーツ番組を担当するようになってから、胸を打ち、目頭が熱くなるシーンにより多く出会うようになりました。生放送前のVTRチェックでメイク直しが必要なほど感動して泣いたこともあります。

チームがより良い成績を残すため、個人種目で自分の限界へ挑戦するため、雨の日も風の日もその競技のことを考えて努力し、結果と向き合う。そこには血の滲むような努力と、支えてくれる周囲の方への感謝の気持ちがあふれていて、本当に一つのドラマを見ているような気持になります。

今後もそんな素敵な場面に多く出会い、目標に向かって懸命に努力を続けるアスリートをお伝えしてまいります。

写真は、去年ユアテックスタジアムで撮影したベガルタ仙台の試合の様子。今年はJリーグも異例のシーズンとなりましたが、今月4日、ついにJ1リーグが再開!
そして、いよいよ今日(7月8日)、ホームのユアスタでの試合が行われます!この日を待ちわびました…。
ただ、今日も無観客での試合開催で、報道陣も現場にはなかなか行けない状況が続いています。去年の写真を見ると会場に行ったような気持ちになれますね~。

ちなみに、試合前にベガルタサポーターの皆さんが大きな声で歌うカントリーロードを聞くと、いつも涙がこぼれそうになります。本当に気持ちが高ぶりますよね。
今日の試合も勝利をつかみ取れますように!ともに応援しましょう!

お次の「涙のお話」は堤アナです。

不思議な話

西ノ入 菜月
2020/06/22
去年の6月23日の明け方、何となく寝付けなくてベッドで横になりながらウトウトしていたら、ベットの下を猫が通る気配がしました。

実家では猫を飼っていますが、仙台の一人暮らしの家では猫は飼ってはいません。ですが、特に怖いとは思わず、「あれー、なんだろうこの猫ちゃんは~」くらいに、寝ぼけながら思っていました。
すると、今度はその猫がベッドの上に乗ってきて、私の身体の上を歩いたんです。「重っ!!」と声に出してしまいたくなるくらい、ちゃんと重さも伝わってきたのを覚えています。そして、私のお腹の横で丸くなってスヤスヤ寝始めたので、ひとしきりその子をナデナデしたところで私も熟睡してしまったのか記憶がありません。

朝起きて、あれ、なんだか昨日猫がいた気がするけど夢だったのかなと、ふと思い出しました。その時、ちょうどその日が、昔実家で飼っていた猫の命日だと気づいたんです。今考えると、重さもちょうどその子くらいでした。

私が中学生の時にお別れした子なのですが、今も仙台の家にその子の写真を飾っているので、もしかしたら会いに来てくれたのかもしれません。
不思議な話ですが、なんだかすごく嬉しくて、うれし涙を流したのを覚えています。

その日から明日で一年。明日も来てくれないかな!

写真は昔飼っていたその猫ちゃんです。身体が本当に美しい白い毛で覆われていたので、「小雪」と呼んでいました。

お次は堤アナです。

歯の話

西ノ入 菜月
2020/06/09
来月で1歳になる姪っ子の、歯が生えてきたときの悶絶級の可愛い写真です。疲れたときはこの写真を見て癒されています。西ノ入です。

さて、社会人になって一番変わったことは、何の症状が無くても定期的に歯医者に通って、歯の状態を診てもらうようになったということです。これまでは、主に虫歯の治療や、親知らずを抜く時などのために行っていました。
しかし、何かの雑誌で、歯医者で定期的に歯を診てもらっている人とそうでない人とでは、老後に残っている歯の本数が天と地の差という記事を見て、背中がサッと冷たくなり、通うことにしました。笑
やはり、何歳になっても、自分の歯でしっかりとご飯を食べていたいですもんね。

ちなみに、私は入社直前に親知らずを抜いたのですが、皆さんも抜きましたか?私は上下2本ずつの計4本抜いてもらいました。
抜いたことのある方はわかると思いますが、抜歯って本当に大変でしたよね?笑
歯の生えている向き、骨の形によってはスルンッと抜ける方もいるみたいですが、私の場合は歯が横に生えていて、且つ複雑な状態だったので、歯を分解してから取り出さなくてはならず、そりゃあもう大変でした。

しかも、よりによってとてもかっこいい先生が私の抜歯を担当することになりまして、(笑)抜歯がもう痛すぎて辛すぎて、悶え苦しむ姿ばかりお見せしたのが恥ずかしかったのを覚えています…。笑

さらに辛かったのは抜歯後の腫れ。例えるなら、ありったけのヒマワリの種を口に含んでいるハムスターかのような、マンガに出てきそうな腫れ方をしていました笑…。

そんなこともありましたが、今ではより歯を大切にしていこうという気持ちになっています。これからも定期的に歯医者に通っていきたいと思います。

あすは、最近報道取材もバリバリこなしている、堤アナです !!

図書館にまつわる話

西ノ入 菜月
2020/05/22
昨日の佐藤部長からバトンを受けまして、今日は「カワウソLOVER」の西ノ入がアナ・ログを担当します!

「カワウソLOVER?」と思った方!
実は私、カワウソが大好きでして、仙台放送公式Youtubeにて「集え!カワウソLOVERS」という題材で、終始写真のような表情でカワウソ愛について語っております。笑

私が頬ずりしているのは、先輩の寺田アナからプレゼントしていただいたカワウソのポーチ兼ぬいぐるみです!!リアルな作りですが、モチモチとした感触で、癒されます・・・
寺田アナ、ありがとうございます(*^^)

本当にやることがなくてお時間を持て余してしまった方は、良ければぜひ動画をご覧ください笑

さて!本題に参ります。私も図書館大好きです。
静かで、目的が様々な来館者も、それぞれ真剣に本や新聞を読んでいる方ばかりで落ち着きますよね。
みなさんはどんな時に図書館を利用しますか?

私が人生で一番図書館を利用したのは、高校受験前の中学時代です。

塾に通っていなかった自分にとって、図書館は学校以外で集中して勉強ができる、とてもありがたい場所でした。

実家近くの図書館には学習室というものがあり、どの年代の方も無料で勉強ができる部屋がありました。
予定の無い休日や放課後には、必ずと言って良いほど通って勉強をしていたことを思い出します。

ただ、朝の開館前でも、学習室を利用する順番待ちの人ですでに長蛇の列になってしまうので、とにかく早めに行って整理券をもらっていました。

良い席は早くに埋まっていってしまうので、なるべく早く列に並べるように頑張ってました。懐かしいなあ・・・笑

母は、私の勉強に関することには特に協力的で、車で10分ほどの図書館まで毎回送ってくれて、朝から図書館で勉強するときはお弁当まで作って応援してくれました。

そのお弁当には、「午後もfight!」、「応援してるよ!」などのメッセージを書いたメモをよく入れてくれていて、とても嬉しかったのを覚えています。
お母さんありがとう(*^^)

あすは、先日も「翔んで埼玉」話で盛り上がりました、私と同じ埼玉出身の伊藤瞳アナウンサーです!