アナ・ログ ~アナウンサーリレーエッセイ~

受験あれこれ

2019/01/24
大学入試センター試験も終わり、受験シーズン本格突入ですね。
我が家は、今年、4年連続で受験生を抱えています。
【写真】は、その受験生本人の長女に頼み込んで、渋々撮ってきてもらいました。

さて、若い皆さんはご存じないかもしれませんが、このセンター試験が始まる以前は、「共通一次試験」という、国公立大学の、似たような試験がありました。
私は、この共通一次「最終回」を受験しています。平成元年のことです。

恥ずかしながら、「事情」により(苦笑)、現役生の弟と同じ共通一次を受ける羽目になってしまった私。
しかも、試験場は、弟と同会場、同教室でした。
席順が五十音順で、私の席から一列左の前方に、弟の後ろ姿が見えるというシチュエーション。正直、弟の事が気になって仕方ありませんでした。
何かの科目の終わりには、解答用紙が回収されたあと、弟が試験監督の人に何やら話しかけているのが見え、「何かやらかしたのか?」と気が気でなくなったり。
かと言って、自分の試験に集中できないほど「弟思い」なわけでもなく、試験には淡々と集中したので、目標点に少し足りない結果になったのは、単に私の実力の問題です。

弟が何を試験監督に話していたのか、後で聞いてみると、「受験番号を書き忘れたかもしれない」ということだったと記憶しています。
実際に書き忘れていたかは知りませんが、弟の共通一次の成績は芳しくなかったようです。
ただ、弟は、その共通一次の後、恐ろしいほど猛勉強をして、私立の合格を勝ち取りました。浪人の私は、もうこの時期は、体調を崩さないようにとか、そんな感じで、勉強のペースは落としていましたが、現役生はこれがあるんですよね。

だから、特に現役生の皆さん(我が家の受験生含む)には、最後まで粘れ!と言いたいです。

いずれにせよ、高校受験は15の試練、大学受験はハタチ前の試練。受験は試練です。
同時に、受験生の親も試練です。

しかし、高校も大学も、そして就職も、勝負は入った後。どこに入るか、はもちろん重要ですが、そこで何をするかがもっと重要です。
・・・と今は言えますが、受験生当時は、入れるか入れないか、それしか見えないですもんね・・・

とにかく、受験生諸君、諦めるなよ!

明日は、飯田アナウンサーの受験あれこれです。

受験あれこれ

2019/01/23
受験シーズン到来ですが、体調管理に尽きるのではないでしょうか。

その昔、私も受験に向けて体調管理に慎重でした。予防接種をうけて、手洗いうがいをきちんとして自己管理はしていたつもりでしたが、インフルエンザに罹患して寝込んだ後に試験日を迎えるという最悪な事態を2度も経験しています。
1度目は相当動揺しましたが2度目は達観した感じでした。これが自分の定め、運のなさなのだろうと、格好良くいえば泰然自若。簡単に言えば、開き直りというか、あきらめの境地でした。

いまでも大事なイベントがあるとどこか体調を崩しがちです。「病は気から」の具現者といってもいいかもしれません。

弱音は誰にも吐きませんでしたが、「病は気から」のよき理解者の母親は、受験や試験が近づくと、あたたかい紅茶をよく出してくれました。
そんな気遣いにも応えられず、風邪などをひく自分が何とも残念ないきものに思えてなりません。

物事の全てにおいて、健康第一です。
この冬は紅茶をがぶ飲みしています(笑)

次回は、佐藤アナウンサーです。

受験あれこれ

2019/01/22
平成最後のセンター試験が行われましたね。

受験生の皆さん、ひとまずは大変お疲れ様でした !!
これまでの自分の頑張りを出し切れましたでしょうか。

私が大学受験をした時もそうでしたが、おそらくそれまで生きてきた中で一番緊張する場面だったのではないでしょうか。

そういう大事な時に限って、人はびっくりする間違いをしたりしますよね...。

これは実体験なのですが、(笑)

大学の推薦入試で「指定された科目のみ辞書の持ち込み可」と書いてあったので、小論文用のだなと思い、なぜか「紙の」国語辞典を持って行ったんです。


いまどき電子辞書じゃなくて紙の辞書を試験に持ち込む発想が咄嗟に出るなんて、明治か昭和の生まれかと自分でもツッコミたくなるのですが、なぜか強く思い込んでしまい、そのまま会場へ。

机の予定の紙をよく見ると、小論文の試験の下に「英文翻訳の試験(辞書可)」という初耳の内容が...

受験者全員に予告されていなかったので、みんなそれなりに静かに慌てていたと思うのですが、誰よりも激しく慌てていたのは間違いなく私でしょう。だって国語の辞典しか持ってきてないんですから、しかも紙の...

翻訳の試験に関係ないものは机の上に置いてはいけないというルールに基づき、国語辞典はもちろん鞄の中へ。みんなが電子辞書を机に出している中、私はシャーペンと消しゴムのみで試験に臨むことに。

きっと周りの人たちは、辞書を机に出さずに臨むなんてどれだけ自分に自信があるのかと思ったことでしょう。

終始電子辞書を持ってこなかった自分を呪いながらも、自分の記憶のみを頼りに問題を解いていき、なんとか提出しました。

結果は、、、なんと合格。笑
信じられませんでしたが、本当に安心しました。

そんな失敗もありながらも、なんとか受験を乗り越え、今に至ります。
みなさんも私みたいな失敗をされませんように、、、笑

今後も試験のある皆さん、この写真の柴犬ちゃんたち(そら君、ひなた君、あおい君)の可愛さに癒されながら頑張ってください(^^*)

明日は金澤アナです!

受験あれこれ

2019/01/21
私の初めての受験は、幼稚園受験でした。
自分自身は全く記憶にありませんが、受験の面接では、質問に答えることなく、ずっと泣いてしまったと聞きました。
受験というと、今後の人生を左右するかもしれない、人生の一大イベントのひとつ。そんな大事な時に泣きわめく息子。絶対に落ちたと両親も思っていたそうですが、まさかの合格。なぜ落ちなかったのかと両親も未だにわからないそうです。

今までの受験を思い返すと、高校に入学する際も、大学へ進学する試験のときも、大学を卒業する際の試験も、今の会社の入社試験の時も、この試験うまくいったなという試験は一度もありませんでした。

私自身、本番には弱いタイプ?笑 かもしれませんが、たとえ失敗しても、結果を知るまでは、どん底に落ちるような暗い気持ちにはならなくなりました。
本番で失敗しないことが一番だと感じますが笑

写真は12月に行ったハワイのダイヤモンドヘッドの上から見た日の出です。
朝陽を浴びると、どこかパワーがもらえる気がします。
受験シーズンを迎えるみなさんも力を出し切れるよう、頑張ってください。

続いては西ノ入さんです。

受験あれこれ

2019/01/18
きょうから新しいお題です!

明日から大学入試センター試験もはじまるということで、受験にまつわるお話をお届けしていきます。

受験といえば、私は大学入試を思い浮かべます。
中々行きたい大学が定まらず、またギリギリまでクラシックバレエに打ち込んでいたこともあり、本格的に受験勉強を始めたのは高校3年生の6月でした。

そこからは、毎日のように塾に行き、友人と一緒に自習室にこもりました。

当時は山形県に住んでいたので、試験をうけるために母と東京へ向かい、ホテルに泊まっていたのですが、試験とはいえ、東京で過ごせることを楽しんでいました。

結局、第1志望と第2志望に落ちてしまい、第3志望だった白百合女子大学へ進学しました。
できることはやったと思っているので、悔いはないですし、白百合女子大学で楽しい日々を過ごすことができました。

何か目標にむかって、がむしゃらに努力する経験ができたのは、幸せであったと感じます。

受験生のみなさんがこれまで積み重ねてきた努力が実ることを、心から祈っています!
くれぐれも体調管理は、気を付けて下さいね!

写真は先日、函館に旅行に行った時の、函館山からの夜景です。

続いては牧アナウンサーです!