アナ・ログ ~アナウンサーリレーエッセイ~

真冬と言えば

2018/02/16
真冬と言えば、我が家ではベランダの手すりが積雪量の「観測ポイント」です。
今週初めの大雪は、写真の通り。

こんな真冬の日は、どこへも出かけず、家で過ごすのが一番。

だから、ということでもないのですが、この冬、小学2年の次男と一緒に、「ハリー・ポッター」の映画、シリーズ全7作8本を、ビデオで全部見ました。
私は、以前に本を全巻読み、映画もすべて見て、という大のハリー・ポッター好きですが、ここへ来て次男が急に興味を示したのです。
去年テレビで放送されたのをちらっと見たことや、お友だちがUSJで杖を買ってもらっただとか、いろいろ興味を持つきっかけがあったようですが、それならと休みのたびに二人で少しずつ見てきました。

映画は、原作に実に忠実に作られていて素晴らしい出来ですが、それでも、原作を知らないと「???」となりそうな箇所がいくつかあったりするので、そういうところを次男にちょっと「解説」してあげたり、謎を残したまま先に進むと「どういうこと?どういうこと?」と気になって仕方ない様子なので、「それはもう少し進めばわかるから」と諭したり、「呪文」が聞き取れなかったりするのを後で教えてあげたり、一人で見るのとは違う楽しい時間でした。

反対に、ちょっと分かりにくいのかな?と思うような場面でも、内容をしっかり理解して次の展開に向かう準備ができていたり、あくまでもこれは「お話」の世界だと割り切っていたり、物語を楽しむ力もかなりついてきているのが垣間見えることもあり、成長を感じました。

そんなわけで、もともと大好きな「ハリー・ポッター」が今まで以上に大切な作品になった、この冬でした。

次は、稲垣アナウンサーの「真冬と言えば」?

真冬と言えば

2018/02/15
真冬と言えば、「雪」です。

『国境の長いトンネルを抜けると雪国であった』(※「雪国」 川端康成)の舞台で
過ごした私にとって、真冬と言えば、『雪』です。
雪国生活から離れて、もう27年が経ちますが、
それでも『雪』です。

冬休みは、大晦日だろうが正月だろうが関係なく
ほぼ毎日スキー場に通っていました。
リフト券は毎年シーズン券を購入。
部活は、夏はサッカー部、冬季はノルディックスキー部に所属。
アルペンスキーとノルディックスキーを使い分け、
シーズン中は専ら雪上にいたわけです。


仙台に来てからの5年間は、
夜勤の前にスキー場、早朝勤務の後はナイタースキー、
休日はスキー場と、相当アクティブな冬を過ごしていました。

仙台に来てから23年目の今は、
真冬は、専ら『こたつにみかん』です。

誰か、「私をスキーに連れてって!」
確かこんな映画が、私が高校生ぐらいの時に流行ったような…



次回は、佐藤アナウンサーです。

真冬と言えば

2018/02/14
きょうから新しいお題がスタートです。

真冬と言えば東京では前までは気温が10度ないと寒いと思っていましたが、こちらにきてから5度あれば暖かいと思えるようになりました。
宮城に住んでから寒さに関してのハードルがだいぶ低くなった気がします。

今年は最強寒波が到来と言われるほど気温が冷え込む日々が続いていましたが、真冬となるとやはり温かいものが体に沁みます。
この冬だけでお鍋を家で何回つくっていることか。
どこか外食する際も、そばやラーメンなど温かいものばかり食べている気がします。

写真はとある人気店の鶏塩ベースのラーメン。
以前、平日のお昼開店30分ほど前に行ったのですがすでに駐車場はほぼ満車状態。
運よくすぐに入ることはできましたが、開店した後は行列が絶えませんでした。
寒い日にもこのスープが体に沁みて並んででも食べたくなる一杯です。


次は金澤アナウンサーです!