アナ・ログ ~アナウンサーリレーエッセイ~

大切な場所

梅島 三環子
2019/06/11
大切な場所といっても、いろいろあると思いますが、私は、その時々の落ち着く場所をお知らせします。

子供のころの大切な場所は、カーテンの中でした。嫌なことがあると、カーテンにくるまって出てこない。そんな子供でした。子供部屋に行くと出てくるタイミングを失うので、ちょうどいい私だけの隠れポイント。当時の大切な場所です。

もう少し、大きくなると行動範囲も広がり学習塾が私の落ち着く場所になりました。塾が落ち着くなんて、少し変な話かもしれませんが(笑)
本当に、なんとも居心地がよかったのを覚えています。
当時は、携帯はもちろん遊ぶものはないので、自分だけの世界に没頭。ひどく遅く帰り、ひどく怒られ、また戻ってやろうか…と真剣に考えた時もあったものです。

そして、もっと行動範囲が広がると水辺が好きな人になりました。高校生くらいから、いまもずっとです。
川も海も、見ていると非常に落ち着きます。特に夜の海が好きなのですが、なかなか怖くて行けません。ですから、旅行先で海の音を聞きながら、ベランダで寝るのは至福の時。大切な場所で過ごす時間は、元気を復活させるための大切なひと時でもあります。

写真は、落ち着くなじみの居酒屋さんでよく頼む一品。なじみの味も落ち着きます。

明日は、金澤さんの大切な場所です。

最近ヒットしたもの

梅島 三環子
2019/05/23
今年の母の日、息子から絵をもらいました。
毎年、顔っぽいものを書いてくれるのですが、今年はなんと画用紙いっぱいにドラえもんが!

どうした息子よ。
お前に母はどう見えているのか…。
それとも、プレゼントという概念が抜け落ちたのか。
これでは、ただのいつものお絵かきではないか。

いろいろと思いを巡らせられる予期せぬ作品ではありましたが母にはヒットした作品となりました。

他に、ヒットしたものといえば鈴木雅之さんのニューアルバム。これは、実にいい。暇さえあれば聞いています。
歌えることはもちろん!コンサートにも行ったので、踊りも踊れるようになりましたよ。披露してほしいというニーズはどこからも受けていませんが。

まだ…ね(笑)。

写真は、最近ではありませんが久々にヒットしたスイーツ!気仙沼で食べた、イチゴババロアです。

明日は、下山君です。

新元号

梅島 三環子
2019/05/20
平成から令和へ。元号が変わるタイミングで陶芸に初挑戦。令和という文字を大きく記した平皿を作ってみました。
取材です。

また平成に企画され、令和で商品化される塩釜の海保カレーというものを食べてみました。写真の巡視船の中で食べられているという絶品カレー。
これも取材です。

また令和に入ってからは、これまた塩釜で江戸時代後期・弘化2年創業老舗の味噌・醤油店で、味噌ジェラートを食べてきました。
GW期間中の取材です。

新元号・令和でも、たくさん実りある取材ができますように(笑)。

プライベートでは、平成最後の夜に平成で一番通ったであろう居酒屋さんに家族で行きました。
頼むもの頼むもの、ほとんど息子にとられ平成に生まれた息子の成長を感じた瞬間でした。

令和は、どんな時代にしましょうか。
皆が、たくさん笑うことができる時代にしたいものです。

このお題も、明日でラスト。
さくらちゃんです。

キュリオス

梅島 三環子
2019/04/24
見てきましたキュリオス!
毎回絶対に期待を裏切らない、超人的な演舞に感動しながらも、おもちゃ箱をひっくり返したかのようなかわいらしくて賑やかな演出に2時間ちょっとくぎ付けで見ていました。

今回は、透明…という演出を使った非常にユニークな演目もあり、毎回公演ごとに違った楽しみを見せてくれるなと感動します。

シルクの公演を見るのは、2007年にドラリオンでデビューしてから5作品目になります。初めて見た時の感動は今でも鮮明に覚えていますが、毎回好きな演目というものがあるのでその記憶も忘れられません。

私が今回惚れた演目は、アクロネットです。非常に簡単に言えば、たくさんの人が一つのトランポリンを使って
いろいろアクロバティックな技を見せるというものです。
たぶん、見ているこちらのほうがハラハラしているのではないかと思うほど、いとも簡単そうに複雑で緻密な動きが披露されます。

ただ、シルクの面白いところはみんなで見ても、みんなが感動するところも面白いと思うところも微妙に違うというところ。
行ける!という方は、是非自分だけのお気に入りポイント見つけてみてください。

明日は、堤君です。

わたしのおすすめお花見スポット

梅島 三環子
2019/04/15
今年も、サクラの季節になりました。
見ているだけで、ワクワクした気持ちになる時はやっぱり日本人なんだなぁと実感する時でもあります。
ただ、どうしても混雑が苦手な私は有名どころで休日にお花見!ということができません。
どこかで、ちらっと見るサクラで楽しむくらいです。
ですから、お恥ずかしながらこれと言ってお勧めできるようなスポットもありません…。

いつもですと、通勤の途中にとても綺麗な桜並木があったのでわざわざその下を通って春を満喫していたのですが、見事なまでに伐採されてしまったので、最近はそうも出来なくなりました。
意識的に、見に行かないといけません。

ただ、東北の花見はまだまだ寒さを感じる時も多くあります。
なかなか、夜桜とビール…という感じにはなりません。
夜桜見物で、冷え切った宴会チームが国分町に駆け込む、という光景もよく目にします。
東北の花見あるあるといったところでしょうかね(笑)。
ただ、サクラの季節は短いですから、体を張ってやっておくというのも悪くないかもしれません。

写真は、旅先での一枚。
サクラのような可憐さはありませんが、夏の花には、勢いがありますね。

明日は、金澤さんです。

新年度!

梅島 三環子
2019/04/03
今年も新年度がスタートしました。
とは言え、私の生活はあまり変わりません。
このくだり…去年の同じテーマでも書いていました。
社会人になると、そんなものかもしれませんね。

ただ、なんとなく慌ただしく感じる新年度。
今年は特に10連休ということもあり、
仕事のペースがつかめないという感覚もあります。

10連休という形では取りませんが、
あまり休みが多いと通常営業の日にしわ寄せが来る気がするのは私だけでしょうか。
働き方改革の風の中、
上手に効率よく働くことが求められているような、
試されているような(笑)。

ちょっと手さぐりな2019年度のスタートになっています。

写真は、東京駅の構内に活けてあったサクラ。
華やかですね!

明日は、寺田さんです。

好きな音楽

梅島 三環子
2019/03/25
このテーマも今回がラストです。
好きな音楽。

突然ですが、最近困っていることがあります。それは、カラオケに行っても歌う曲がないということ。正しくは、後輩と一緒に行くときに、みんなが知っていそうな曲を歌えないということです。
自分の好きな曲を歌ったところで、そんなものに4分ちょっと後輩たちを付き合わせるのも悪いし、かといって、いまっぽい歌はサビくらいしか歌えない。

これまでも、なんとなくこんな気持ちにはなりましたが、こんなに真剣に悩んだのは、去年が初めてです。
それだけ、入社してから月日が経っているということでしょう。
少し、寂しいような(笑)。

その後、年末に改めて世代の近い人とカラオケに行きました。自分も知っている歌ばかりだし、私の好きな歌も気を使わずに思う存分歌うことが出来、非常に楽しかったです。

昔は、先輩たちについて行こうといろんな世代の有名どころの歌を覚えたりしたものですが…
今度は逆ですね。若者の“好き”に、少しアンテナを向けてみようかなと思います。

写真は、懐メロが聞こえてきそうな昭和ナポリタン。
これは、若い息子も大好きです。

明日からは新テーマ。
西ノ入さんです。

東日本大震災8年

梅島 三環子
2019/02/28
先日、今年開通したばかりの区間を使い、三陸道で気仙沼に向かいました。
あれから8年。
こんなにもスムーズに気仙沼に入れるんだなとしみじみ感じた瞬間でした。

三陸道は、もちろん震災前から使っています。松島や石巻など、いわゆる観光地での取材の際に使うことが多く
わくわくした気持ちで乗ることが多い道路でした。
それが、あの日から被災地に入るための道路に変わってしまいました。

震災後の三陸道は時間がまるで読めなかった記憶があります。全国からの自衛隊の車両が列をなし、救助へ向かう姿は今でも忘れません。
それからしばらくして、工事車両で大渋滞。
復興公営住宅が立ち並び、道路沿いの風景がどんどん変わっていった驚きも未だにしっかりと覚えています。

8年で、いろんなことが変わりました。
8年前の被災地を見たときに、今の県内の風景を想像できた人は、それほどいないと思います。
その時々の今としっかりと向き合い、これからも伝えていきたいと思います。

写真は、先日出会った「ホヤぼーや」。
ぬくもりを感じるぼーやでした。

明日は、金澤さんです。

私の「あるある」話

梅島 三環子
2019/02/25
結局、いつも同じ服を買っている…
昔からのあるある話です。
いいなと思って買って帰ると、ほぼ同じものがクローゼットにある。
で、結局服選びに困るというパターンです。

そんな方にピッタリ!という話を聞き、先日は断捨離とやらをしてみました。ごみ袋4つ分、かなりシビアに振り分け断離離に成功。私のクローゼットは、非常に見やすく、すっきりとしたものになりました。

しかし!
断捨離で残したものも、私のいいなと思う同じようなものばかり。自分でも、驚きましたがこれではほぼ毎日同じコーディネートです。

確かに、断捨離のもう一つのメリット。コーディネートに悩まなくていい、ということはありますが、ちょっと?やっぱり?捨てすぎたかな…とも思い始めています。
まあ、後悔してももう戻ってこないので、これからは慎重に買いたして行こうと思う次第です。

明日は、金澤さんです。

宇宙について

梅島 三環子
2019/02/06
先日、息子が先生とカード当てクイズ…みたいなものをしていました。

先生「これはなんですか?」
息子「星」
先生「残念、銀河です。」

息子以上に、息子と同じ答えを思った私が唖然としました。この年になって、5歳の子のクイズに答えられないとは…。

まぁ、そんな話はさておき、以前、仕事で宇宙飛行士の星出彰彦さんの講演会のMCというものがありました。
これが非常に興味深い話で面白かった!
子供でもわかりやすく、宇宙に興味がもてるように、宇宙空間での生活を、こと細かく、そして面白おかしく教えてくれました。
食事に睡眠に、お風呂にトイレ。宇宙ステーションでの研究内容なども、これまでじっくり聞くことがなく、すっかり仕事を忘れて楽しんでしまった記憶があります。
自分が、全く想像も出来ない場所での話というものはいくら聞いていても楽しいものですね。

その中で一番印象に残っているのは、みなさんが生きているうちに宇宙旅行は出来るようになります。
ただ、旅行というほど優雅なものに出来るよう、研究も進んでいます。
お酒を飲みながら、ゆっくり宇宙を眺めてほしいですから。というもの。

目の前に宇宙に行った人がいるので、すっかり、宇宙が身近になった気になって会場を後にしてきましたが、改めて考えると、やっぱりまだまだロマンの世界ですね。

ただ最近、海外旅行も移動がしんどくて行先に悩む始末。私の体力的に、宇宙は厳しいかな…片道5時間くらいでないと(笑)。

写真は空から撮影した仙台市内。ロケットではありません。ヘリコプターです。

明日は、寺田さんです。