アナ・ログ ~アナウンサーリレーエッセイ~

宇宙について

梅島 三環子
2019/02/06
先日、息子が先生とカード当てクイズ…みたいなものをしていました。

先生「これはなんですか?」
息子「星」
先生「残念、銀河です。」

息子以上に、息子と同じ答えを思った私が唖然としました。この年になって、5歳の子のクイズに答えられないとは…。

まぁ、そんな話はさておき、以前、仕事で宇宙飛行士の星出彰彦さんの講演会のMCというものがありました。
これが非常に興味深い話で面白かった!
子供でもわかりやすく、宇宙に興味がもてるように、宇宙空間での生活を、こと細かく、そして面白おかしく教えてくれました。
食事に睡眠に、お風呂にトイレ。宇宙ステーションでの研究内容なども、これまでじっくり聞くことがなく、すっかり仕事を忘れて楽しんでしまった記憶があります。
自分が、全く想像も出来ない場所での話というものはいくら聞いていても楽しいものですね。

その中で一番印象に残っているのは、みなさんが生きているうちに宇宙旅行は出来るようになります。
ただ、旅行というほど優雅なものに出来るよう、研究も進んでいます。
お酒を飲みながら、ゆっくり宇宙を眺めてほしいですから。というもの。

目の前に宇宙に行った人がいるので、すっかり、宇宙が身近になった気になって会場を後にしてきましたが、改めて考えると、やっぱりまだまだロマンの世界ですね。

ただ最近、海外旅行も移動がしんどくて行先に悩む始末。私の体力的に、宇宙は厳しいかな…片道5時間くらいでないと(笑)。

写真は空から撮影した仙台市内。ロケットではありません。ヘリコプターです。

明日は、寺田さんです。

受験あれこれ

梅島 三環子
2019/01/29
世は、受験シーズンですね。
本番直前に気になってくるのは、健康管理ではないでしょうか?
ただでさえ、ストレスフルで具合が悪くなるこの時期。
外に出ることも恐ろしくなっていた自分自身の記憶も甦ります。
むしろ、試験会場行くことすら怖いような…。

お陰様で、私の場合は、
体調不良で試験本番が絶不調ということは今までありませんでした。
ただ模擬試験では、毎回と言っていいほど
体調不良でしたので気持ちは痛いほどわかります。
鉛筆を持つ手が震えるような、具合の悪さ。
健康優良児が、このタイミングだけ発熱するのですから
ストレスは恐ろしいなぁと改めて思います。

ただ試験に限らず、体調管理は仕事のうちですので
今も非常に気を使っています。
それでも、具合が悪くなるときはなるのですが、
今一番はまっている健康法は、「起き抜け一番のうがい」です。
起きたら、まず速攻うがい。
取材中に歯医者さんから、
寝ている間に口の中の菌が相当増えることを熱弁されてから毎朝続けています。
朝食などで、その菌を飲み込むことは恐ろしいことのようですね。

健康法として信じてみると救われることもあるかもしれません。

写真は、なんだか縁起がよさそうなのでアワビにしてみます。

明日は、寺田さんです。

平成最後のお正月

梅島 三環子
2019/01/15
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、去年からいろんな“平成最後”を味わってきましたが、平成最後のお正月までも終わってしまいましたね。
振り返れば、これまでいろんな平成のお正月を過ごしてきました。ここに書けるような立派なお正月は、まるでありませんが、思い出すだけでも感慨深いものです(笑)。

さて、今年は去年と同じお正月を過ごしました。
同じと言っても、夜に近所のもつ鍋屋さんでもつ鍋を頂く…という共通点です。

最近は、飲食店も正月休みを取らないところが目立ちます。
世は、正月休み取得推奨の流れにもなっていますが休みをずらせる場合は、逆に正月に営業した方がいいということもあるようです。
確かに私の行った店も、満席。
今年の元日の予約は、去年の12月頭には済ませていました。
ただ、元日から外食出来る環境には、とても助けられています。
というもの、帰省やら旅行やらと自宅には帰るものの出たり入ったりが激しい年末。食材が余ったり、ごみが溜まったりで料理はちょっと、という言い訳をしつつ…
帰ってきたら途端に、明日の出発の準備をしたりで本音としては、夕飯の用意まで手が回らないのです(笑)。

環境に恵まれているのか、時代に恵まれているのか…
私みたいな女性でも生きやすくていい社会だなぁと正月から実感しています。

写真は、去年乗った飛行機から。
なんだか、かわいいですよね!

明日は、咲良ちゃんのお正月です。

今年の総括

梅島 三環子
2018/12/24
今年は、よく動いた年でした。
仕事でもプライベートでも、分刻み…まではいきませんが時間に追われるスケジュールの中で動いていました。

そうしたら、年末にどっと疲れが体に出ました(笑)。
体は正直ですね。
そして、年は隠せませんね。

ただ今年は、休みに目一杯予定を詰め込みすぎた感はあります。
詰め込まないとこなせないので仕方ないのですが、それだけ詰め込んでも、まだまだ時間が足りなくて出来ていないことだらけ。
何かを諦める勇気も必要なのですが、その勇気がありません。
わかっているんです。
やめればいい、私の趣味は。
でも…、という葛藤の中一年を過ごしてきました。

来年こそ、もっと時間の使い方をうまくしてあれもこれもこなせるようになりたい。
でも…(笑)。

今年の総括を活かしつつ、健やかで楽しく、無理のない範囲で来年も暮らしていければと思います。

写真は、休みの日の一枚。
旅は楽しいけれど、疲れちゃうのも事実。
でも、これもやめられません。

明日は、金澤さんです。

プレゼント

梅島 三環子
2018/12/17
昔はもっと、プレゼントに敏感だったような気がしますが
最近はめっきり関心がなくなってしまいました(笑)。
必要なものは、必要な時に自分で買う。
誰にも、何も言わせません。

「高いなぁ」、「自分で買いたくないなぁ」、「あったら嬉しいなぁ」
というものはねだってみたりしますが、そりゃあ断られますわね…。
いいんです。社会人ですから。

とは言え、子供へのプレゼントはたまに買います。
絵本とか、おもちゃとか、マグロとか。
喜ぶだろうな、どんな顔するかなと思って選んでいる時が、一番楽しいかもしれません。
で、家に帰ってたいして喜ばれない時の空しさ。
ただ、喜ぶ顔を思い出してしまうから、凝りもせず買ってしまうんでしょうね。

先日は、忘年会で家を空けたプチ罪悪感から、絵本を二冊買って帰りました。
一冊は、好きそうな本。
一冊は、読んでもらいたい本。

案の定、好きな本しか見向きもせず、読んでもらいたい本はまだ開いてももらえません。
私の的外れのプレゼントは、子供に拒絶されるまでまだしばらくは続きそうです。

写真は、先日取材で作ったシュガーピック。
上手なものは、先生が作りました(笑)。

明日は、下山君です。

年末に向けて・・・

梅島 三環子
2018/12/07
今も昔も、あまり年末に向けての準備はしません。
実家を出てからは、年末年始を自宅で過ごすという習慣があまりないので、
だいたいどこかに出かけています。
で、帰ってくるともうすっかり年も明けているので
まあいいか…という感じで、その年が始まっていきます。

書いているだけでも、不精な性格が露呈していますね。

まぁ、日頃から掃除はしているので
いいということにしてもらいましょう。

子供の時は、片付けが大の苦手でなんでそんなに汚せるのか…と常に言われていました。
自分の部屋などは、ひどい有様。
なので、子供の時の方が年末に向けての大掃除は徹底していました。
とは言え、今思うとひどい掃除の仕方でした。
引き出しをとりあえず全てひっくり返し、一つずつ丁寧にしまうというもの。
挙句に、こんなものがあった、あんなものがあったと
喜び遊ぶものだから全くはかどらない。
綺麗な状態にしてから正月を迎えたことはほぼありませんでした。
綺麗にするのは、冬休み中の課題といったものでしたね。

写真は、取材の合間に石巻で食べたおくずかけ。
あったまりますねー。

次は、寺田さんです。

働きもの

梅島 三環子
2018/11/15
きょうから、新しいテーマです。
「働きもの」

時代がそうさせたということもあるのでしょうが、大正生まれの祖父はかなりの働き者だったと思います。

ロープ屋を営んでいた祖父は、私が記憶する限り、よく工場・事務所にいました。
たまに泊まりで遊びに行くと、朝ごはんの前にも事務所に行き夕ご飯を食べても事務所に戻る姿を見て、とても驚いた記憶があります。

これも私が生まれてからなので、働き盛りの全盛期は、もっとのことだったのでしょう。

「ロープがあれば、なんだって出来る」というのが祖父の口癖でした。
使い方を知らない私は、何もできやしない…と思った記憶がありますが結び方や使い方次第では、私の思っている以上にロープは奥深く、また身近に使えるものなのかもしれません。

大きくなってからは、あまり祖父の仕事をのぞかなくなってしまいましたが、小さい頃は、色とりどりのフックが並ぶ様子をみたり、色んな太さの縄跳びを作ってもらって遊んだりするのが大好きでした。

祖父との記憶は、ロープなしでは語れません。
働き方、仕事との向き合い方。
孫の私も少しは学ばなければと感じます。

写真は、私なりに…(笑)
一生懸命働いた富山で撮影した一枚。
合掌造り集落は、タイムスリップしたかのような光景でした。

明日は、下山君です。

色 いろいろ

梅島 三環子
2018/11/06
この仕事を目指していた…ということもあり、大学生のころパーソナルカラーというものを診断してもらった記憶があります。
四季でその人に会った色を表現するというそれでは、私はスプリングなんだそうです。
当時から地味な服が好きだった私は、「それでもパステルカラーが似合う」と言われ無理して買い足していました。
就活のスーツも、水色のワンピーススーツ。
時代が許したというのもあるでしょうが、頑張って着ていました(笑)。

が、あれから10数年…
今では無理することに疲れて、すっかり大好きな地味な服ばかり着るようになってしまいました。

ただ、あの当時診断されても頑なに受け入れなかったゴールド系のアクセサリーは最近になってようやく付けられるようになってきました。
これは年が追いついたということでしょうかね。

しかし、就職する時にプレゼントでもらった「ピンクパールのネックレス」は、いまだに自分にはまだ早いような…。たぶん、これは似合ってないんだよなぁと毎回首をかしげています。
年を重ねて、これからさらっとつけられるような女性になれればいいなと。

年相応のおしゃれも、楽しみたいなと思うきょうこの頃です。

写真は、先日行ったお店での一枚。
コップからこぼれる日本酒の受け皿となるはずの升に、受け皿がついていました !!(笑)

明日は、金澤さんです。

ハロウィーン

梅島 三環子
2018/10/26
イベントものに疎い私ですら、ここ何年かで、ハロウィーンのイベントはかなり浸透してきたと実感してきています。かつては、首都圏の一部の若者たちが盛り上がるもの…というイメージでしたが、最近では、仙台でもよく見るようになりました。

そして、毎年流行があるようで去年は映画公開も重なり、怪盗グルーシリーズのミニオンズが町にあふれていました。ちょうど、息子と見たばかりと言うタイミングだったため私の方が大興奮!
写真を撮ってもらうべく、お願いし、息子と二人でミニオンズに囲んでもらいました。
が、血まみれのミニオンズに囲まれた息子は悲鳴をあげるばかり。ミニオンズと母だけが、満面の笑みという微妙な記念撮影となりました。
惜しい(笑)。

いつもの町が、全く違う光景になっているもの、ハロウィーン期間ならではの面白さかもしれません。
今年も、息子にちょっとした冒険感を味わわせるべく町に繰り出してみようと思います。
もちろん、私は…普通の恰好で行きますけれど(笑)。

写真は、取材中にこっそり撮影した北陸新幹線E7系!
仙台駅で見られるって、レアですよね。

次は、牧君です。

今年は○○の秋に!

梅島 三環子
2018/10/10
今年はよく母に会う秋になりそうです。

息子が、実家の愛犬に会いたいというので一緒に帰省し…
その翌週は会社のイベントと息子のイベントで生活がままならず、母が仙台へ。
出産時以来の長期滞在をしてもらいます。
(と言っても、いずれも一週間もないのですがね。)

ただ、こんなに母と一緒に過ごすのは、どのくらいぶりだろう…と考えると、大学の夏休みぐらいまで遡ることに気が付きます。10年以上ぶりですか。

社会人になると、ほとんど帰省しなくなり休みと言えば初日から最終日まで、目一杯遊ぶことしか考えていなかった娘。
帰ってきたかと思えば、結婚します。で、即結婚(笑)。
振り返ると、一人娘の割になかなか自由にさせてもらっています。

息子が産まれてからは、独身時よりは、はるかに実家に帰省するようになりましたが、それでも、静岡と仙台ですから、頻繁には行けませんしね。非常に貴重な時間となりそうです。

とは書いてみましたが、私は仕事なので、母と過ごす時間が長いのは息子だけなのですが。
母にとっては、疲弊の秋となりそうです。

写真は、先日ひがしものを食べに行った塩釜にて。
お出かけ日和、ならぬ取材日和でした!

明日は、牧くんです。