アナ・ログ ~アナウンサーリレーエッセイ~

わたしのおすすめお花見スポット

梅島 三環子
2019/04/15
今年も、サクラの季節になりました。
見ているだけで、ワクワクした気持ちになる時はやっぱり日本人なんだなぁと実感する時でもあります。
ただ、どうしても混雑が苦手な私は有名どころで休日にお花見!ということができません。
どこかで、ちらっと見るサクラで楽しむくらいです。
ですから、お恥ずかしながらこれと言ってお勧めできるようなスポットもありません…。

いつもですと、通勤の途中にとても綺麗な桜並木があったのでわざわざその下を通って春を満喫していたのですが、見事なまでに伐採されてしまったので、最近はそうも出来なくなりました。
意識的に、見に行かないといけません。

ただ、東北の花見はまだまだ寒さを感じる時も多くあります。
なかなか、夜桜とビール…という感じにはなりません。
夜桜見物で、冷え切った宴会チームが国分町に駆け込む、という光景もよく目にします。
東北の花見あるあるといったところでしょうかね(笑)。
ただ、サクラの季節は短いですから、体を張ってやっておくというのも悪くないかもしれません。

写真は、旅先での一枚。
サクラのような可憐さはありませんが、夏の花には、勢いがありますね。

明日は、金澤さんです。

新年度!

梅島 三環子
2019/04/03
今年も新年度がスタートしました。
とは言え、私の生活はあまり変わりません。
このくだり…去年の同じテーマでも書いていました。
社会人になると、そんなものかもしれませんね。

ただ、なんとなく慌ただしく感じる新年度。
今年は特に10連休ということもあり、
仕事のペースがつかめないという感覚もあります。

10連休という形では取りませんが、
あまり休みが多いと通常営業の日にしわ寄せが来る気がするのは私だけでしょうか。
働き方改革の風の中、
上手に効率よく働くことが求められているような、
試されているような(笑)。

ちょっと手さぐりな2019年度のスタートになっています。

写真は、東京駅の構内に活けてあったサクラ。
華やかですね!

明日は、寺田さんです。

好きな音楽

梅島 三環子
2019/03/25
このテーマも今回がラストです。
好きな音楽。

突然ですが、最近困っていることがあります。それは、カラオケに行っても歌う曲がないということ。正しくは、後輩と一緒に行くときに、みんなが知っていそうな曲を歌えないということです。
自分の好きな曲を歌ったところで、そんなものに4分ちょっと後輩たちを付き合わせるのも悪いし、かといって、いまっぽい歌はサビくらいしか歌えない。

これまでも、なんとなくこんな気持ちにはなりましたが、こんなに真剣に悩んだのは、去年が初めてです。
それだけ、入社してから月日が経っているということでしょう。
少し、寂しいような(笑)。

その後、年末に改めて世代の近い人とカラオケに行きました。自分も知っている歌ばかりだし、私の好きな歌も気を使わずに思う存分歌うことが出来、非常に楽しかったです。

昔は、先輩たちについて行こうといろんな世代の有名どころの歌を覚えたりしたものですが…
今度は逆ですね。若者の“好き”に、少しアンテナを向けてみようかなと思います。

写真は、懐メロが聞こえてきそうな昭和ナポリタン。
これは、若い息子も大好きです。

明日からは新テーマ。
西ノ入さんです。

東日本大震災8年

梅島 三環子
2019/02/28
先日、今年開通したばかりの区間を使い、三陸道で気仙沼に向かいました。
あれから8年。
こんなにもスムーズに気仙沼に入れるんだなとしみじみ感じた瞬間でした。

三陸道は、もちろん震災前から使っています。松島や石巻など、いわゆる観光地での取材の際に使うことが多く
わくわくした気持ちで乗ることが多い道路でした。
それが、あの日から被災地に入るための道路に変わってしまいました。

震災後の三陸道は時間がまるで読めなかった記憶があります。全国からの自衛隊の車両が列をなし、救助へ向かう姿は今でも忘れません。
それからしばらくして、工事車両で大渋滞。
復興公営住宅が立ち並び、道路沿いの風景がどんどん変わっていった驚きも未だにしっかりと覚えています。

8年で、いろんなことが変わりました。
8年前の被災地を見たときに、今の県内の風景を想像できた人は、それほどいないと思います。
その時々の今としっかりと向き合い、これからも伝えていきたいと思います。

写真は、先日出会った「ホヤぼーや」。
ぬくもりを感じるぼーやでした。

明日は、金澤さんです。

私の「あるある」話

梅島 三環子
2019/02/25
結局、いつも同じ服を買っている…
昔からのあるある話です。
いいなと思って買って帰ると、ほぼ同じものがクローゼットにある。
で、結局服選びに困るというパターンです。

そんな方にピッタリ!という話を聞き、先日は断捨離とやらをしてみました。ごみ袋4つ分、かなりシビアに振り分け断離離に成功。私のクローゼットは、非常に見やすく、すっきりとしたものになりました。

しかし!
断捨離で残したものも、私のいいなと思う同じようなものばかり。自分でも、驚きましたがこれではほぼ毎日同じコーディネートです。

確かに、断捨離のもう一つのメリット。コーディネートに悩まなくていい、ということはありますが、ちょっと?やっぱり?捨てすぎたかな…とも思い始めています。
まあ、後悔してももう戻ってこないので、これからは慎重に買いたして行こうと思う次第です。

明日は、金澤さんです。

宇宙について

梅島 三環子
2019/02/06
先日、息子が先生とカード当てクイズ…みたいなものをしていました。

先生「これはなんですか?」
息子「星」
先生「残念、銀河です。」

息子以上に、息子と同じ答えを思った私が唖然としました。この年になって、5歳の子のクイズに答えられないとは…。

まぁ、そんな話はさておき、以前、仕事で宇宙飛行士の星出彰彦さんの講演会のMCというものがありました。
これが非常に興味深い話で面白かった!
子供でもわかりやすく、宇宙に興味がもてるように、宇宙空間での生活を、こと細かく、そして面白おかしく教えてくれました。
食事に睡眠に、お風呂にトイレ。宇宙ステーションでの研究内容なども、これまでじっくり聞くことがなく、すっかり仕事を忘れて楽しんでしまった記憶があります。
自分が、全く想像も出来ない場所での話というものはいくら聞いていても楽しいものですね。

その中で一番印象に残っているのは、みなさんが生きているうちに宇宙旅行は出来るようになります。
ただ、旅行というほど優雅なものに出来るよう、研究も進んでいます。
お酒を飲みながら、ゆっくり宇宙を眺めてほしいですから。というもの。

目の前に宇宙に行った人がいるので、すっかり、宇宙が身近になった気になって会場を後にしてきましたが、改めて考えると、やっぱりまだまだロマンの世界ですね。

ただ最近、海外旅行も移動がしんどくて行先に悩む始末。私の体力的に、宇宙は厳しいかな…片道5時間くらいでないと(笑)。

写真は空から撮影した仙台市内。ロケットではありません。ヘリコプターです。

明日は、寺田さんです。

受験あれこれ

梅島 三環子
2019/01/29
世は、受験シーズンですね。
本番直前に気になってくるのは、健康管理ではないでしょうか?
ただでさえ、ストレスフルで具合が悪くなるこの時期。
外に出ることも恐ろしくなっていた自分自身の記憶も甦ります。
むしろ、試験会場行くことすら怖いような…。

お陰様で、私の場合は、
体調不良で試験本番が絶不調ということは今までありませんでした。
ただ模擬試験では、毎回と言っていいほど
体調不良でしたので気持ちは痛いほどわかります。
鉛筆を持つ手が震えるような、具合の悪さ。
健康優良児が、このタイミングだけ発熱するのですから
ストレスは恐ろしいなぁと改めて思います。

ただ試験に限らず、体調管理は仕事のうちですので
今も非常に気を使っています。
それでも、具合が悪くなるときはなるのですが、
今一番はまっている健康法は、「起き抜け一番のうがい」です。
起きたら、まず速攻うがい。
取材中に歯医者さんから、
寝ている間に口の中の菌が相当増えることを熱弁されてから毎朝続けています。
朝食などで、その菌を飲み込むことは恐ろしいことのようですね。

健康法として信じてみると救われることもあるかもしれません。

写真は、なんだか縁起がよさそうなのでアワビにしてみます。

明日は、寺田さんです。

平成最後のお正月

梅島 三環子
2019/01/15
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、去年からいろんな“平成最後”を味わってきましたが、平成最後のお正月までも終わってしまいましたね。
振り返れば、これまでいろんな平成のお正月を過ごしてきました。ここに書けるような立派なお正月は、まるでありませんが、思い出すだけでも感慨深いものです(笑)。

さて、今年は去年と同じお正月を過ごしました。
同じと言っても、夜に近所のもつ鍋屋さんでもつ鍋を頂く…という共通点です。

最近は、飲食店も正月休みを取らないところが目立ちます。
世は、正月休み取得推奨の流れにもなっていますが休みをずらせる場合は、逆に正月に営業した方がいいということもあるようです。
確かに私の行った店も、満席。
今年の元日の予約は、去年の12月頭には済ませていました。
ただ、元日から外食出来る環境には、とても助けられています。
というもの、帰省やら旅行やらと自宅には帰るものの出たり入ったりが激しい年末。食材が余ったり、ごみが溜まったりで料理はちょっと、という言い訳をしつつ…
帰ってきたら途端に、明日の出発の準備をしたりで本音としては、夕飯の用意まで手が回らないのです(笑)。

環境に恵まれているのか、時代に恵まれているのか…
私みたいな女性でも生きやすくていい社会だなぁと正月から実感しています。

写真は、去年乗った飛行機から。
なんだか、かわいいですよね!

明日は、咲良ちゃんのお正月です。

今年の総括

梅島 三環子
2018/12/24
今年は、よく動いた年でした。
仕事でもプライベートでも、分刻み…まではいきませんが時間に追われるスケジュールの中で動いていました。

そうしたら、年末にどっと疲れが体に出ました(笑)。
体は正直ですね。
そして、年は隠せませんね。

ただ今年は、休みに目一杯予定を詰め込みすぎた感はあります。
詰め込まないとこなせないので仕方ないのですが、それだけ詰め込んでも、まだまだ時間が足りなくて出来ていないことだらけ。
何かを諦める勇気も必要なのですが、その勇気がありません。
わかっているんです。
やめればいい、私の趣味は。
でも…、という葛藤の中一年を過ごしてきました。

来年こそ、もっと時間の使い方をうまくしてあれもこれもこなせるようになりたい。
でも…(笑)。

今年の総括を活かしつつ、健やかで楽しく、無理のない範囲で来年も暮らしていければと思います。

写真は、休みの日の一枚。
旅は楽しいけれど、疲れちゃうのも事実。
でも、これもやめられません。

明日は、金澤さんです。

プレゼント

梅島 三環子
2018/12/17
昔はもっと、プレゼントに敏感だったような気がしますが
最近はめっきり関心がなくなってしまいました(笑)。
必要なものは、必要な時に自分で買う。
誰にも、何も言わせません。

「高いなぁ」、「自分で買いたくないなぁ」、「あったら嬉しいなぁ」
というものはねだってみたりしますが、そりゃあ断られますわね…。
いいんです。社会人ですから。

とは言え、子供へのプレゼントはたまに買います。
絵本とか、おもちゃとか、マグロとか。
喜ぶだろうな、どんな顔するかなと思って選んでいる時が、一番楽しいかもしれません。
で、家に帰ってたいして喜ばれない時の空しさ。
ただ、喜ぶ顔を思い出してしまうから、凝りもせず買ってしまうんでしょうね。

先日は、忘年会で家を空けたプチ罪悪感から、絵本を二冊買って帰りました。
一冊は、好きそうな本。
一冊は、読んでもらいたい本。

案の定、好きな本しか見向きもせず、読んでもらいたい本はまだ開いてももらえません。
私の的外れのプレゼントは、子供に拒絶されるまでまだしばらくは続きそうです。

写真は、先日取材で作ったシュガーピック。
上手なものは、先生が作りました(笑)。

明日は、下山君です。