アナ・ログ ~アナウンサーリレーエッセイ~

9月10日は牛タンの日

下山 由城
2019/09/05
誰もが認める仙台名物『牛タン』

仙台といえば?という質問に対して、おそらく回答数は第1位かと思われます。あの厚みある牛タンを炭火で柔らかく焼き上げた味は、1度食べたら忘れないでしょう。住んでいるからと言って頻度高く食べられるものでもなく、今でもいざ目の前にしたら気持ちが昂るのは抑えられません。

牛タンに合うお酒は何だと思いますか?牛タンの旨味と見事なマッチングをするものです。まぁビールは鉄板でしょう。赤ワインやハイボールも相性が良さそうですよね。私も特に意識をしなければそこらへんを頼むと思います。
実は、先日面白い出会いをしたのです。東京で約100種類の日本酒を開店から閉店まで時間無制限飲み放題(…文字にするとすごいな笑)のお店に行きました。そこは料理の持ち込みが自由で、近くのデパ地下やコンビニで好きなものを買ってくることができます。そのときはたまたま肉を買っていて、店に無煙ロースターを借りて焼いていました。合う日本酒はあるかなと探してみると、メニュー本に『世界一肉に合う日本酒』という文字が!目の前にはまもなく焼きあがる肉。…これは飲んでみるしかないなとオーダーしてみました。ラベルは写真をご覧ください。
これが本当に合うんですね。軽い口当たりの日本酒が、口の中の肉脂分をさっぱりさせてくれます。このお酒だけ飲むと極上にうまい!とはならなかったのですが、肉と合わせるとあら不思議!これがマリアージュというやつでしょうか?牛タンにもきっと合うだろうなと想像できます。『Meat Lovers Only』というお酒です。ぜひ出会ったら試してみてください。

あぁ久しぶりに牛タン食べに行きたい。


次は牧アナウンサーです!

ちょっとラッキーなできごと

下山 由城
2019/08/27
2019年の夏、忘れることはないでしょう。
台風10号のことを…(笑)

夏休みをいただきまして西日本へ旅行しました。広島・愛媛・大阪の3つを訪れてみようと予定を立てていました。それでやられましたよ。8月15日に羽田―広島のフライトを予約していたのですが、台風10号の影響で見事に欠航!広島でビールを注ぐ職人さんがいるという店に行くのを楽しみにしていたのですが、これはまた次の機会に…。
まぁでもそんなことで簡単にダメージを受けるような軟なメンタルではありません。速やかに行程を修正して、16日に東京から愛媛へ向かいました。

台風が過ぎ去った後の愛媛はとても天気に恵まれました。そこで晴れていたらいこうと思っていたJR予讃線『下灘駅』に行ってみました。ここはかつて“日本一海に近い駅”として有名になったところで、ドラマのロケ地にも使われたそうです。大学の後輩がオススメしてくれました。いわゆるインスタ映えする場所です。駅に到着してみると多くの観光客がカメラを片手に撮影を楽しんでいました。ただ…問題がありまして、ローカル線なので電車は1時間に1本程度。撮影なんて5分もすれば飽きてしまいますので(早い笑)やることがなくなるわけです。ところが、駅の周りには本当に何もない…!多くの人は駅のベンチなどに座って時間を潰していました。

…そんな時間は勿体ないだろう。


松山駅まで戻る電車が来るまで1時間ほどありましたので、周囲を散策してみようと歩き始めました。炎天下で茹だるような暑さにやや苦しめられながら、15分ほど歩きます。…観光的な要素は本当に何もない(笑)これは困ったと、頼ったのはスマホの地図…あるじゃないですか!地元の酒屋さんが!そこからさらに10分ほど歩き、しっかりと地酒をゲットしてきました。 “下灘ものがたり”という日本酒で、検索してもあまり情報が出てきません。ふるさと納税で手に入れることができるみたいですが、おそらく東北ではめったにお目にかかれない代物に出会えました。行動は何かを呼び込みますね!ちょっとラッキーな気持ちになりました。仙台に戻ってから飲んでみましたが、すっきりとしていて、優雅な下灘駅を思い浮かばせてくれる味でした(笑)


お次は高橋アナウンサーです!

ヒヤッとする怖ーい話

下山 由城
2019/08/02
便利な世の中になったものです。


スマホさえ持っていればたいていのことはできてしまいます。電話やメールで簡単に連絡が取れる。印象に残った出来事を写真や動画に撮ることができる。インターネットで多くの情報を得られれば、SNSで流行に触れることもできる。スケジュールを管理して、アラームで知らせることも可能です。しかもこれらすべて少し前の時代と比べても品質が格段に向上している。それぞれ使いこなすレベルに差はあっても、もはや日常に欠かせないものでしょう。
最近はキャッシュレスの時代に拍車がかかり、多くの機会で“スマホ決済”ができてしまいます。財布に入れた現金を持っていなくても、スマホをかざすだけでお勘定は完了です。各決済サービスが挙ってお得なキャンペーンを展開しているから、もう使わない理由がないのです。私はかなり使っています。

つい最近、そんなハイスペック端末を危うくタクシーに置き忘れるところだったものですから、これはもうヒヤッとしましたよ。ドアが閉まる直前に気が付いたからよかった。もしかしたらそのまま走り去られてしまって、手元に戻ってくるのに時間がかかっただろうし、紛失だってあり得たかもしれません。あぁ怖い。

ホラー的なエピソードは特にないですね…。
それよりも二度寝で失敗したとかの方がよっぽど怖い。
比較がおかしいか(笑)


写真は最近飲んだなかで特に激甘な日本酒、茨城県の来福「MELLOW」です。
仕込み水の一部に純米酒を使っているのが特徴だそうです。酒×酒?(笑)
その場にいた全員の想像を超える甘さながら透明感があって良かったです。

さぁ夏本番の8月です!
あすから『仙台放送presentsみやぎ超!!元気まつり2019』が夢メッセみやぎで行われます。盛りだくさんの内容なので、私も会場に行くのが楽しみです。皆様のご来場お待ちしております!


お次は飯田アナウンサーです!

夏休みに行きたい場所

下山 由城
2019/07/22
旅行計画を立てるのが好きなんですよね。
事前に綿密に調べてまとめます。行程表とか作っちゃうタイプです。一緒に行くメンバーが大雑把なタイプだととても喜ばれます。特に未開の地である場合は、あれこれとことん調べて妄想を膨らませます。行ったことのある場所は、それはそれでよりディープな匂いがするエリアを模索しまくります。ちゃんとゆっくりする時間とかまで考えるので、クオリティには一定の自信はあります。
社会人になってからよりこの傾向は顕著になりました。学生時代と比べると、1つの時間をより充実させたいという欲が大きいです。学生時代には時間に余裕があったこともあり、どこにでも行くアクティブさに磨きはかかったので、それは現在にも生かされていると感じますけどね!旅をするうえで重要なのは体力、好奇心、そして縁だと思っていますから、日々の中でそれは培っていきたいと思う、もうすぐ31歳です。特に体力は確実に減少傾向にある気がしますから(笑)

そんなこんなで今年は知り合いにお店を聞いたなど“縁”があったので、西の方に行こうと思っています。実はあまり日本の西部には行ったことがないので、これはチャンスかなと!
行けるなら好きな場所トップオブザトップのハワイ!とかヨーロッパ!とかもいいですが、国内も知らない場所には興味あるので!いい発見がありますように。

写真は塩釜の花火です。先日行ってきたのですが、雨予報だったもののその時間は絶妙な曇り!前年は霧でほぼ見えなかったらしいので、ことしは良かったですね!天気運は持っているようです。


お次は佐藤部長です!

七夕

下山 由城
2019/07/11
織姫と彦星が年一の再会を果たしているその日、私は仙台の仲間数人と福島県にいました。時刻はまだ早朝、それでもすでに多くの人が並ぶその場所は、異様な熱気に包まれていました。開門されるとそれぞれ一目散に席取りに向かう老若男女!人が流れていく様は、まるで天の川…のように美しくはありませんでしたが、想像を超える賑やかさに気分は高まりました。


そう、ここは福島競馬場


たまたま日曜日がお休みだったこともあり、知り合いに連れて行ってもらいました。競馬はほぼ素人だったのですが、その日の会場ゲストが“高畑充希”さんだと聞き、福島行きを即決!12レースすべてを見てきました!
競馬場には行ったことがありませんでした。若干の不安はありましたが、場内には幅広い年齢層の男女がいて、まるでテーマパークのような雰囲気で楽しめました。場内グルメは美味しいし、馬は近くで見られるし、高畑充希さんは美人だし、あっという間に時間は過ぎていきます。なかなか予想は難しくほとんど外れてしまいましたが、1度だけ3連複を的中!レースの名前が『織姫賞』だったので、それとなく七夕気分も味わえました(笑)

写真は場内で食べた、福島名物『円盤餃子』です!おいしかった…。最近は餃子を食べたい欲がなかなか激しく、仙台でも食べ歩いております。七夕といえば、7月7日0時解禁の日本酒『DATE SEVEN 伊達セブン』を解禁数時間後に飲んだのですが、写真を撮り忘れました。痛恨の極み…!そんなこんなで充実した令和最初の七夕でしたとさ。


お次は牧アナウンサーです!

温泉

下山 由城
2019/06/19
本日から新しいテーマ『温泉』です!
西ノ入アナが考えてくれたお題です。6月26日が「露天風呂の日」なのだそうです。岡山県湯原町(現 真庭市)の湯原温泉が1987年に制定したそうです。六(ろ)・(てん)二(ふ)六(ろ)で「ろてんぶろ」の語呂合わせ!

……。

温泉好きですよ!東北は温泉地が多いから気軽に行けるのが良いですよね。秋田に住んでいたころは近所にもあったのでフラッと入りにいっていました(笑)いくつか好きな名湯はあるんですけど、特に好きな場所の1つは男鹿の温泉です。「悪い子はいねがー!」で有名な“なまはげ”が名物です。

その男鹿にある温泉では浴室の壁に大きななまはげのお面があります。想像以上に大きいです。しかも、そのお面はかなりの勢いでお湯を吐き出してきます。
機械でコントロールしているわけではなく、温泉成分を汲み上げる際の自然現象?で起きていることなので、とても不思議な光景です。露天風呂もありますし、源泉かけながしで肌もすべすべになります。仙台から秋田・男鹿まで行くのはかなり時間がかかってしまうので、ここ最近は行けていませんがまた訪れたい温泉です。

6月26日の「露天風呂の日」から20日遡りまして、6月6日は「6号酵母の日」でした。6号酵母発祥の新政(秋田の酒蔵)が6のゾロ目ということで記念日としていて、毎年この日に特別な日本酒を出しています。日本酒が好きな人なら「NO.6」のシリーズをご存知の方も多いと思いますが、その『A-type』が写真の記念酒です。味は新政らしいスッキリ感に安心します。赤いボトルが最高にクールです。

ちなみにこのアナログが載る6月19日は「朗読の日」だそうですよ!
…みんな語呂合わせ好きですねえ(笑)

お次は梅島アナです!

大切な場所

下山 由城
2019/06/06
結構ありますよ。

生まれ育った埼玉は浦和・大宮を中心にいくつもあります。大学時代を過ごした東京では池袋・新宿で多くの時間を過ごしました。新宿は今でもよく行くし好きな場所ですね。社会人になって最初にいた秋田は、県内多くのところを取材で回って大切な思い出がたくさん残っています。住んでいたところ以外にも出張や旅で訪れた土地(海外含め)に、良い印象がある場所は数え切れません。
これ!というトップオブザトップは特にないですけど、また行きたいな~って思う場所は年々増えています。

当然まだまだ行ったことない場所は数多くあるので、チャンスがあれば行きたいわけです。積極的な行動がとても大切だなと思います。そのためには動機があると速やかに計画へと移っていきます。今ホットなものは「西の日本酒を知らないから、飲みに行ってみよう」という“趣味・日本酒の飲み比べ”らしい発想です。そもそもあまり西の方(特に大阪より先)に行く機会が少ないこれまでの人生でした。日程がうまく組み立てられれば実行…するかもしれません。

さて、今回の写真も日本酒です!先日、仙台で全国の酒蔵さんが集合したイベントに行ってきました。試飲祭りです(笑)かなりの数の日本酒がありましたが、その中でもMVPだったのはこちらの「町田酒造55 純米吟醸 雄町 直汲み」です!あ、群馬県のお酒です。旨味がダイレクトにくる心地よさが好みでした。これを超える西の酒…探しに行こう。

お次は飯田アナウンサーです!

最近ヒットしたもの

下山 由城
2019/05/24
あります。
ずばりトマトジュースです!

これまで全然飲めなかったんです。飲もうとしていなかったんです。「なにこれしょっぱい!」と小さいころに飲んだトマトジュースの印象が悪すぎたのでしょうね。甘味が大好きな子供にとっては、少々大人な飲み物だったようです。それから大人になってしばらくが経ちましたが、すれ違いの日々は続き、令和に突入してしまいました。

不思議なもので…ずっとこれは苦手だし飲めないものだと思っていたのに、ふと最近飲んでみたら「あれ、これ美味しいじゃん」となりました。長年の因縁がこれにて終結!今では仲良しです。何事も決めつけは良くないですね。
昔から変なところはありました。生トマトは大好きなのに、トマトジュースは不得意でした。似た類ではアンパンは好きなのに、お汁粉は苦手という時期もありましたね。元々好き嫌いは少ない方です。昔はシナモンが全然だめだったんですが、数年前に克服しました。パクチーも食べ物じゃないとすら思っていましたが、先週食べたら「あ~イケるぞこれ」ってなりました。成長著しい30歳です。

トマトの成分は肌にいいとか、風邪予防に役立つとか、二日酔いに効くとか…!メリットばかり出てくるので、ここ最近は毎日飲んでいます。かなりのプラス思考で飲み続けているので、ブラシーボ効果も合わさって、絶好調なこの頃です。

さて、今回の写真はお気に入りのスニーカー!トマト色のようにも見えますが、モデル名は「エアマックス95 ハバネロレッド」ですのでもっと強烈な赤です(笑) これも見つけたときに私の心にヒットしたものでした。足元に赤を使うのは結構好きです。むしろ、足元以外は大胆に赤って使いづらいというか…。雨の日には使いたくないので、梅雨入り前にたくさん履いておこうと思います(笑)

お次は佐藤部長です!

新元号

下山 由城
2019/05/16
なんだかもう“令和”にすっかり慣れました。
不思議なものです。響きもしっくりきます。


平成から令和に変わる瞬間はどう過ごしましたか?
私の平成最後の日は休みだったので、友人らとお酒を楽しみながら過ごしました。ひたすら“平成最後”と“令和最初”を連呼していた気がします。令和になって1番最初にやったことは乾杯です。思い出しやすいですね(笑)

昭和63年生まれなので、令和突入により3つの元号を生きたことになります。私が昭和のときにやっていたことなんて、寝るか泣くかの2択のようなものだったことでしょう。それでも昭和を生きたことに間違いはありません。効率がいいですね。
1988年世代である我々は、まさに平成とともに歩みを進めてきました。平成7年と言われれば7歳のときだし、平成20年といえば成人したときだという、わかりやすい感じです。幼少期、青春時代、就職活動、社会人生活…人生における重要な期間を過ごしたのが平成でした。ありがとう平成。いろいろありすぎたけど楽しかったよ!令和も張り切っていきましょう。

では令和1発目の写真は日本酒でいきます。令和になってから仙台のお店で飲ませていただきました。秋田の日本酒『山本 純米大吟醸 神力』です。秋田の酒蔵さんが、熊本の米を使って作りました。3年前の熊本地震で大きな被害を受けた熊本城の復旧支援のためにできたチャリティ酒なのだそうです。飲んで貢献!素晴らしい。黒いラベルに力強い赤い文字というだけで惚れますが、よくよく見るとそれとなく『くまモン』カラー感…!(違うかもしれませんが笑) ジュワッとくる舌触りが心地よく、旨味と甘みのバランスが絶妙でした。
令和もたくさんのおいしいお酒に出会えますように!


お次は牧アナウンサーです。

キュリオス

下山 由城
2019/04/29
奇跡のような瞬間を目撃すると独特の高揚感を覚えます。

って2年前のトーテムのときにも書きましたが、今回のキュリオスでも楽しくあっという間に時間が過ぎていきました。
人間離れした技の連発ですが、特に印象に残ったのはヨーヨーです。私は小学生のころ流行って、親に買ってもらいましたが、ベーシックな技しか覚えられませんでした。ひたすら『アラウンド・ザ・ワールド』という豪快にぐるぐる回すだけの技を続けていたら、糸が切れてヨーヨーがはるか向こうに飛んでいき壊れた記憶があります。
キュリオスのヨーヨー技は異次元でした。台湾出身の方がやられているそうですが、どうやったらあれだけブンブン回して技が成立しているのか想像つきません。というか、スピードが速すぎて何をやっているのかもよくわかりませんでした。ただただ圧倒されていました(笑)

欧米では1が4つ並ぶ『11:11』は偶然が重なりあうような幸運の時間と呼ばれているんだそうです。キュリオスは舞台にある時計が11時11分を刻むところからスタートして、その1分間のなかで起きる想像の世界を表現しています。11時12分になると現実の世界に戻ってきます。

たった1分間のお話なのですが、その濃密さは別格です。この世界観はとても気に入りましたね。好奇心でこれだけ深い1分間を過ごすことができるんだと考えると、1分1秒大切に生きたいなとも考えさせられる作品でした。

そういえばグッズコーナーでステッカーを買ったので、旅行用のキャリーケースに貼ろうと思っています!
そしてテーマ曲が耳から離れません(笑)

チャンスがあれば足を運んでみてください。何かあなたの心を掻き立ててくれると思いますよ!

お次は高橋アナウンサーです!