アナ・ログ ~アナウンサーリレーエッセイ~

言葉にまつわる話

伊藤 瞳
2024/05/24
写真は、先月、
「あらあらかしこ」のロケで「宮城のおすすめスポット」を街の皆さんに聞いたときのものです。

秋保のビール工場に行きました。
ビール工場は、アメリカのウィスコンシン州発のビールブランド。
今年1月に海外初進出の場として秋保に誕生しました。
ロケでインタビューのお相手は、アメリカから来たばかりの会社の代表で、日本語は話さず「英語」での会話でした。

私自身は、学生の頃から英語は好きで、当初は翻訳家になりたいと思っていたほどです。
ただ、得意だったのは「書く方の英語」で「話す方の英語」は、苦手でした。
実用的ではない…
英語検定を受けたときに、「私は牛乳が好きです」と言いたかったのに「I am milk」とてんぱって言ってしまったのは今でも冷や汗ものです。
考えてからではないとダメで、焦り、思考が停止するのです。

ロケのインタビューの際は、そばに通訳の方がいたので難なくといったところでした。
ただ、ロケの合間、代表と二人きりになる場面があったのです。
内心、「どうしよう」と焦りましたが、二人だけという空間が自分の思考を後押しするきっかけをくれました。

日本語で聞いてみたいことを考えて、頭の中で英語にして、それを言葉にする。
ゆっくりではありましたが、なんとか紡ぎ出しました。
秋保のどんなところが好き?どこに出かけた?など伺うと、秋保大滝に家族で出かけたときの話を教えてくれて写真まで楽しそうに見せてくれて、打ち解けることができました。
言語の壁を越えられたのを実感して、感激しました。
またビール工場に行ったときには、もっと話せるようになりたいと目標もできました。やはり経験が大事ですね。

次は、金澤聡部長です。

昭和

伊藤 瞳
2024/05/14
写真は、ちょうど2018年の5月、大学3年生のときに友人たちと、東京立川の「昭和」記念公園に行ったときのものです。
「昭和」にちなんでか、当時、登美丘高校ダンス部の「バブリーダンス」が流行っていたからか、「バブリーポーズ」をしています(笑)

この写真を見て鮮明に思い出すのは、この頃、自分の写真をひたすらに集めていたこと。
というのも、この頃は、そろそろ各テレビ局のアナウンサーインターンエントリーが始まる時期。アナウンサーのエントリーシートは、「自分らしい写真」「楽しそうな自分」など、テーマごとに写真を貼る必要があり、とにかく写真が必要でした(+o+)
遊びに行けば、必ず色々な写真を撮るようにしていて、この日も友人に写真撮影を頼んでいました。

写真アルバムを振り返ると、確かに色々なアングルから撮ってもらっていました。
ただ問題が、そのほとんどがこの「バブリーポーズ」だったこと(‘Д’)
せっかくの公園の素敵な背景がある中なのに、バリエーションがなさすぎです。
この時の自分は、「バブリーポーズ」で
「自分らしさ」を表現しようとしていたのでしょうか…
「楽しそうな姿」を見せようとしていたのでしょうか…

結局、この日撮った写真はエントリーシートには使わず、これまで世に出ることはありませんでしたが、今日この「アナ・ログ」でようやく日の目を見ることができました(^^)/

明日は、金澤聡部長です。

春と言えば!

伊藤 瞳
2024/04/19
春と言えば!環境が変わる春です。
学生時代は、特にクラス替えがありドキドキ・そわそわする春を過ごしました。
誰と一緒のクラスになるのか、担任の先生は誰なのか…
皆さんもご経験あるのではないでしょうか(*^^*)

私もこの春はある種「クラス替え」のような時を過ごしました。番組の担当替えがあったからです。
「イット!」を離れ、新たに「あらあらかしこ」の担当になりました。
ただ、今回、各番組の出演者に大きな入れ替えはなく、「あらあらかしこ」の出演者も、今回、私を含めて2人が新たに加入するのみだったので、どちらかといえば「転校生」気分でした。
「あらかしファミリー」と言うと、いつも笑いが絶えないような雰囲気があり、強い絆で結ばれた一体感があるのを知っていた分、その中に入り込めるのか少し不安な春でもありました。

一抹の不安を迎えながら迎えた初回放送は、今月6日。写真は無事放送を終えて、一緒にMCを務める飯田菜奈アナ、リポーターの皆さんと一緒に、初めての記念写真です。皆さん、温かく迎えてくれました。
写真を撮影した場所には、一つだけ椅子があって、「しぃしぃが座って!」と温かいお気遣いをいただきました。優しい先輩方にドキドキ嬉しい一方、緊張も相まってか、なんだか私は、ぎこちない笑顔です。

新たな出会いに感謝しながら、私にとっての新たな「クラス」で、新しい自分に成長できるよう頑張ります。改めてよろしくお願いします。

次は、寺田早輪子アナウンサーです(*^^*)

新年度 2024

伊藤 瞳
2024/04/05
昨年度で、2021年から二年半務めた「イット!」を卒業しました。
「イット!」では、主に平野さんとの天気予報を担当しました。
このHPのプロフィールにも書いてある通り、「空を見ること」が好きな私にとって、担当させていただけた二年半はとても幸せでした。取材先で「平野さんと並んでいる伊藤さん!?見ているよ」というお声がけをいただけたことも、大変励みになりました。平野さんと名コンビになることも一つの目標でした( *´艸`)
日々、気象の平和を願いながら担当していましたが、私が務めた二年半だけでも様々な「異常」を目の当たりにしました。地球温暖化は進んでいることを実感する日々です。これからの予報や、大好きな空が少しでも穏やかなものになるように祈りながら、私も出来ることに取り組んでいきたいと思います。
写真は、「イット!」ラストの日に、
OA後平野さんとにっこり晴れポーズです(^^)/

さて、新年度からは、
毎週土曜日放送の「あらあらかしこ」に加わり、飯田菜奈アナとMCを担当します。
入社一年目のときに、リポーターとして出演していた以来ですので、とても緊張していますが、視聴者の皆さんに晴れやかな気持ちで、週末を過ごしていただけるよう頑張ります。初回は、明日放送です。ご覧いただけたら嬉しいです(*^^*)

お次は、佐藤拓雄アナウンサーです。

東日本大震災13年

伊藤 瞳
2024/03/26
13年前東日本大震災が発生したときは、私は中学一年生13歳。
中高一貫の東京の中学校に通っていて、春休みに入り、部活動をしている最中でした。
震度5弱の揺れの中、恐怖を感じた一方で、すぐさま、当時高校2年生の部長がものすごい表情で「校庭に逃げて」と誘導してくれた姿が鮮明です。

その後教室のテレビで見る宮城の光景は信じられないものでした。
見たこともない巨大な津波が町に押し寄せている。
祖父母がいる宮城は、夏休みになると必ず訪れて目にしていて、海がきれいな場所。
その宮城に何が起きているのか、映画を見ているような、半信半疑な自分がいました。

東京では、「帰宅困難」事案が発生し、実家が埼玉だった私も影響を受け、学校に宿泊。
乾パンを食べて夜をしのぎ、翌朝、復旧した電車で満員の人の中でなんとか隙間を見つけて、家路につきました。私の中に刻まれた東日本大震災は、こうして東京で目の当たりにしたものでした。

ですが、御縁あって仙台放送に入社してから、色々な方から宮城でのお話を伺いました。
テレビで見ていたあの光景が、お話を通して、すぐ近くにある出来事に感じるようになりました。教えていただくことで、「あの日の宮城」を自分の中に積み重ねることができています。

震災13年とは、当時生まれた子が13歳になり、小学校を卒業するということ。
制服を着て部活動をしていた私が今、社会人として働いているということ。
「時の重み」を感じながらも、
これからも「あの日の宮城を見つめること」を積み重ねていきます。

写真は、今月11日名取市閖上の空です。
雲一つない青空が広がっていました。

明日からは新しいテーマです。
堤勇高アナウンサーからスタートです。

最近こんなことしています

伊藤 瞳
2024/03/01
最近、家で合唱ソングを聞いて、泣きながら歌っています。

もうすぐ耳にする機会も増えるだろう「旅立ちの日に」などの卒業ソングや合唱コンクールで歌った「心の瞳」「Believe」などです。
合唱ソングはどうしてあんなにも、心を動かす感動的なメロディなのでしょうか( ;∀;)
「学生時代の日々」を思い出しながら、涙を流して歌っています。

それもこれも、先日、中学・高校・大学を共にした親友と思い出話に花を咲かせたことが原因です。名古屋に住む親友が、仕事の出張で仙台に来る機会があり、会いました。秋保観光も兼ねて、秋保温泉に宿泊したのですが、ご飯を食べているときも、温泉に入っているときも、寝る直前まで話がとまりませんでした。「中学同じクラスだったあの子元気かな?」「合唱コンクールで歌ったあの歌覚えている?」「体育祭であんなダンスしたよね(笑)」など、永遠に楽しい時間でした。その分、学生時代を恋焦がれる気持ちが強くなってしまい、今のブームにいたっています。

思い返せば、卒業式では涙さえ出なかったのに!
その日々がどれだけ尊いものだったのか、時が経ったいま、感慨にひたっています。

写真は、秋保温泉街にある人気ピザ屋さんでの一枚!
そういえば、親友も定期的にこの「アナ・ログ」を読んでくれているそうで、きっと今回話題にあがったことで喜ぶと思います(笑)

次は、堤勇高アナウンサーです!

寒さの話あれこれ

伊藤 瞳
2024/02/21
昨年11月、ダウンコートも必要な時期になってきた頃、
同期入社のメンバーと女子二人旅に行きました。
入社してから一緒に旅行に行くのは初めてのことでした。
温泉に行きたい!との話から、
初の旅行先は、山形県鶴岡市にある「あつみ温泉」でした。

ドライブで現地に向かいましたが、
山に近付くにつれて、雪がちらつき始め、
一歩外に出ると凍えるような寒さを感じました。
今シーズンは暖冬といえど、寒いものは寒いですね。

そんな寒さを温めてくれたのは、やはり、旅館での時間。
夕食の米沢牛のしゃぶしゃぶ、山形ならではのさくらんぼのお酒、
体の芯まで温めてくれる温泉、とても癒されました。

そして、何より、部屋での時間です。
コンビニで買いこんだ沢山のお菓子を広げて、つまみながら、
ガールズトークに花を咲かせました。
好きなアーティストの話やおすすめの化粧品の話など楽しい話はもちろん、
仕事での出来事やお互いの悩み相談が出来たことは本当に有難いことでした。
コロナ禍の2020年入社で、4年間そんな時間を我慢してきた中、
同期水入らずで、ゆっくり話して、ずっと欲しかった時間を埋められました。
身も心も温まる時間になりました。

写真は、「山形」感はありませんが、
山形ドライブ中に見つけた可愛いクレープ屋さんでの一枚です。
あぁ~楽しかったなぁ(*^^*)

明日からは、新しいテーマ「最近こんなことしています」です!
梅島アナウンサーからのスタートです。

試験の思い出

伊藤 瞳
2024/01/30
大学入試、ラストの合格発表の日!結果次第で、大きく運命が変わるというその日、私は…映画館にいました。友人とラブストーリーの映画を見ていました(*^^*)

大学入試では、複数の学校・学部を受験し、その日の合格発表で行く大学が大きく変わる大事な発表だったにも関わらず…
なぜかその日はもう楽しみにしていた映画のことで頭がいっぱい。その発表日に緊張していた記憶は全くありません。映画を見ている最中も、合格発表のことはすっかり忘れて、ラブストーリーに胸キュンしていました。

映画上映後、ときめきの余韻を友人と語り合いながら携帯電話を開くと、目を疑うほどの不在着信が入っていました。
なんと30件ほど(笑)
母や兄からで、私が胸キュン効果でうっかり忘れていた合格結果の通達電話でした。母が電話越しにものすごい勢いで話してきて、むしろ私が冷静に対応していたのは笑える思い出です。

その後、心の中で、運命が変わったことをじわじわ感じ始めながらそれでもまだ、心には胸キュン映画の「ときめき」が半分ほど占めていて、よく分からないふわふわした気持ちで、山もり生クリームのパンケーキを食べました。
こちらもふわっふわ。
この一連の出来事も含めて、忘れられない味になりました。
(写真はイメージです)

明日は、高橋咲良アナです!

2024年どんな年に?

伊藤 瞳
2024/01/18
昨年末に、伸ばしていた髪の毛を切りました。
自分らしさを感じる「ボブヘア」です!
今年もよろしくお願い致します。

今年の目標は、
仙台放送アナウンス部について、皆さんにより知っていただくことです。
そのためにYouTubeやSNSの更新を活気づけたいと思います。

中でも、YouTubeでは
昨年始めた「仙台放送アナウンサー検定」
これまで個性溢れる5人の検定を配信しました。
残る6人分の検定公開を目指していきます!

皆様、ご覧いただけていますでしょうか!?
企画・撮影・編集と全てを担当しているので、
なんだかプロデューサー気分の伊藤です(笑)
公開している動画は、大体18分ほどですが
実はこれ大分カットしているんですよ!!!
撮影が始まると、アナウンサーみんな喋る喋る(笑)!!
使いどころがたくさんあります(嬉しい悲鳴)
編集は泣く泣くカットしていますが、いつも収録は1時間越えです。

今年、私は入社5年目を迎えますが
振り返ると、仙台放送に入って良かったと思える理由の一つに
この「アナウンサーの仲の良さ」がありました。
会えば、先輩後輩関係なく気さくに話しかけてくれて
美味しかったお菓子の話、好きなアーティストの話、故郷埼玉の話など…
楽しく雑談しています。

テレビ番組を通しては伝えきれないこのアナウンス部の空気感を
配信を通して沢山お伝えしていきたいです。
今年も何卒よろしくお願い致します(*^^*)

このテーマラストは、
よく埼玉話で盛り上がる西ノ入菜月アナウンサーです!

2023年を振り返って

伊藤 瞳
2023/12/20
2023年の伊藤瞳的最大のトピックスは、「結婚式」です。
…と言っても私の結婚式ではありません(^^)/
コロナも5類に移行したことや、26歳になる年で時期的に友人の結婚が増えたため、
結婚式への「参加」が怒涛の勢いで増えました。
どの結婚式もとても幸せな空間で、感動と共に心に残っています。

その中でも、「名古屋」での結婚式は、感情のジェットコースターでした。
中学生のころからの親友の結婚式です。

結婚式当日、午後からの挙式・披露宴に向けて、
朝、名古屋に行く予定だったのですが、
台風の影響で、交通手段の東海道新幹線が「運休」となってしまったのです。
前日の夜に仙台から実家の埼玉には移動していたのですが、大ピンチに!!

友人たちとどうなるかも見通せない中、とにかく東京駅に向かいました。
東京駅の新幹線改札前は、想像通り、前も見通せないほどの混雑でした。
幸い、昼には全席自由席で運転再開となり、始発から数えて2番目の新幹線に乗車。
座席は、さすがにすぐに埋まってしまったので、
私たちは座席と座席の間の通路にスペースを見つけ、立ったまま名古屋に向かいました。
超満員で、通路に隙間がないほどの混雑でした。

乗車してからも、すぐ動くわけではなく、発車まで1時間半あり、気が遠くなりましたが、友人たちと、まるでカフェで会話をしているかのような温かな近況報告を繰り広げながら気を紛らわし、共に到着を信じました。

そして、立ったまま車内で過ごすことおよそ4時間、ついに名古屋駅に到着した際には、最果ての地にたどり着けたかのような喜びを感じました。乗客の中には、拍手をしている人もいました。

結局、挙式には間に合わず、出席できたのは披露宴からでしたが、親友の晴れ姿を見た瞬間、やっと会えた嬉しさと安堵感で、号泣しました(笑)
2023年、「一生」忘れられない思い出が出来ました。

写真は、やっと会えた親友に「最高だよ!」と感動を伝えているところです。

今年もご覧いただきありがとうございました(*^^*)
どうぞ、良いお年をお迎えくださいませ。

明日は、高橋咲良アナウンサーです。