アナ・ログ

おじいさん、おばあさんとの思い出

寺田 早輪子

2017/09/19

私には一緒に住んでいた「おじいちゃん」の記憶がほとんどありません。

それでも、記憶の中の「おじいちゃん」はいつも笑っています。

私が3才のころに亡くなった父方の祖父は、スキンヘッドで、髪の毛がありませんでした。

食事のとき、座っている祖父に近寄って、つるつるの頭を、なでなでするのが好きでした。
母にはそのたびに「やめなさい!」と怒られていましたが、祖父はにこにこ笑いながら、なでさせてくれた…という記憶があります。

当時、まだ小さかった私には、「おじいちゃん」の記憶がほとんどありません。
でも、「頭つるつるなでなで」は覚えています。

そして、もっと強烈に覚えているのが「サイダーご飯」。
夏の暑い日に、食欲がなくなると、祖父はよく、
ご飯に、冷えたサイダーをなみなみとかけて、ガーーー!っとかき込んで食べていました。

憧れ半分…、怖さ半分…、
そんなめちゃくちゃな食べ方は真似してはいけないと言っていた母に隠れて、こっそり祖父とサイダーご飯を食べたことがありました。

これが意外に、おいしかった!

たぶん、その時も、「おじいちゃん」と私は笑い合っていたのかもしれません。

でも、覚えていません。

それでも、かすかな記憶の中の「おじいちゃん」はいつも笑ってくれています。

サイダーご飯の味ともに、いつまでも忘れたくない、大事な「おじいちゃん」の思い出です。

☆写真は…、私の手のひらに乗っているのは、誰でしょう…???(^^)

アナ・ログ。続いては…、稲垣アナウンサーです!!

休日の私

寺田 早輪子

2017/08/30

休日には、子供とじっくり話をする時間をとるようにしています。

5歳ともなると、自分の思っていることや、わからないこと、体験したことなどを、自由に話ができるようになり、息子は一段と「おしゃべり」に。

ただ、話の内容があっちに行ったり、こっちに行ったりで…、振り回されっぱなし(^^)

そして、最近は、どこで覚えてきたのか、あまり使ってほしくないような言葉も口にするようになりまして…。

先日、バタバタな時間帯に「早く、着替えて!」「歯を磨いて!」と言っていたら、

「ママは、めんどくそい。」

と。

ああ!ショック。「めんどくさい」?
一体、どこで、そんな言葉を覚えてきたのか!?

しかも、ちょっと間違っているし。
「めんどくそい」じゃなくて、正しくは「めんどくさい」なのですが…。

でも、訂正したら、今度は正しい言葉で「ママって、めんどくさい」と言いまくるかもしれない!

ああ。悩む!

そして、「正しくは『めんどくさい』だけどねー。でも、ママはそんなこと言われたら泣いちゃうから言わないでねー」と伝えました。

「はーい」と、息子はその時は返事をしましたが、

今もたまに「ママは、ホント、めんどくそい」と、言われてしまいます。

(;へ;)

☆写真は…、マイブームの「だるま集め」。

アナ・ログ。続いては…、牧アナウンサーです!!

私の暑さ対策

寺田 早輪子

2017/08/22

暑いときは、とにかく「プール」に入るに限ります!

真夏のような暑さとなった休みの日には、帰宅後に、息子と「プール」に入ります。
…と言っても、うちのプールは「お風呂」のことです。

シャワーを35℃設定にして、湯をためていない湯船に向かって高い位置から放水します。
その下で、湯船に座って、「修行~!」と笑いながら、35℃のシャワーを頭から浴びるのが、我が家の「プール」。

汗だくの息子の体も、あせもが出る前に洗えて、一石二鳥。
息子とは、これを、「おうちのプール」、略して「おうプー」と呼んでいます。
「今日は、おうプーする?」
暑い日の我が家の合言葉です。

☆写真は…、「みんなのニュース」、ある月曜日の顔ぶれ(^^)

アナ・ログ。続いては…、高橋咲良アナウンサーです!!

部活動の思い出

寺田 早輪子

2017/07/31

今日からのお題は『部活動の思い出』です!

高校生の頃、放送部でした。
普段は校舎の屋上で発声練習をしたり、放送部の全国大会のアナウンス部門出場を目指して、自分で書いた原稿を読む練習をしたり、ラジオドラマの制作などをしていました。

その傍ら、ローテーションで担当していたのがお昼の校内放送。
お昼のお弁当を食べながら聞くBGMを流すのですが、
当時、SMAPが大好きだった私は、ある日、買ったばかりのCDを全校のみんなにも聞いてもらおうと、BGMとして流すことにしました。

曲名は、その当時の新曲「$10(テンダラー)」!
CDを再生ながら歌ったり踊ったりしていたら、気分ノリノリになってしまい、
「続いて、お送りするのも、テンダラー!!」
「今日はもう一度、テンダラーです!」
「さあ!続いても、テンダラーです!!」

…と、調子良く10回ほどかけていたら、放送室に校長先生が!

「おまえらー!うるさーい!」

と、怒鳴り込んできたのです。

大目玉をくらいまして、先輩にも怒られまして、
しばらく、寺田はお昼の放送担当を外されました…。

何事もやり過ぎはいけませんね。
…ということを学んだ高校2年の冬でした。

☆写真は…、息子が工作した「おりひめ様とひこぼし様」です。

アナ・ログ。続いては…、金澤アナウンサーです!!

夏だからこそ!冷たいもの?熱いもの?

寺田 早輪子

2017/07/27

ラーメン、大好きです(^^)

でも、甘いものがもっと好きです。

しかし、甘いものを食べると、ちょっとした罪悪感を抱いてしまいます。

「あー、体重計にのるのが怖いわ…」、と。

でも、好きなのです。

しかし、罪悪感がそれほどでもない、甘い物があります。

夏にはそれを、好んで食べています。

夏。甘い。冷たい。→かき氷!

氷はもともと水ですから、太らないだろうという、単純な発想。
糖分のことは、ひとまず、置いておいて…(^^)。
大好きなのです。どうしても食べたいのです。

私が子供の頃、お祭りの屋台で売っているかき氷は、「イチゴ」「メロン」「ブルーハワイ」の3択のみでした。

父はいつも「イチゴかメロンにしなさい。ブルーハワイはベロ(舌)が青くなるから」と言って、ブルーハワイを、絶対に買ってくれませんでした。

中学生になり、友達だけで花火大会に行った日。
念願のブルーハワイかき氷を買い、何だか、親を欺いているような…、不良になってしまったような…、悪いことをしているような…、大人の階段をちょっとだけのぼってしまったような…微妙な気持ちで食べたのを覚えています。
でも、おいしかった。ベロは青くなりましたが…(^^)。

もう、いい大人になったのに、いまだにブルーハワイかき氷を食べるときには、何だか悪いことをしているような気持ちになります。

この夏も罪悪感がわいてこない味を選んで、かき氷を食べます!!!


☆写真は…牧アナウンサーと(^^)

アナ・ログ。続いては…、稲垣アナウンサーです!!

この夏の楽しみ

寺田 早輪子

2017/07/12

この夏は、ランドセルを買います!息子の。

来年4月に新1年生になるのですが、もう、夏に買います。

すでに「6月に買った」という声も周りのお母さんたちから聞きますから、うちは遅いくらいなのかも知れません。

それにしても、私が子供の頃は、女の子は赤、男の子は黒のランドセル以外に、色の選択肢はありませんでした。

それに比べて、今どきのランドセルは実にカラフル!

男の子向けの黒でも、背中にあたる部分が緑や水色、ベージュに白、紺色などなど。

あー。本当に…、悩みます。

「軽さ重視か…」、「やはり定番の牛革か…」、「いやいやコードバンの手触りも捨てがたい!」、「黒が無難か…?でも、紺色も、ブルーも素敵だわ」
…などと、私が背負うものではないのに、私が一番悩んでいます。

当の息子は、もう心は決まっている様子。
最初に訪れたカバン店で最初に背負ったランドセル。その店の中で一番軽い青のランドセル。それが良いようです。

このたびのランドセル選びで発見したこと。
うちの息子は決断が早いタイプのようです(^^)

☆写真は…、大崎市内で家族で田植えした際の一枚!

アナ・ログ。続いては…、いただいたサクランボ、おいしかったよー!
高橋咲良アナウンサーです。

2017年折り返し!

寺田 早輪子

2017/06/21

「折り返したくない!」

34歳から35歳になる誕生日を迎えたあと、百貨店の化粧品カウンターで、「お客様アンケート」に記入している時に思ったことです。

「お客様の年齢」欄に、「30代前半」と「30代後半」という回答欄があり、思わずペンを持つ手が止まってしまいました。

「おお!私、30代後半になったのね…」と。
ズシンとくる重みを感じたのです。

でも、今となっては「そんな時もあったよね~♪」と、その程度にしか感じていません。

どなただったか、私よりお姉さんの女優がテレビで話していた言葉です。
「年齢はただの数字。背番号みたいなもの。」

ああ。なんて、さっぱりした素敵な言葉なのでしょう。

年齢という数字に振り回されて、できること・できないことの線引きを、自分でしてしまうなんて、つまらない。

今はそう、思っています♪

だから、2017年も新たな挑戦に向かって、颯爽と折り返します!


☆写真は…、栗原市花山のランプの宿、湯浜温泉・三浦旅館にて♪
新緑の美しい季節です。栗駒山登山の湯浜コース入口が敷地内にある旅館です。
夏山登山のあとの日帰り入浴も良いですね!

アナ・ログ。続いては、金澤アナウンサーです。

雨の日のお供

寺田 早輪子

2017/06/13

子供の頃から憧れているのは、「さらさらストレートヘア」。

そう。私は、くせ毛。

だから、雨の日は困ります。

ストレートヘアアイロンを念入りにあてても、雨が降ったり、湿度の高い日は、朝、家を出て、会社に着くころには、髪型はソフトウェーブに…(;▽;)

そんな私にとって、雨の日に特に手放せないのは、最近買った「強力なストレートヘアアイロン」。
家に1つ、会社に1つ、旅行用に小型のをもう一つ。全部で3つ!!

これでも、今年の梅雨も乗り切るぞー!

☆写真は…、長町で見つけたかわいいマンホールの蓋。乗りもの大好きな息子、大喜び!

アナ・ログ。続いては、雨の日もさわやかスマイルの牧さんです。

リフレッシュ法

寺田 早輪子

2017/05/18

 先日、「あ。何だか、今、一瞬、嫌なことを忘れられた…!」と思えた時間がありました。

それは、『お笑い番組』を見ていた時。

 20代の頃は、お笑い番組を見るのが大好きで、後輩とお笑いライブを見に行ったこともありました。

 最近は、なかなかお笑い番組をじっくりと見る時間を取れずにいたのですが、
昨年、たまたま見ていた番組で、この上なく笑える芸人さんを発見。

 「和牛」というコンビ。すっーーーーーごく面白いのです。
ネタの最中、ずっと笑っていました。
アナウンサーの視点で見ても、滑舌が素晴らしく良く、コンビのやり取りのリズムも絶妙。

ネタが終わった後には、テレビに向かって、一人で拍手を送ってしまいました(^0^)

 笑いのパワーって、すごい。

「和牛」さんのおかげで、ちょっと元気になりました。
そして、気持ちがちょっとすっきりしました。
「和牛」さん、ありがとう(^^)

 つらい時、「とても笑えない」という状況でも、人って、お腹から笑えるんだなと感じます。

 皆さんも、お気に入りの芸人さんを見つけて、笑って、リフレッシュしてみては。

☆写真は…、5月21日まで開催中!「ダイハツ トーテム仙台公演」。この写真の中に、カエルさんが隠れています。さて、どこでしょう??答えは、あすと長町・仙台ビッグトップで探してみてね!

アナ・ログ。続いては梅島アナウンサーです!

マイベスト映画

寺田 早輪子

2017/06/07

映画館に子供だけで初めて行ったのは、高校1年生の時でした。

父が厳しく、中学生までは、「子供だけで映画館に行くなんて言語道断!」…だったのですが、街一番の繁華街を通り抜けた先の、丘の上にある高校に進学したのを機に、ある日、部活帰りにこっそり、友達と映画館へ。

特別に観たい映画があったわけではないのですが、「子供だけで映画館に行く」ことに強い憧れがあったのです。

初めての友達と行く映画館。
ちょうど上映するところだったトム・クルーズ主演の映画「遥かなる大地へ」を観ることに。

ポテトチップスを買って、ジュースを買って、はりきって、一番前の、一番右側の席に陣取りました。

トムの精悍な顔立ちと肉体美、のちにトムと結婚し離婚するニコール・キッドマンの美しさに釘付けに。

無邪気な二人が、じわじわと魅かれあうストーリー展開に、初めて子供だけで映画館に入ったという状況も相まって、大人の世界を垣間見てしまったというドキドキ感でいっぱいになったのを覚えています!

しかし、一番前の、一番右の席で、2時間弱…。
ずっと左向きにしていた首が痛い痛い…。

 それでも、色々な思い出とともに、一生忘れられない私の大切な映画です!

☆写真は…、息子と地下鉄でお散歩。仙台市地下鉄南北線と東西線。駅名を全部覚えて、順番に言えるようになりました!

アナ・ログ。今回のお題は私がアンカーでした。
続いてのお題は「雨の日のお供」。稲垣さんからです。

次へ ≫